2017年5月14日日曜日

この前Guardians of the Galaxy vol.2を見に行ってきた。
めっちゃくちゃ面白くて最高だったんだけど、1つだけ。
今まで映画館で映画を見るなら絶対IMAX 3Dじゃないと嫌だと思ってて、
IMAXくらいでっかい画面で、しかも飛び出る動画じゃないとわざわざ映画館に行く意味ない!とか思ってたんだけど、今回でちょっとその意見が変わった。
3Dは楽しいんだけど、やっぱ見難い!
字幕レイヤーと、動画の中で自分がピントを合わせたい対象の奥行き位置の被写界深度が合わない事が多くて、字幕を見ながら動画をみるのにすっごい苦労した。メガネの上から3Dメガネをかけてるからなのかな~。

メモ:
いつもいくTOHOシネマズ新宿のIMAXだとscreen10なんだけど、E列が1番好きかな。俺は前の方の列が迫力があって好きなんだけど、前すぎると見上げる形になって見難い。ワイルドスピードをB列目で見て首が痛くなったし、今回のガーディアンズはD列で見たが、もうちょっとだけ後ろがいいかもなと思ったし。



::::::::::::::::::::::::::::::::

これ
おもしろかった。ちょっと自分でも納得できる部分があったり。
特に③の
画面の垂直水平、特機のセッティング、微妙すぎる照明バランスなど、結果に表れない拘りが多すぎて時間を浪費
っていうのは俺も実体験したことがある。
以前とある撮影に見学に行った時に、撮影に異常に時間がかかってて、それが全部(俺から見ると)カメラマンさんがやたらに照明にこだわってるせいだった。ワンカット10秒とか20秒撮るのにほんとに1時間くらいかかるねん。それでドンドン時間がなくなっていって、でもスタジオの時間は決まってるから残り時間が足りなくなってきて焦り始めて、プロデューサーに「もっとちゃんと仕切れよ!時間がねーんだから!!」ってブチ切れるわけ。
いや時間無いのはお前の意味不明なこだわりのせいやないかーーーい!!!!
ってツッコミたかった。。。
でも、自分が監督の時にこういう事が起きたら「時間が無いのであと10分で出来る範囲の最強セッティングを一発でしてください。」って言おう、って勉強になったww



::::::::::::::::::::::::::::::



さっきトレーニング用のチューブが届いたので試してみたら、結構負荷が強くていい感じだった!
これで僧帽筋を鍛えて肩こりぶっ殺す!!!!
(そもそも、僧帽筋が鍛えられたら肩こりって消えるのかな)



あと仕事以外は左手でマウス操作したら肩こり対策になるかな。
右利き専用のマウスだからとっても使いにくいけど。

2 件のコメント:

  1. 肩甲下筋、大円筋、小円筋あたりマッサージしたり動かすといいかも。
    繊細な筋肉もあるので取扱注意。

    返信削除
    返信
    1. 肩関節周りのインナーマッスルって感じっすかね?
      って今そのへん動かしてストレッチしてみたら、すごい肩こりがラクになった気がする!!!!!!!!!

      削除