2016年5月31日火曜日

お~

スチャダラパーがスマスマに出て、ブギー・バックとレッツロックオンをSMAPと一緒にライブしてたね!!!!!!!
んでスチャの紹介のところでレッツロックオンのMVのもちらっと流れてて嬉しかった。




このMVは、メンバーを3DスキャンしてCGキャラ化したのでめちゃ楽しかった。

3DスキャンはAポーズで撮影したんだけど、実際に出来上がってきたCGモデルを動かして使う分にはAだとどうしても脇の下が気になる。腕を挙げると脇の下の部分がニョーンって伸びてエライ事になるのだ。だからzbrushでまずAポーズの腕をTポーズに無理やりやって、そんで不自然にニョーンって延びた脇の下を無理やり普通のワキっぽく凹ませてCGモデルを使いやすい形に整える(他にも足の向きとか色々いじる)。その状態でリギングやら何やら進めていくと、スキニングのウェイト調整もラクだし動かした時も変なところが盛り上がったり凹んだりしにくくて自然にかなりいい感じにできて楽しい。
スキニングは、mayaの新しいスキニング方法のなんちゃらボクセル法というヤツでやれば一発で8~9割方使えるウェイトでスキニングを完了させてくれるので、あとは脇と首あたりをちょちょっと修正したらもう使える状態になったのがすごかった。昔は気にしてたであろう細かいところがドンドン気にならなくなってきている、っていうのもあるけど、指とかまで全然使えるレベルまでほぼ自動でやってくれるので、めちゃよかった。感動モノレベルの便利さだわ~なんとかボクセル法は・・・。

そういう感じでCGキャラができたら、次は購入したフッテージや撮ってきた実写素材と合成する。合成するにはカメラトラッキングでマッチムーブをしてそっから実写の中を自由に動かすんだけど、トラッキングのソフトが、前はsynthEYEというやつが使いやすかったんだけど、さすがに古くなってきてて中々うまくトラッキングできなかったので、最近C4Dに搭載されたカメラトラッキング機能が普通にいい精度で簡単に使えたので今回はそれでやった。これももうちょい綺麗にトラッキング出来るようにしないとな~。どーやんのかな?


実写の撮影はアレがアレでああだからああだった。
メンバーさんも撮影の方々も、こういうのが撮りたいです、って言ったら、じゃあこういうのやってみようか、って気さくに色々なことをたくさんやってくれて、本当にうれしありがたかった。
自分の反省点としては、やっぱり4Kで撮ることを提案しなかった事とドリーの台車のスピードをちょっと遅くしすぎたこと、撮り忘れたショットがあったこと、等。
もっとアイデアを煮詰めて、撮影ももっと集中してやれば、もっとうまくいくと思うのでがんばろう。



2016年5月29日日曜日

ラグドール

仕事が一段落したのでゲームをやっているんだけど、やっぱりラグドールはおもしろいよね。ラグドールって、人とかのキャラが吹っ飛んだり落ちたりしてる時に、体に力が入ってなくて物理法則でグルングルン・ブランブランになってるようなヤツ。
やっぱそれおもろいなーって思うので、なんとかそれをいつでも出来るように知識化しとこう。それとやっぱ群衆シミュレーションも。いつでもできるようになれば面白いことがもっとできる。

2016年5月28日土曜日

なんだかいろいろ

ファイナルフラッシュのMV、カメラもなんもかも自分でやった。ツテが無さ過ぎて誰にも頼めないのが辛い。。。けど、わりとうまくいったと思う。現場でクッシーさんや、撮影場所が近くてたまたま覗きに来てくれていたVJのlenoさんが手伝ってくれてほんとに助かった。

カメラは、ピントとかよくわからんのでほぼ気にせずやった。
手持ちのアップの絵はピンとがずれたり会ったりしても気にならないんだけど、ドリーだとめちゃ気になるかも・・・。
かといってリアルタイムにフォーカスのリングを回してピントをあわせるのとかマジで技術的に無理すぎる。
実は、今時オートフォーカスでも全然イケるだろとか思って、やってったんだけど、全然無理だったw フォーカスが合うスピードがまだまだ10倍くらい足りないわ。
絞りをF8とかF16までやればめっちゃ広くピントが合うのでフォーカスがラクになると思うのだけど、画面がめちゃめちゃ暗くなるので、照明の問題も絡んでくる・・・。
そしたらもう、さらにわけがわからないことになってむずい。カメラはまだなんとかなるとしても、照明はもはや自分じゃどうしようもない。
やっぱ時間のある時に1回どこかで自分の試したいことをじっくり試してみないといけないな~。


