2015年5月19日火曜日

毛のレンダリング

毛のレンダリングについて試行錯誤というか四苦八苦というか四六時中悩んでいるというか死にたいくらいに憧れた花の都大東京で太平洋ひとりぼっちというか、、、色々調べてる。いつものワークフローで、なんやかんやした後の最終ではC4Dに持ってきてそこで毛のシミュレーションやらレンダリングやら色々やろうと思ってるんだけど、それを変える時期に来てるのかもしれない。。。
どうしようか、まぁとにかくまだ時間は多少あるっぽいのでひらすらにやってみるしか無い。それか誰かに頼むか。ほんとはそれがいいのだけど。つてが無い。というか、わかんない。何をどうすればいいのか・・・。

とりあえず新しいレンダラーを使えるようになりたくて色々探している。
octane render, V-ray, Maxwell, どれもこれも意味がわからなかった。
最近arnold renderのC4Dバージョンが出たので試してみた。パッと使ってみてとっつきやすさがあった。これはいいかもしれないな。出来なかったらどうしよう。レンダラとしての性能は十分すぎるほど十分なので自分次第だ。

例えば↓の記事なんかはmayaでyetiというプラグインで毛を生やしてarnoldでレンダリングしてるとのこと。yetiの部分が詳しく書いてくれててありがたいね。
http://www.creativebloq.com/3d/how-create-realistic-3d-hair-and-fur-91412900

0 件のコメント:

コメントを投稿