2016年3月6日日曜日

言霊と反省

今日、息抜きに近所を散歩していたら新しくカレー屋さんが出来ていたので晩ごはんに食べに行った。
前に中目黒でたまたま入ったカレー屋のメニューにチーズナンというのがあって、それがめっちゃ美味しくて、家の近所にもこの店があればいいのに!!!って言ってたら、今日たまたま発見したそのカレー屋にもチーズナンがあったので、つまりは近所にもアレばいいのに!って言ってる時すでにその願いは叶えられていたのだった。
これはつまり俺の信仰する宗教であるところの言霊、つまり、言ってりゃなんとかなる、っていう教えが正しかったことがまた証明されたので、あらためて言霊のちからを再確認したと共に、最近はあんまりでっかいことを言ってないなぁと思った。

その昔から、木村カエラのPV作りたいって言ってたらチャットモンチーをやれたり、ももクロやりたいって言ったらしゃち出来たり、ぱみゅぱみゅいいなぁ~って言ってたら三戸ちゃんできたり、これマジで言霊以外の何者でも無いと思うのだが、最近はほんとになんかこうふさぎ込みがちだったし自信がなかったりして、あんまデカイことを言ってなくて、むしろ、しょぼいことを言いつつあった。
スケールが小さくなっていたわ・・・。

ここ1~2年、実写がやりたいとずっと言ってたのも、当初はCGとかアニメ映像には無い撮影の楽しさや、撮ったものだけで勝負するしか無いというある種の潔さみたいなものがとっても楽しくて、表現の幅もめっちゃ広がるし最高だとおもってたんだけど、次第に、なんかこうラクをするために実写をやる、みたいな考えになっていたと思う。
カメラでぱぱっと撮ってささっと編集してやってもうたら、それでMVくらいなんとかなるんやないけ??なんて考えになちゃってて・・・、やっぱそれはいくらなんでも考えが甘かったようだ。バカにしてらぁなぁ。
マジでねぇ、、、

なんかTwitterでたまたま発見した、実写でMVメインでやってるディレクターさんのワークス見たんだけど、もう年に何十個もバリバリMVを撮ってて活躍してるっぽいんだけど、どれもほんとにちっともこれっぽっちもおもしろくなくて、見たら逆になんか凹んできたんだよね。。。面白くないものを見ると凹む。
実際にそういうぱぱっとささっと作られたもの(実際は知らないけど俺にはそう見えた)を見たら、もうほんっとに見れば見るほど感情が死んでいくのがわかった。


甘い考えを抱いていたことを心から反省しました。
やっぱ何よりも、おもしろいのを作るっていうことを意識してないと、俺の好きな言霊もあんま効果を発揮しないだろうし。

芸術っちゅうか、美しいもの、おもしろいもの、意味のあるもの、見た人が喜ぶもの、そういうものをつくらないといけないわ。
昔はこういうことを言ってたもん俺。でも最近はその覚悟が無くなってしまってそういうのを口にだすのがイヤになっていた。

当たり前の事を、仕事に悩みすぎて忘れていたが、やっぱり全力を尽くしておもしろいと思うものを作らないといけない。
CGやアニメよりは実写メインでやっていきたい気持ちには変わらないけど、CGやイラストとかだけじゃ自分の思ってる良いと思うものが表現できなくなってきたからやるのであって、決してラクだからやるんじゃない。。。


つか逆に、やっぱり俺が好きな人とかフォローしたりしてる人って、ほんとにおもしろい人達だったんだなぁ〜〜〜って思って、改めてリスペクトしなおした。

コレはもうほんとにね・・・頑張ろう。
目標は大きく持たないと駄目だ。
頑張ってこだわっていいの作ろう。
俺は俺の作る道のどまんなかを突っ走らないといけない。

0 件のコメント:

コメントを投稿