映像編集的にやってて一番楽しかったところは、曲調が激しくなるところで画面を動かしまくった所!!撮影時にも曲やフリに合わせてカメラを微妙に動かしてはいるんだけど、後からAEで無理やり動かしまくった。4Kで撮っているのでけっこう動かせるのが楽しかった。ガチョーンみたいなことだから、かなりダサさギリギリのむちゃくちゃなやり方だな~と思うんだけど、結構効果があるのでヨシとする。


ってなわけで、自分的に色々試せたので大満足です。

2016年5月24日火曜日

ここまでの事は今まで1回も無かったなぁ。。。
だいぶアレだった。

2016年5月20日金曜日

とうじょう

爆速で編集は大方終わらせまして、さぁこれからだ。。。
ここからが本番・・・。



請求書を一件送った。
いつも請求書はmisocaで送ってもらってる。コレほんとに便利すぎるので、請求書を送るのが苦手な人は絶対やった方がいいと思う。俺もコレにしてからほんとに請求書を送るのが楽しくなった。
請求書には印鑑を押すものだと思ってたので、普通の個人の丸印鑑をスキャンして取り込んでjpgをアップして印刷してるんだけど、一般的には会社とかの角印を押すっぽいから、俺もちょっとフリーランスの個人だけどその角印でやってみようと思って注文してみた。アマゾンで1000円。これでちょっとは箔が付くかなぁ?

2016年5月19日木曜日

速さ

premiereの編集がクッソおもすぎてイライラしてきて、もはやイライラどころか悲しみすら覚えてきたので、プロキシで。
元のでっかくて重ったいデータを、扱いやすい再生負荷の軽いコーデックで変換してそれで編集して、終わったらまた元のデータに差し替える、という技。
そういうのは前からやってたんだけど、何も調べずに普通にH.264で圧縮してしまってて、でも実はh264は圧縮率はいいけど再生負荷がめちゃ重らしくてプロキシに向いてないようなので、今回はgopro cineformというコーデックでやってみた。重いことに腹が立ってるので、4K素材もハーフHDまでちっこくしたった。
めちゃ軽くなって編集もらくらくだわ!!!!画質もきれいだしイイね。ちょっと元気が出てきました。



って事で、パソコンを新しくしたくなってきた。
もう5年とか使ってるしいい加減新しくしたい。メモリも何もかもが数世代前の物なのだ。
今の仕事がもうちょっとしたら終わるから、そしたらPC作りを始めよっと!パーツを集めて自作するつもり。
15万円くらいでなんとかなりそうかも?商売道具にしては安いよね多分。



んなことよりも結局はアイデアだからねぇ〜〜。はぁぁぁぁぁ。。。




2016年5月18日水曜日

元気

なんか、ドンヨリしていてシャッキリしない。


________________


みとちゃんかわええなぁ〜。この曲はほんと元気がでる。

もっとカメラの編集の事を勉強せねば。
キャノンログとか言っても全然意味がわかってない。それってどうやったらいいの?


________________



たまに仕事に関して「営業とかしてるんですか?」とか「どっかに所属してるんですか?」って聞かれるんだけど、営業のやり方なんて知らないし、所属だってどっかに所属できるならしたいけど今まで一度もそんなお誘いは無い。
そもそも、俺みたいな普通のものを作ることがままならないヤツが、自分から「入れてくれませんか」とか「お仕事いただけませんか?」みたいな感じで行っても絶対鼻であしらわれて終わりだろうからねぇ〜〜。

普通のがちゃんとしたクオリティで作れるようにがんばるわ。


________________



パナソニック ジェットウォッシャー ドルツってのを買ってみたよ。届くのが楽しみだ。

2016年5月17日火曜日

ウブドの朝市

ウブドの朝市。

 ウブド市場でこの病気の人がもう一人いる。

なんなのこの病気。


マンギスを売ってきたおばちゃん。一袋500円って言ってきた。


 400円でどう?


 結局250円で買った。大体定価くらいかな。


 こっちのおばちゃんからはドラゴンフルーツを買った。

値段交渉

これでどや!?


