2016年6月14日火曜日

ぱそこん愛してる

っつわけでPC組み立ててるわけだけども、
生まれて始めての自作PCだったので緊張した。
メモリやHDDを増設したり、グラボや壊れた電源を交換したりはしたことあったのだが、やっぱりパソコンの中枢部であるCPU関連は触ったことがなかったのでめちゃ不安だった。

いざやってみると、CPU自体はマザボに乗っけてフタをしてカチャ、で終わりだったんだけど、CPUクーラーがちょっとむずかしくて、特に熱伝導させるためにCPUとクーラーの接触部分にグリスを塗らないといけないんだけど、ここがすんげー緊張した。グリスの量と塗り方ね。でもまぁ実際ははちゃめちゃ適当に塗ったくってもいけた。
逆にめっちゃ簡単そうなメモリの差し込みパートが、やたらに固くて不安になったくらいで、全体的にはすんなりいきました(メモリはある程度まで差し込んだら後は片方ずつグイッグイッっと力をこめて押しこめば刺さります)。

んでそんな感じで繋げないといけないものは多分全部繋げたので、
さぁ緊張の、電源を入れる時がやってきました。。。
電源を入れた瞬間

プシューボンッ!!!!





・・・っていう可能性もあるので、おそるおそる電源を入れてみた。

ポチッ!


・・・

・・・・・


あ、フツーにUEFI(BIOSみたいなヤツ)が開いた!
よかった・・・・


んでマザボの時計だけ時刻合わせして、さぁ後はOSインストールで終わりだ。


OSはUSBブートでインストールしたかったのだが(だってソッチのほうがかっこいいでしょ?)なぜかUEFI画面で全くUSBを認識せず、何度やってもまったく事態が進まなくて諦めかけた頃、もう一度PCを再起動してみたら、なぜか普通にインストールが始まった。
USBを挿しっぱなして起動しないとアカンかったのかなぁ?


とまぁとりあえずこんな感じで、無事OSインストールできました。

初めての自作PCをだったけど、めっちゃ簡単だった。昔みたいにマザボとメモリの相性がどうのとかも最近の製品には滅多にないらしく、ほんとに組み立てたらそれで完成できるんやね。


後は、ケース内のエアフローをさらに進化させて、めっちゃ冷える安全なPCにしたいと思う。これからよろしく!

0 件のコメント:

コメントを投稿