2016年10月26日水曜日

結婚したときに、奥さんのお姉さんがお祝いにティファニーのグラスをくれた。

俺たちはそれを
「割れたらいやだからしまっとこう」
って、戸棚にずっとしまって、ずっと忘れていた。


最近引っ越したときにそのグラスを見つけたので、出してみたら、
思いの外ガラスが薄くてすぐに割れてしまいそうだった。
その時、また
「やっぱりなんかコレすぐ割れそうだからしまっとこっか」
って言ったと同時にハッと気づいた。

割れたら嫌だからとしまっておくグラスになんの意味があるんだろう?
それに、使ってて割れてしまったとして、それの何がいけないのだろう?
って。


それで、やっぱり使おうって思い直していざ使ってみたら、コレ全然割れないどころか薄いのにかなり丈夫だった。



欲しいものがあるのに我慢してるのは全く意味がないって前回のブログに書いたけど、
人生が『割れたら嫌だから戸棚の奥にしまっておくグラス』になってはいけない。
やりたいことがあるのに違うことばっかりする必要はないし、こうなったら嫌だからとか言って何もしないのは意味が無い。

0 件のコメント:

コメントを投稿