交渉成立した。


 蒸しパンを50円で買った。多分高く買った。



朝のウブド市場は楽しかった。10時位からは土産物屋に様変わりして、俺の嫌いなバリの感じになる。





旅行に行くのはいいんだけど、観光は疲れるのでもういいかなって思った。

2016年5月16日月曜日

眠い

朝タクシーを呼んで渋谷まで行き撮影機材返却

せっかく渋谷まで来たから何かどっか行くとこ無いかと一瞬考えたが何も思い浮かばない。新宿だったら映画を見に行ったと思う。結局、嵯峨谷で蕎麦食ってすぐ帰った。嵯峨谷、上手いし安いし最高じゃないっすか?中野にも出来ないかな~。

帰ってきたものの、まだなんか体に気合いが入らず目もショボショボするし、眠いしだりーな~~~。

日曜サンデー聞く。

梅佳代さんの『じいちゃんさま』を買う。昔、図書館で借りて良すぎて感動した、俺がわざわざ言うまでもない超超超名作。
他にもアマゾンで色々10冊くらい本を買った。ANIさんの写真集『ブリングザノイズ』やら読みかけだった三宅乱丈の『ペット』やらなんやら。



そういやバックジョイいいぞ。
骨盤をフワッと支えてくれてその上に背骨が乗っかるので、ラク。猫背感がラク。
右足もラクで、コレのおかげか実際痛みが和らいでるんだよなし。







爽やかに行きたいな~。
なんとかならんかのー。爽やかになるにはどうしたらいいのだ。



びみょーに機嫌の悪い態度でチクチクやってこられるとマジで疲れる。
その意味のない疲れを自分が感じてることに心底情けなくなる。

コッチがヘラヘラしたりニコニコしたりして場を明るくしようと努めてるのを、タダやと思うなよ、って思うんだよね。
ニコニコすんのにも案外コストがかかってるんだから、それを安く見積もって買い叩いてくるヤツには一切サービスしません。よくいるんだよな~、つまんねーヤツに限って。。。自分はサービスしないくせに他人からのサービスは当たり前だと思ってるんだろうか。









落ち込んできたので5-HTPを飲んだ。





2016年5月15日日曜日

気をつけること

いつも仕事で注意してることは、テンションが下がること、集中力が切れること。
常にテンションを上げてウワーっとわいわいやりたいタイプなのだ。
だってテンションが下がってていい事になる予感がしないというか、自分の中で冷めてたらどうしようも無い。
俺の場合は、テンションが上がると自動的にやる気が出るから集中もできてアイデアも出る、みたいな。また、俺はわりと外ではヘラヘラ、ニコニコしてるつもりなんだけど、それもムードメイキングの一環というか、







がんばろ。


昨日乗ったタクシーの運転手さんがおもしろかった。
柳原可奈子や皆藤愛子がはちゃめちゃな態度だったという話。
ほんとかどうかわかんないけど。。。
でもその人は運転技術というか、道のチョイスの腕前は確かだった。

タクシーで大荷物を家まで運び、すぐ寝る。


朝起きてすぐに、ズートピアの9:00の回を見に行くことにした。
おもしろかった。
かわいい。
CGまじで芸術だわ。素晴らしすぎ。あと演技がやっぱ最強に上手い。


映画も見たし帰ろうと駅まで行くと人身事故で電車が止まっていたので近くのデパートで時間を潰す。
たまたまどっかの店に置いていたバックジョイという座った時の姿勢をサポートするヤツがめっちゃよくて。買ってみた。
最近、腰痛というか股関節痛というか、右側の太ももとか尻が腰、股関節がズーンと痛くて不愉快なので、バックジョイでちょっとでも改善されたらいいなぁ。



ずっと使ってるヘッドフォンのMDR-ZX750BNが壊れた。
L側のハウジングの接合部がボキって折れてプランプランになっちゃった。無理やりハメて頭に装着できるっちゃできるんだけど、イチイチめんどくさかったのでセメダインのスーパーXでくっつけて固めた。綺麗に直ったのでよかった。

2016年5月13日金曜日

ものろ

バリのスーパーで、あの有名なコピ・ルアックを買ってみた。
まぁバリの事なので偽物かもしれないんだけど、、、豆状態で買ったので、豆挽き機を買ってガリガリやって飲んでいる。う〜ん、うまい気がする。
ただ、ガリガリやるのがクッソめんどくせぇ〜〜。



今日も仕事をちゃんとやりました。と言っても修正だけど。
でもバリの前からやってた2件が多分終わったと思う。
試写がうまくいけば。。。


明日は撮影なので、今日はアイデアを詰める。
やっぱりこの直前になってやっと考えだすのを辞めないといけない。
やりたいことが出てきても時間が無くて対処できない。
でも俺そういうのばっかなんだよなぁ〜〜。

