2015年7月31日金曜日

だいぶ前にキャプテンアメリカの映画の宣伝で、タレントのユージがキャプテンアメリカのコスプレして「キャプテンアメリカのユージです!!」って言っているのを見て、自暴自棄になったことがあった。自分は世の中に必要とされてないんだなと直感が叫んでいた。
多分電通とか博報堂の人たちが考えた企画の1つなんだろうな、バリバリ働いていて、いけてるサラリーマンで、収入もめっちゃあって、そういう人達が決めてやってるんだな、と思って、でもその宣伝に自分の求めているもの、面白いと思うことやかっこ良いと思うこと、センス、がどこにも無かった。世の中と自分との距離があまりにも離れすぎているんじゃないのかな、と思って不安になって、そして、キャプテンアメリカのユージみたいなクソアイデアすら実現することができない(そういう場所に属すことができてない)自分が情けなくて、自暴自棄になって、ヘロインやりたくなったもん。ドコで売ってる?って聞いて回ったもんな。

インサイドヘッドが素晴らしい映画だったのでずっと感動してるんだけど、ハリセンボンの春菜がカナシミちゃんのコスプレで舞台挨拶していた。クールジャパンだよ。

2015年7月29日水曜日

今年ついに34才になってしまう。まだ若手として自覚していたのだが、それも33才まで。これから中堅、って、言葉だけの問題じゃなく。。。節目だなぁ、今年は。

2015年7月28日火曜日

一人でCGなんて作っててもクソだなとしか思えなくて泣ける。
色々な理由はあるけど、コレ以上続けていけないと悟った。
わりと自分の限界まで頑張ってても、出来なかったら何もかも全部俺の責任だし、出来ても”優秀なチームでした”ってな具合で、大部分を作ったのに名前すら出てこないレベルの扱い。CG屋さんもおつかれでした、くらいの感覚・・・。
でも、そういうことなのだなと、やっとわかった。
がんばろう。ほんとうにこれから頑張らないと。

2015年7月27日月曜日

商売は・・・

ホストクラブは経営者からすれば来店する女性よりもむしろホスト自体が本当のお客さんである、というのがマジですごいと思ったんだけど(新宿スワンで描いてた。)、
でも吉本はもっとすごい。学費を払ってもらって自分らの学校に入学してもらって、売れるヤツが出てきたらギャラで稼がせてもらうし(ユッキーナがフジモンのギャラをみて可哀想に思ったっていうくらいの割合で吉本が取っていくらしいw)、売れなくても学費で既に儲からせてもらってるし、しかも芸人特有の宵越しの金は持たねぇ的な入った分だけ使う的な感じで浪費させてから吉本金融でお金を貸し付けて利子をかすめ取るみたいな・・・。1から10まで搾取の方法が完成されててほんとにすごいと思う。

でもさらに一番すごいのは、競馬や宝くじみたいに、みんなが金を出し合ったところを無言で50%とか掠め取っていく商売。(宝くじは50%くらい、競馬は25%とか。)これはものすごい。特に宝くじはえげつない。数字が印刷されただけの紙を売って、売れた分の50%を賞金と称して返すけど、残りの50%はほぼ丸々ゲットだもんなぁ。競馬とかはまだ興行としてエンターテイメント性があるし、馬の個性やら騎手の技術やら天気やらなんやらもあるからこっちの予想次第で当たる確率も上下するからおもしろいんだろうけどさー、宝くじだけは商売としてえげつなさすぎる。本気でノーリスクハイリターンだよな。
ここまでおいしい商売は国や地方自治体しか出来ないようになっている。

本当におれは頭が悪いと思う。
情けなくて泣けてくる。
バカだから、もっともっとたくさん考えて賢いことをやっていかないと、ほんとにもう未来が無い。
苦労してしょうもないものを作ってる場合じゃない。