2015年8月17日月曜日

映画『進撃の巨人』みた。

映画『進撃の巨人』みた。
おもしろいとこもたくさんあってけっこうよかったのに、まぁとにかく演技がひどくてムカついた。おもしろいとこもあるのに褒めたくないのは全て役者の演技と、そんな演技をさせる演出のせいだ。特にイケメンの男の俳優はなんであの間抜けな顔の演技しかできないのかなぁ~。全員、演技のパターンが少なすぎるせいかどの映画でも一緒の演技しかしないよな。みんな困った時はアウアウアア・・・って呆然とするけど、あれって誰から始まったんだろう。でも全員間抜けでムカついた。
CGは、さすがにハリウッドにはかなわないんだけど、日本だって全然なかなかスゴイのだ実は。『ドラえもん3D』とかも映像は綺麗だし質感もいいし、だいぶ前にやってた『キャプテンハーロック』とかも映像はほんとにめちゃ綺麗。じゃあなぜしょぼく見えるのか。。。それは、一にも二にもとにかく演技がヘタ過ぎることだと思う。それが全ての原因。ピクサーではCGアニメーターのことをアクターとも呼ぶくらいにCGだって演技なのだ。
日本は役者の演技もCGキャラの演技もとにかく変な時がよくある。
あとこの映画でいうと脚本だか演出だかわかんないけど、なんでこのシチュエーションでそんなことを?って事が多すぎて演技の間抜けさに拍車がかかった。巨人が現れてるのに延々とアウアウアウア・・・って呆然としてるとことか(さっさと逃げろや!!!)人前でりんごを食べさせあいっこしたり(きもいぞ!)巨人が来る危険があるにも関わらず失恋したくらいで大声でわめく(声を押し殺したほうがいいのでは?キュアの役所広司はショックシーンで叫ばなかったのでリアルでよかったなぁ~話自体はアレだったけど。)乱交パーティが突然始まるのはまぁこの世界はそういう文化なのかな~って理解するとして、セックスを誘うのにまず生のおっぱいを触らせるのもありえないと思うが(大体はキスから始まると思う。それか興奮しすぎていきなり挿入しようとする方が理解できる。突然おっぱいだけ生で触らせるってあるかなぁ~・・・)性癖の違いで納得するとして、触ってるくせにアウアウアウア・・・ってビビっちゃうのがあり得ないし、その直後に目の前のおっぱいちゃんが巨人に食われた時もまたアウアウアって呆然とするし、その後も逃げるも戦うもせずになぜか間近でアウアウアウア・・・って巨人を見てるし、、そもそもコイツら・・・訓練された軍人なんだよね・・・?などなど、疑問しか湧かないバカばっかりのバカの国だと思ってしまった。
アクションシーンやCGのシーンはいいんだよな~。巨人が人間を食いまくるとことかおもしろいし、巨人同士のバトルとか派手で楽しいんだけど、、、そのまわりをアウアウアの間抜け演技がピュンピュン飛び回るので残念だった。立体機動装置でかっこよく巨人を倒したかと思ったらなぜか落っこちていって痛かったのかまたアウアウアウア・・・って言う。
日本の男の俳優はすぐアウアウアウア・・・って呆然とするのをやめろ!!!!!!!!!!
演技以外(巨人同士のバトルとかはかなりおもしろかった!ただ演技がうざすぎて登場人物の誰にも肩入れできないのが残念だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