はぁ〜〜〜反省。

でも最近ちょっと楽しいのは、前よりも制作にお金を使えるようになったので、多少は色んなことが出来ること。別に予算規模がでっかくなってるってわけでもなくて、単に前みたいにギリギリのところで生活しなくてもよくなったのだ、やっと。
去年か一昨年まではギャラを全て生活費にあてないと家賃も何も払えなかったし生きていけない綱渡りだったんだけど、借金を全部返してタバコやソフトバンクみたいな無駄遣いも控えるようにして、そうしてちょっとずつギャラが生活費だけじゃなく制作に充てられるようになってきた。カメラを買ってみたりレンダーファームを使いまくったり機材をレンタルしたりなど、作る方にもお金を使えるようになった。
PC一台で出来ること、自分一人で出来ること、っていうことでしかアイデアを発想できないのがガチに染み付いているのだが、ちょっとずつ広げていければいいな。

あとは人だね。

人に何かを頼むのにめちゃビビってるんだよな〜。
ま、これももうちょい成長したら出来るようになると思う!




ひたすら調べる。何か面白いことはないか調べまくって考える。

2016年5月11日水曜日

いってら

今日も一応ちゃんと仕事しました。
仕事があるうちが華ですね。。。

今度撮影があるのでそれももっとちゃんと考えないとなぁ〜〜〜。
良いのが作れれば次につながるので、がんばらなくちゃ。

2016年5月9日月曜日

むん

今日もちゃんと仕事した!!!!
2つくらい終わらせたから偉い。

でもほんとに頭が動かないなぁ。。。手が動かないから頭が動かないのかな。


とにもかくにも、
BIGBANGにハマり続けている一環でメンバーのインスタをフォローしたら、TOPさんのインスタがほぼアート作品の写真ばっかりアップしててとってもおもしろい。たくさんアップしてるんだけど、その中でもビビビと来たのがゲルハルト・リヒターの作品。リヒターといえば昔ロンドンに行った時にテート・モダンで特別展がやってて見たんだけど、その時はあんまりピンとこなくて、でも最近TOPさんがアップしてたリヒターの絵はもうめちゃめちゃピンときた。ピンと来たっていうか、かっこええええ〜〜〜!!!!ってなった。

↓こういう感じで描いているのか・・・おもしろいね。




その流れでリヒターさん以外にも色々調べてみて、好きだったのは、バーネット・ニューマンという人。
単に赤いだけの絵とかが最高にしぶすぎてかっこいい。。。↓
他の絵は真ん中の方に線が入ってて、それはあんまり好きじゃない。
ドガンと塗られている方が好きだなぁ〜。
似た感じでマーク・ロスコもあるんだけど、結構好きなんだが、やっぱり分割されてる感じが微妙かも。でっかい一個みたいな感じがいいね。

まぁとにかくどの絵もでかい。サイズが。それだけは分かった!
俺もこういう絵を描いてみたいな〜。おもしろそう。
暇が出来たらひたすらキャンバスを単色に塗りつぶしてみようかな。



あとは書道も、もう完全になんて書いてあるのかわからない前衛書みたいなヤツがめちゃくちゃかっこいいって思う。とめはね!で出てきた何かの前衛書がもう震えるくらいかっこ良かったんだよな〜〜。

意味がわからなくてシンプルででかいのが好きなのかなぁと思った。

2016年5月8日日曜日

今日はNHKまで打ち合わせに行ってきた。
頭を回転させ甲斐のある仕事だと思うので、ほんと頑張ろう。
時間的には余裕があるので、ちゃんとアイデア考えます。

多少は勉強することを意識しているのだが、わかったのには、吸収したら消化しないといけないということ。つまり、コレいいなというアイデアがあっても、自分でやってみたりするなりして消化する作業がないと、絶対に身につくことが無い。俺も普段映画みたいり漫画よんだり色んな事かんがえたり結構たくさん吸収してると思うんだけど、何一つ成果に繋げられてないのは、消化の作業、つまりは自分で実際に試してみたりする工程が無いからなのじゃないかなーと思った。


映像作家だから映像作らなきゃ!!!!!!!!!
結局はアウトプットすることでしか成長出来ない。
映像作って外に出すことだけが才能の証明・・・。

あーつら・・・w

2016年5月5日木曜日

シンガポール

そー言うわけで、最初から最後まで嫌な事続きのバリ旅行だったが、それもついに終わりを迎えた。最終日はトランジットでシンガポールに一泊することになっていたので朝タクシーを捕まえて、ングラライ空港に向かった。
タクシーは、もっちろん慎重にブルーバードタクシーを探す。ブルーバードにそっくりなタクシーがたくさんあるので要注意!!!
チェックすべきポイントは

●タクシーのルーフの表示灯が正規のものかどうか
●フロントガラスの上部にbulebird.comのロゴシールが貼られているか
●フロントドアにもbulebirdと書かれてあるか
●制服(水色に青色の柄のアロハシャツみたいなの)を着ているかどうか
●メーターが見やすい位置(上の方)に付いているか(ニセモノは下の方に見えにくい位置に付いている)

これらがすべてクリアされないと、まずぼったくられます。

しかし、これらをクリアした正規のブルーバードタクシーをちゃんと捕まえれば、あのボッタクリ天国のバリにおいてただの一度もぼったくられませんでした!!!!!


