2015年3月31日火曜日

うーーーーーむ

かつてない追い詰められっぷりに笑えます。
考え方を変えていかないと無理だ。

1人でやるのは心細い。もうほんとコレ以上無理だ。。。
気軽にアイデアを相談出来る人や、仕事を分担できる人、
CGができて絵が描ける人はいないかなぁ。。。
キツイ!!!


レンダリングの速いパソコンは確かに重要かもしれないが、20万円のパソコンは10万円のパソコンの2倍の速さでは無い。しかし、10万円のパソコンを2台買えば、速さは実質2倍だ。
つまり、安いパソコンを何台も買ったら一番オトクなのでは無いか?と思った。ノートパソコンだと消費電力も少ないし、バッテリーなのでブレーカーが落ちても平気だし、モニタとか買わなくてもいいし、
また、複数台のパソコンがいいのは、メインのパソコンはひたすら作業用、サブはひたすらレンダリング用、と用途別に使うことができるので、効率がいい。


以前とあるテレビの収録に言ってきたとここでも書いたが、その情報がひっそりとアップされていた。
http://www4.nhk.or.jp/masakame/x/2015-04-11/21/9236/
う~~ん、当日の撮影はほんとに楽しかったんだけど、はてさてどう映ってることやら。。。怖いです。



最近dropboxの有料のプロっていうやつが前までは100GBやったのにとつぜん1TBに増えたのでこれなら!と思ってプロに登録した。月1200円と微妙に高い気もするが、仕事で共有したりなんやかんやで容量にも気を使わなくてもいいのでまぁいいかと思う。とにかく1TBは便利で、そういえば俺のmacbook airは128GBしかないのであんまり何も入れたりしなかったし、ダウンロードも全然しなかったんだけど、dropboxのおかげで容量をほぼ気にしなくて色々入れたりダウンロードしたりできるようになった。あと欲しいのはWimax的なやつなんだが、これはそこまで頻繁に外出するわけでもないので活躍の場が少ないと思われるので、まだいい。たまに外出時に使うくらいだったら今使ってるみおふぉんでテザリングすればいいかもね。1月ごとに2GBしかないのででかいファイルのやり取りはムリだろうけど、普通のメールチェックやらネットするくらいは多分いけると思う。容量がアレなら4GBにプランを変えたらいいし。600円しか上がらないのでやってみてもよい。



いわゆる業界用語というのかなぁ。ビジネス用語?例えば”展開する”とか”落とし込む”とか、もっとひどいと”アグリー”とか”バッファ”とか、まぁ普通はそれを使わないようなところでこういうのを使うのが大人のビジネス界なのである。だがそれはまるで実力のない自分を守る見栄という名の鎧であるかのように見えてしまう。たまに便利さで使うならまだしも(”展開する”とかは便利ではある)わざわざ使う?ってな使い方を聞くとうわ~~~って思っちゃうね。やっぱ横文字系はやばいよ。アグリーとかやばいって。アグリーベティかよ。ま、こういう言葉、おもしろい人とか出来る人はあんま使ってる印象ない。




学研の『学習』と『科学』が休刊しているのを今知った。もう5年位まえだった。
おれんちは科学をずっととってもらってて、すごい好きだった。特にたまに別冊でついてくる特集本が好きで、中でも宇宙の本と人体の本はずっと読んでいた。

宇宙に空気がないとか宇宙船や宇宙服・宇宙食などまだ言っても身近な話から、星の寿命とか、大きさとか、でかすぎる宇宙の規模が怖くて、例えば何億年後かには太陽の寿命が来てそのころには太陽がめっちゃでっかくなって地球も飲み込んじゃう、とか、その前に太陽の熱さで生命が全部滅びるだろう、とかそういうのも書いてるわけ。いや~おもしろい。ワクワクすると同時に怖ろしさも感じるこtができたのがよかったと思う。

インターステラーが最高なのは子供の頃にすきだった宇宙、そして知識を得る度に壮大過ぎて怖い存在にもなってくる宇宙、
小学生の時に○○の科学が毎月届いてて、たまに別冊特集みたいなのが付く月もあって、それの宇宙の特集が大好きで高校になってもずっとよんでたなー。別冊人体のふしぎも。



CGもういやだ!実写がやりたい!!!と思ってたらCGの仕事が来た、と前に書いたけど、実際は実写の仕事も来ている。というかCGも実写もどっちもの仕事だ。
やる前は、実写はいいよな~~撮っちまばほぼかんせいじゃん!!!絶対ラク!!!とか思ってたけど、いやはや実写もかなりタイヘンだ。
CGだと作りながら考えて後から修正もいくらでもできるけど、実写は撮ったものしか使えないので撮るまでが命。おれみたいにダラダラしてたらダメで、とにかく打ち合わせ・企画・アイデア・コンテ・ロケハン・なんやらかんやら、ってさっささっさやっていかないといけないのがタイヘン。しかもどうしても関わる人が多くなってしまうので意志の共有が一番重要。こういうのをやりたい、ととにかく連絡しないといけないし、ぶっつけ本番とかもダメだし。。。そして一番は、相手がいること。。。アーティストを撮るということがきんちょうする。。。
まぁなかなかタイヘンだ。
カット割りのタイミングとかもよくわかんねーし!?
まぁでもとにかく集中力が重要だと思った。
CGだったらどうにでもなるから最後に帳尻が合えばいいとか思ってダラダラやっているが、実写はコンテだったり撮影だったり編集だったりタームが細かいのでその都度集中しないといけない。




前に左手デバイスを探しててイイのが見つからなかったので結局小さいキーボードにしたんだけど、それがBluetoothだったので5分くらい触ってないとスリープしてもうて触る度に2~3秒待たないといけないのと十字キーの配列がわけわからなかったのがかなり苦痛だった。
なので十字キーが普通の配列でUSB接続の小型キーボードを買った。
しかしお次は、キーが小さすぎて隣のキーも押してしまってめちゃくちゃタイプミスが続出してしまう!!!使いにくい!!!!!!!タイヘンだな~~。
でもだいぶ慣れてきた。うん。いいかんじだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