2017年6月7日水曜日

Tumblrで見た記事で面白かったのがあった。

 ブドウを売るにあたって「甘くておいしい」と書くか、それとも「タネなし」と書くか。読者の皆さんは、そこに大きな違いがあることにお気付きでしょうか?
 「甘くておいしい」は商品のよさをアピールし顧客に訴えています。これに対し「タネなし」は顧客の困りごとを取り除いています。
 メリットを訴えるのか、それともデメリットを取り除くのか。心理学的には後者のほうが2~2.5倍効果があるとされています。これを「損失回避」といいます。
 人間は1万円を拾う喜びより、1万円をなくす悲しみのほうが2~2.5倍大きい。よって悲しみを避けるべく行動するというのが「損失回避」の心理。だとすればビジネスでも「メリットをアピールする」より「デメリットを回避する」メッセージのほうが効果的、よって「甘くておいしい」より「タネなし」のほうが効くというわけです。

これめっちゃおもしろいよね。
例えば「この服着たらモテますよ!」っていうより「この服着たらバカにされませんよ!」って言う方がいいとかそういう感じかな。

あとは、保険の売り文句もそうだね。「保険に入ったら得しますよ!」っていうわけじゃなく、「保険に入ったらもしもの時に損しませんよ!」だもん。


::::::::::::::::::::::





今日はとある撮影だった。
帰りのタクシーのドライバーさんの運転が下手で、めちゃくちゃ酔って辛かった。
発進・停止が荒いと酔う。

そっからずっと吐き気と頭痛で半日寝込んでしまった・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