なので、最終的にはバリで信用できるのはこのブルーバードタクシーしか無い、という結論に達した。(ちなみにブルーバードはクタ地域では運行してますが、ウブドには存在しません。ウブドにはいわゆる白タクと呼ばれる無許可のタクシーしかいないので、乗る前にきちんと交渉しましょう。多分10倍くらいの値段をふっかけてきますが、条件が合わなければ無視して大丈夫です。)


街はハチャメチャに汚くて、人はみな不親切で、話しかけてくるのはスリかボッタクリか物売りだけ、買い物しても店員はコッチをバカにしたような顔でゲラゲラ笑ってくるし、頭の悪いやつしかいない。いいところも確かにたくさんあるんだけど、それをいとも簡単に打ち消してしまうくらい嫌な人間が多い。
もうコリゴリです。

これを読んでるみなさんにも言っときますが、


バリ島だけは本当におすすめしません。




そんなこんなでせいせいする思いでバリ島を離れ、3時間くらい飛んでシンガポールのチャンギ空港に着いた。
結論から先に言うと、

シンガポールは半日しかいれなかったけど、


最高だった・・・。



しょっぱなの入国審査場の時点から嫌なことばっかりやってきたバリとは全く正反対に違って、シンガポールでは嫌なことなんて1つも起こらなかった。

みんな親切だし、街はきれいで多国籍で魅力にあふれていて、誰も旅行者を変な目で見てこない。


タクシーひとつとっても全ての面でバリとは大違いで、みなプライドを持ってタクシーの運転手をやっているのが伝わってくるくらい、4〜5回乗ったタクシーの全てのドライバーさんがかっこよくて親切だった。
バリだったら絶対ぼったくってくるところを、シンガポールだとなんなら多少の端数くらいはほぼおまけしてくれようとする。5ドル15セントだったらほぼ「5ドルでいいよ」と言ってきてくれる。すごすぎひん?この違い。

シンガポールはところどころ作りや雰囲気がタイに似てて、そこも好きだったというか安心感があったかもな〜〜〜親切なとこや街の造作とか電車とか。

時間が無かったので観光はマーライオンと植物園とマリーナベイサンズの屋上だけ(全部近場にある)にしか行けなかったけど、全然楽しかった。
マーライオンは単に名物だからおもしろかったし、植物園はすごい規模で楽しかったし、マリーナベイサンズの屋上から見える夜景はほんとにきれいだった。
そんで観光が済んでからホテルまで電車で戻った。その頃にはもう夜の12時になるかならないかで、お腹も空きすぎていた。バリに着いた初日もホテルに着いたのが夜の11時くらいで、お腹が空いていたので街に出たのだが、軒並み閉まっていて、まともに食べられる店がやっとの思いで見つけた1軒しか開いてなかった(このへんも『バリだな〜』って思う、俺との相性の悪さ)ので、シンガポールでも、特に栄えてるわけでもなさそうな駅周辺のホテルの近所で12時過ぎても空いてる店なんか無いかもな・・・とか思ってメインストリートに出てみると、
マジで全部の店が開いていた。
バリだと1軒しか開いてなかったけど、シンガポールでは全て開いていた。
(ここを見ても相性の良さが段違いでしょ!!!!?)
んでちょっとブラブラしてたまたま見つけた「肉骨茶」と書かれてあったお店に決めた(今調べたら肉骨茶とはマレーシアやシンガポールの地元料理らしい)。めちゃ美味くて最高だった。お店の人もフレンドリーに話しかけてきて、バリだったらからかわれるか何か売りつけられてるところだろうが、ここではただ楽しいだけだった。
多国籍な国だからなのか、観光客の事も余裕で受け入れる寛容さがある。

大満足でホテルに戻って、奥さんとひたすらシンガポールのいいところを話し合った。



そういうかんじで今年のGWは終わった。

ちなみに物価は、日本もバリもシンガポールも、ほぼ一緒。タクシーは日本が高いが、食事やコンビニで売ってる物の値段などは、似たり寄ったりだった。
そう考えたらタイのバランスの良さすげぇな。

