2017年3月19日日曜日

mocapあれこれ

この前またモーションキャプチャをやったんだけど、今回はほんとにスムーズに解析できた。

俺が使ってるモーションキャプチャのソフトは収録するときの服装が無茶苦茶大事で、厳守したい条件がいくつかあるんだけど、それを事前に伝えていてもやっぱりベストな服装じゃないときも多くて、そうすると後で解析や修正に無茶苦茶時間がかかる。
前回それでまた失敗して無駄な時間がかかってしまったから、今度はもうメールで服装をかなり細かく伝えて、それでも服装がちょっと解析しにくそうだったらもうその場で買いに行こうと思ってた。

でも服装も言ったとおりのベストなので来てくれて、収録した素材での解析も結果はばっちりだった。

服装も良かったけど、カメラもちょっとぶ厚めの強力な両面テープで固定したのも良かったっぽい。webカメラを6台同時に使うんだけど、そのうちの1つでも途中でズレてしまうとまたイチからやり直しになってしまうので、安定した固定が超重要なのだ。

今まで毎回何かしらの失敗があってめんどくさかったから、もうPERCEPTION NEURONみたいなmocap専用の機材を買おうかと思ったが、今回ほぼ修正無しでキャプチャできたし、そろそろ注意しといたほうがいい事もわかってきたので、これだったらまだこの環境で行けるかもなーと思った。

iPi Motion Capture™をPSeye6台編成で使う時は
・兎にも角にも服装はタイト厳守。首元や腕ぐりがルーズだと後々苦労する。
・カメラを天井に固定する時は分厚い両面テープが良さ気。養生の上からでも壁の微妙な凹凸に食い込んでガッチリ固定できる。
・腕をあんまり胴体にくっつけない。




ただまぁIKinemaというところが開発してる、HTC viveを使ったモーションキャプチャの環境が出たら欲しいんだよね。めっちゃ簡単そうだから。
iPiソフトは安いんだけどめっちゃめんどくさい。

0 件のコメント:

コメントを投稿