2015年12月30日水曜日

撮影翌日にはちゃっかり風邪をひいた。疲れたのかなーそれか普段外出しないので免疫が無かったか。まぁ逆に言うと、撮影の時に風邪をひいてなくてよかった。とにかく喉が痛い。あと、後から気づく、コレ撮るの忘れてた!ってのが2つあって、ちょっちキツイかも汗。。。把握してる人が一人だと辛いね。もうひとり必要だわ。
でも編集は楽しい。
言ったら、去年3DCGがきつすぎて泣きわめいてもういやだ実写がいい(泣)って言ってたら三戸ちゃんやしゃち、そして今回とか、あとはどついたるねんとかもだけど実写のチャンスが降って湧いて出てきて、まぁしゃちや今回はCG有りきのところもあるが、なので、もっとやりたいな〜〜〜と言っていればもっとチャンスがくるはず。
なんとなく頭のなかに理想像もあるし、

I caught a cold after shooting.
I have a sore throat.




あ今日テレビで格闘技やってたけど、もう格闘技とかちっとも流行ってないと思うんだが、やっぱフジテレビってそういう企画のアイデアが古いのかな~??一説には凋落のフジだけが会社がお台場という僻地にあるので情報や出会いが少なくなってしまって、ちょっとずつ面白くなくなっていった、みたいな事を聞くけど、説得力ある。
格闘技も日本人が誰もいないね。桜庭なんてPRIDEで一番頑張ってたのって10年以上前だしその時点で既にとっくに30歳は超えてて肉体的な全盛期では無かったのだからいつまでも殴り合い大変だなぁ。PRIDE時代は高田に搾取されてたらしいし。んで大晦日もKID対魔裟斗ってこれまた10年前だしどっちも現役じゃねー!まぁ桜庭やKID魔裟斗以外に有名な格闘技の選手がいないのでしょうがないか。
結局は地道に新しい選手を発掘したり育てたりしないといけなかったんだろうけど、修斗とかはやってたんだろうけど、チャンピオンになってちょっと華が出たらすぐPRIDEとかに引き抜かれちゃってな〜、やっぱ育てても意味ないなーてなるよね。選手だって食っていけてないだろうからPRIDEとかに行くしか夢がない。UFCも海外だから日本人は大変そうだし。やっぱり格闘技というスポーツは興行(イベント)としてしか成り立ってないので選手は辛いだろうな。
やっぱスポーツの才能があったら野球か、せめてサッカーをやるべき。背が高くて運動神経がいい学生がバスケやバレーボールに青春をささげるのはなんとなくアレだわー。MOTTAINAI!!!バスケやバレーに青春を捧げてもちやほやされないし、将来の大きな夢も無いし。。。せめてまずはみんな野球やサッカーからはじめて、落ちこぼれたら順にラグビーやバスケ、バレーをやるとか。勉強だってみんな東大京大に入れる学力を持ってたら入るじゃん。東大に入れる成績なのにあえて桃山学院大学には入らないでしょ。恵まれた体格や運動神経を持っているならまずは東大京大をめざしたほうが得でしょ。日本だとバスケでもバレーボールでも、トップの選手になっても年収1000万とからしいけど、野球だったら上から100番目くらいの選手でも5000万とかあるやん。
スポーツをやったことも無い俺が言うアレでもないけどさ。
プロの年俸だけでなく、みんな部活を始めるときって、ボクシングは脳に障害が出る、とか、柔道部ではよく人が死ぬとか、そういう情報も知らされないまま選ぶんだろうなー。
ま、大学で体育会系に入ってると就職に強いとかあるらしいので一概に野球やサッカーだけがいい、とは言えないんだけどさ!!!!!!




あと、キンコメ高橋の事件、最初はすげーひいたんだけど、色んな情報を見ると、小学生の時に母親が自殺した、っていうのを知って、それだったら女子高生の制服を盗むのもしょうがないか、とか思っちゃった。
10歳くらいの子供の時に母親が死ぬ、しかも自殺で、って、多分普通の人の一生分のショックというかストレスというかトラウマというか、心に負荷がかかると思う。そのストレスというか心に負った傷のせいで、心のなかで何かしら自分じゃ制御出来ない塞げない穴みたいなものが出来てしまったのかな。その結果がたまたま女子高生の制服を盗むということだった、みたいな。俺の想像だけど。
しかも、本来だったら息子のそういう傷を一緒に癒していくべき存在の父親は、超ロクデナシで、何千万もの借金まみれで、高橋本人が語る父親のエピソードを聞いても相当わけわかんない人みたいだし、高橋が可哀想だと思った。
やっぱ環境が普通じゃないもん。

40過ぎてもそんな盗みをいつまでも続けてたらダメだとは思うけど、どうしようも無かったのかなとも思う。
人は変われるとは思うんだけど、自分だけの力では厳しいのかもしれない。


0 件のコメント:

コメントを投稿