次行ってみたいのは~、アメリカ、カンボジア、ベトナム、台湾、って感じかな~。まぁとにかく今回のバリ島はだいぶいい勉強になりました。

2016年5月4日水曜日

バリの思い出

というわけで、今日はバリ島の実質最終日。
色々あったけど、最後の日は楽しくゆっくり過ごそう〜〜って思って、
昼からバリの伝統の衣装を来て写真を撮るというのをやる予定を立てた。

朝は、空いた時間にちょっと離れたところのスーパーにある屋台で売られているバナナを揚げたスイーツという物を買いに出かけてみた。遠いのでタクシーに乗るんだけど、こっちは初乗りが70円と格安なので、15分くらい乗っても200〜300円くらいだから便利。メーターが無いタクシーもあって、それは確実にぼったくってくるので、乗る前にちゃんとメータータクシー?と確認をする。青の車体に統一されたブルーバードタクシーというのが有名とのことなので、青いのを捕まえて、そのスーパーに向かった。およそ15〜20分かかって着いたら値段がなんと1300円。なんでや!?300円くらいの予想だったんだけど・・・と思ったんだけど、金額がはっきりメーターに出ているのでしぶしぶ払った。後から分かったのだが、俺らがその時乗ったタクシーは、ブルーバードタクシーに車体の色やロゴを似せた偽物のタクシーだった。
バリは、やはりバリだ。
まぁ悲しい気持ちになりつつも、なんとかスーパーについたのでそのスイーツの屋台に行ってみると、まだ売ってなかった。あと一時間くらいかかるのかな?とにかく言葉が通じなくて何がなんだかわからなかったけど、売ってなかった。騙されて1300円払ってまで来たのに売ってなかった。

それでそのまますごすごと帰って、写真のヤツをやった。

15時くらいに終わってホテルに帰ってきて、そのまま出かける気にも慣れなかったので、近くのビーチでサンセットが見られる18:00くらいまで寝ることにした。

目覚めたら18:30で見逃した。

じゃあ次は、奥さんが昨日行って大満足だった、バリの有名なスパに行こう!と一緒に行ってみると、一人しか出来ませんと言われたので俺は『またこれもバリだ・・・』と思って、奥さんに譲った。

時間があったので、土産物でも買いに行くかと思ったが、どこにも魅力的なものは何一つ無かったので、街をぶらぶらしてみた。裏路地のような汚い区域に迷い込んで、そこには乞食がそこら中にいてお金を要求してきた。
バリでお土産は買わなかったけど、試しにこの人たちに、くれと言われたら全員に一枚ずつお金をあげてみようと思い、100円以下の紙幣を1人ずつ渡していった。
20円や50円といった具合に渡して行くと、俺を散々だましてきたバリ島だけど、俺はお前らに恵んでやってるんだと思えてそれまで暗かった気分が少しずつ晴れた。
これぞデトックス。
安いもんだぜ。
善行はほんとに気持ちが良い。
人は、衣食足りて礼節を知る。
有名人やお金持ちが災害が起きたときに多額の寄付をする理由がわかった。俺もあの乞食達にもっとお金をあげればよかった。困っている人に恵んでやるとこっちの心が豊かになる。良いことをしていると思える。困っている人を助けた。自分からしたらはした金だけど、向こうはそれでも欲しがるからあげるのだ。
(こーゆーのを偽善とも言う!!)

乞食にあげる小銭を作るために、大きいお金をくずして買ったコーラを飲みながら歩いていたら、

突然、誰かが何かを話しかけながら近づいてきた。

そいつは左側からやってきて、ものすごい早口で何やら俺に話しかけながら、ものすごい強さで俺の右腕をつかんできた。俺は『何だコイツ強引な客引きだなぁ・・・』なんて思っていると、右側からまた違う人がまたワーワー話しかけながらやって来た。
その刹那・・・。

ポケットの中が何か動いた。

右側から来たやつが俺のiphoneをササっとまさぐってきたのだ。


・・・まさか、


これ、スリじゃね?

と気づくか気づかないか、最初に左側から来た男はもうどこかへ消えて行った。
しかし、右側からきた盗む役の男はたまたま俺のiphoneがうまく取れなかったみたいで、少し食い下がってきた。俺はその辺でやっと、これはスリだ!と確信した。

こういう時にアドリブ力が試される。
どういうテンションでどこまで行くか。
覚悟と勢いの即興なのだ。

俺はひとまず
「なんや!!!!?」
と大きな声で言って、iphoneの代わりに飲んでいたコーラを渡そうとした。
すると向こうが、ちょっと『あ、ポケットの中身盗もうとしたのバレた?』みたいな感じで開き直った風にヘラヘラして、コーラはいらねーよてな感じで言ってきたので、ここだ、と思って、ブチ切れて

