2015年6月16日火曜日

バカにされても誇りは汚れない

なぜ京都が嫌いかがまた1つわかった。

京都ではザコ扱いされることがしばしばあったからだ。。。

自分としては自分はザコじゃない(自分の人生なんだから当たり前なんだが、それを置いて、平等におもしろさで測っても下の方ではないと自分では思っているし、ザコ扱いしてくるお前よりもオレはおもしろいぞ、と思ってる)んだけど、オレってぱっと見の感じでは普通の人間なので、ザコみたいな扱いをされることがよくあったんだよ。
何回も会ったりすると俺の個性が伝わるのでザコ扱いされないんだけど、まぁほんと初対面でのザコ扱いは多かったな。

多かれ少なかれそういうのはどこでもあるのだろうけど、ほんとに京都だけは異常にそういうのがあった気がする。

ザコ扱いされる社会だったもんで、余計な『変わったことをしないといけない』みたいな雑念が生まれたのだと思う。

まっ、でも京都で目立っててでかい顔してた変なかっこしてたり汚いカッコしてたヤツらは全員判で押したようにロックをやっていて、全員判で押したように今も同じでしょうもないまんま、ずーーーっと、今も、汚いカッコして、おもんないまま、変わらない。
ほんとにそこに属することができなくてよかった!!!!
オレをザコ扱いしてたやつは全員反省しろよ恥ずかしいぞばーかばーか!!!!!!!!!!!!


京都はほんとうにそういう人が集まってるクズな場所。


ま、田舎もんのヤンキーの精神しか持ち合わせていないってことやね。
見た目とその場だけの言葉。
空虚だ。
何もない。

京都に比べたら大阪ではそういうことはだいぶ少なかったし、ネコ眠るとかのリスペクトし合える友達ができたので全く気にならなかったけど、わけわかんないしょうもない女とかはそういうのをたまにやってきた気もするが、明確には覚えてない。ただちに影響はない程度。


東京では、仕事では1回もそういう目にあってない。


でもこの前ついに、ひっさしぶりに、あった。

イラスト描いてるんだかデザインしてんだかまぁそういうヤツが、オレのことよく知らないくせにやたらにナメてきてしょうもないヤツ扱いで話してきたので鬱陶しかった。(誰かの下位互換みたいな作品しか作ってないくせによう!!!!)
でも実際はオレの方がおもしろいし、京都でそういうの慣れてたから『あーこういうヤツか~~~、久しぶりだなー。しょうもね~~。』ってくらいで、気にしない。
でもそこで、俺の隣にいた身近な人が、向こうに乗っかって、オレを下に見てきた時は、めちゃくちゃ悔しくて、この悔しさは一生わすれないぞと胸に刻んだ。手の甲にタトゥー入れるレベルだよ。今までオレは色んな物を作ったりしてきたつもりだったが、そんなの全てどうでもよくて、しかも、目先の、声が大きいだけで意味の無い意見、バカ、どうでもいいヤツ、の尻馬に乗って・・・。
残念だった。


なんだろー。



でもとりあえず、
二度と心は開かないでおこう。



でもどんなに悔しくても、惨めな気持ちになっても、心が挫けたりはしない。
オレは男だから。
男にはプライドがある
(オレは男なので”男”って断定した話にしちゃってまーす!すみませんね~!てへっ)
というか、男にはプライドが無いといけない。
誇りだけが自分を守ってくれるのだ。



マンガとかドラマとかでもたまに、下らないプライドなんて捨てろ!みたいなセリフが出てきたりするけど、それは学校教育と同じくしてみんな同じことをするため、工場の流れ作業に特化した人材になるための思想なのだ。ロスチャイルドの陰謀なのである。バカな女が「プライド高すぎるんちゃう!?」とか言ってくることもあるが、それも洗脳されてるだけのバカな意見なのだ。ロックフェラーの陰謀なのだ。


ま、偉そうに言っても、仕事頑張んなきゃな。。。トホホ。












0 件のコメント:

コメントを投稿