2016年9月25日日曜日

youtuberとラジオ。

最近エレ片を聞き始めた。おもしろい。。。そういえば、ずーーーっと前に中野のファミレスかどっかでアイデアを考えてたら、やつい氏っぽい人達が打ち合わせかなんかしてて、この人どっかで見たことあるなぁ~~ってエレキコミックかもなぁ、、、ってチラチラ見てたら目があってしまって「ヤベッ!」って思ったことがあったんだけど、ラジオのトークで中野が近所だどうたらと行ってたので、やっぱりアレはやついだったと思う。テレビや雑誌で見るとガチャガチャな顔をしてるが、生で見るとイケメンだった。




youtuberで売れてる人の傾向を調べてるんだけど、まぁネタがおもしろいっていう究極の要素はおいといて、なるべくおしなべて共通する客観的な要素を抽出してみた。

●ルックスがいい
●カメラが安定している
●編集テンポがおもしろい
●字幕がたくさん出る

かなぁ・・・と。

1個めのルックスとは、別にイケメンじゃなくてもよくて、汚らしくなければいいと思う。不潔感があるとダメだよな。みんな髪の毛を染めたりしてPOPにしてるよね。

2のカメラが安定しているっていうのは、単にぶれて無くて明るければいいと思う。

3の編集テンポは、間をコントロールするということ。
例えば、日本人がよく話し始めるときとかに言う「え~、」っていうヤツ、アレって実は海外の人からするとものすごいノイズらしいのだ。つまりは何も言うことが無いところを「え~、」と言って間を埋めているのだが、そこに意味は無いので、「え~、」に慣れていない日本人じゃない人にしたらめっちゃ気になるということなのだろう。
そういう感じで、普通の人が喋ると基本的には間が出来てしまって、俺たちはそれを「え~、」とか言ってごまかしてるけど実はすごく気になる部分なので、カットしなければならない。

4の字幕がたくさん出るっていうのは、やっぱり喋りのプロじゃない人達が喋ってる上に、見る方も小さい画面で適当に見てるので、字幕を入れたほうが100倍伝わりやすい。でもこの字幕をいれる作業ってめちゃめちゃ大変だから、差が出る部分なのかな~って思う。




って言ってみたけど、まぁネタのおもしろさが9割だと思う。サムネやタイトルとかも重要だろうし。。。
でも売れてる人はみんな見たくなるようなネタで見たくなるようなタイトルで見たくなるようなサムネを作ってるよね。それがセンスなのかなぁ。すごいなぁ。



0 件のコメント:

コメントを投稿