「テメこらいい加減にしろやコラあ!!!!」

と超大声で怒鳴って相手の顔面すれすれまで近づいて睨み付けた。
一瞬向こうにも緊張感が走って、あわや一触即発の空気が流れたが、向こうはそのまま去っていった。

ヨカッタ〜〜。

スリの手口はかなり強引なものだったので後から考えればバレバレなんだけど、初めてやられたから最初は全然わからなかった。

気を付けて!!!バリで声をかけてくる奴は、良くて物売り、悪くてボッタクリ、でも体を触ってきた奴は全員スリだから、すぐに身構えて気をつけよう。
財布や携帯はカバンの中に入れて体の前に!

バリのタクシーにぼったくられて悲しい気持ちの憂さ晴らしにバリの乞食にお金を恵んで自分を慰めていたら、バリのスリにiphoneを盗まれそうなった。
ちょ、なにこれ?

バリはどこまでもバリだ。

俺は心のそこから呆れた。


んで、そのままホテルまで歩いて帰った。


はっきり言って、俺にとってこのバリ島ってとこは、もう入国審査のところからいじわるされていて、買い物ではボッタクリにも何度もあって、道を歩けばタクシータクシーってうるさいし、そうやって声をかけてくるようなタクシーは100%ぼったくりだし、お金を払ってきてもらったガイドさんもスキあらばバックマージンのもらえる土産物屋に連れてくわ、最初の料金とは違う値段を言うわ、そのへんで困ってる乞食に金を恵んでもスリには合うし、店の店員はすぐ怒って怖いし、正直言って、自然以外にいいところがほとんど無い最低最悪のところだった。何一つ理解できない。

兎にも角にもバリの人間は精神が腐っている。

精神が卑しい。

観光客から一円でも多くせしめることしか考えていない。

世界的に有名な観光地だから、騙せど騙せど次から次に客は世界中からやってくるので問題ないのだ。しかし、そうやって確実に人間性が腐っていく。ニコニコ笑顔で人を騙す悪魔だと思う。ボッタクリのガイドさんが言っていたところによると、聞けば学校の数が少なくて教育がちゃんとなされていないらしい。道理で大人も子供も賢そうな人間がいないと思ったよ!!!勉強する機会が無いからピュアにバカが遺伝しているのだ。

去年行ったタイではこんな気分になったことは一度も無かった。
タイで電車に乗った時、席を探しているとどっかのおっさんが「ここ空いてるぞ!座れ座れ!!」と言ってくれて、そのまま道中1時間以上色んな話をして楽しかった。タイ旅行の中でも1,2位を争う良い思い出になった。
これがここバリ島で「ここ空いてるぞ!座れ座れ!!」って言ってきたら、まぁまず間違いなくそいつはスリかボッタクリか良くても物売りだろう。

タイは微笑みの国だし日本はおもてなしの国だと思うが、バリはボッタクリの国だ。

2016年5月3日火曜日

レギャン

昨日ウブドからレギャンに移動してきた。
レギャンとは、バリ島一の繁華街のクタと繋がってる地域でめちゃ栄えてて、ビーチが近くてサーファーが多い地域。

こっちに来たら、バリのイメージも大きくかわった。
コッチの人はまだだいぶマシで、ウブドみたいにボッタクリの精神がまだ薄い。
と言ってもバリ人は基本的にあんまり信用できないけど。
あんま親切じゃないというか、、、。


あと、ウブドの最終日に食あたりになってだるくて一日動けなかった。
下痢が止まらね〜〜



今日はマリンアクティビティをやってきた。
兎にも角にもパラセーリングがやりたくて俺は、だからビーチリゾートのバリ島まで来たのだ。10年位前にZONEというガールズ・バンド・アイドルグループにはまっていて、その時に見たぞーんぽた〜じゅでZONEのみんなが沖縄に行った回でやっていた、それ以来の憧れなのだ。
というのに、今日は風がなくて危ないから出来ないと!!!!
ガビーーーーん!!!!!!
まぁいいや

そーせバリだし・・・

こんな事があるだろうなと思ってた!

信用してないからがっかりも少ないよ!!


・・・・


ぐっすん、トホホ・・・


それでパラセーリングの代わりにバナナボートにさせられそうになったのだけど、それはやったことがあるから代わりにジェットスキーをやった。ジェットスキーと言えば大好きな映画『ファミリー・ツリー』の冒頭で奥さんがジェットスキーで爆走してその後・・・ていうのでもおなじみなのでビビったけど楽しかった。
あとはフライング・フィッシュというのをやった。イカみたいな形のゴムボートをモーターボートで引っ張ってタコみたいに空に飛ぶというやつ。パラセーリングができなかった分楽しかった。
あとはシーウォーカーというやつ。ヘルメットみたいなのを被って海の底を歩くヤツ。めっちゃおもしろかった。ニモの世界だった。イソギンチャクってあんな吸い付くんやな〜。

まぁそういう感じで遊んだ。
仕事を頑張ったご褒美というか休憩としてゆっくりするためにガッツリ休みを取ったけど、なんだかんだで仕事があって休み中もなんだか焦ってるという。。。

2016年5月1日日曜日

バリのウブド

ちゅうわけで、今はバリ島に来て5日目の朝だ。

長年吸っていたタバコを一昨年やめて(いちいち禁煙自慢してすまん!!!)それで年に15万円くらい浮き続けているので、これなら年に一度は海外旅行にいけるぞラッキー☆というわけで、去年のタイに続いて今年はインドネシアのバリに来ている。
ちなみにタバコはいまだに吸いたい。別に吸いたいなら吸ってもいいと思ってるんだけど、やめた最大の理由がやっぱ値段が高すぎるという理由なので、俺は年収が1000万を超えたらまた吸い始めようと思っている。


んなことはどうでも良くて、今日まではバリにウブドというところにいて、バリ文化をいろいろ見ている。
ホテルはとてもいいところで、みんな親切だしおだやかな時間をすごせる。最高だなぁ。


ウブドはかなりの観光地なので、人間が基本的にぼったくりの精神なので付き合いづらい。笑顔でぼったくってくるのに慣れない。現地人用の価格と観光客用の価格があるようで、そこは3倍ほどの価格差があるのだが、まぁそれはいいとしても、さらにその観光客用の価格もまずは3倍〜10倍くらいの値段をふっかけられる。それで普通の値段で買いたくてもいちいち値切らないといけないのでクソめんどくさい。1500円と言われたものをいちいち5分くらいかけて500円くらいにしてもらって買うのだが、ほんとは200円、みたいな感じ。
とにかく定価という概念がほぼ全てにおいて存在せず、コンビニでも値段が店によって全然違って、価値観が日本とは全く違う事にだいぶ面食らった。
まぁでも基本的には物価は日本とそこまで変わらない。


ぼったくりの精神で笑顔でぼったくってくるのも微妙に衝撃的で、カーチャーターを頼んだら頼んでもないのにガイドさんも来て、日本語で親切に話してくれるので仲良くなれたかな〜って思ってたら、やたらに名産品の土産物屋に連れて行かれて、きっとここで俺らが何か買ったらガイドさんがバックマージンがもらえるから連れてきたんだろうなと思うと『なんだかな〜・・・』だったり、あとバリ人で一番イヤだったのは、飛行機でバリに着いた時の入国審査の人がすんげーいじわるな人だった事・・・。あれがなければもっと楽しかったろうに・・・。不運。。。


ウブド市場はおもしろい。昼からは観光客用のお土産ばっかり売ってる市場に変わるのだが、朝は食べ物やお花などを地元の人が買いに来る市場で、はちゃめちゃに汚くてすごい。ここも基本すべてぼったくってくるんだけど、基本はむちゃくちゃに安い値段を言ったり(500円って言われたら、いやいや20円でしょ?って言う)帰るふりをしたりして交渉すれば相場あたりの値段で売ってくれるし、向こうは素人のおばちゃんなのでやり取りしててもすごい面白くて好きだった。仲良くなってもやっぱりぼったくってくるのも、あのおばちゃん達はめちゃラブリーなんだよな。おっさんは怖い。仲良くなれない。


ただ、やっぱりそこまで自信満々でぼったくってくるのも分かるくらい、バリの文化はおもしろい。

寺院はどれも素晴らしかった。特に、ウブドからは車で2時間半くらいかかるランプヤン寺院は素晴らしすぎた。むっさ遠かったけど行く価値有りだった。

あとレゴンダンスはめちゃめちゃ良かった。ガムランの音楽もめっちゃいいし、女性のダンサーがとても美しくて最高でした。バロンダンスは普通〜いまいち。ケチャはつまらなすぎて途中で出てきた。

料理は結構うまい。好き。ナシゴレンやらミーゴレン、ナシチャンプルー、ソトアヤム、なんやらかんやら、あとフルーツもめちゃ美味しすぎる。マンギス(マンゴスチン)が一番すきだった。あとはやっぱビンタンビール。昼間の炎天下で飲むと最強にうまい。



というわけで、今日はウブドを離れて、バリ島の中心街のクタ・レギャンに移動する。