2015年1月17日土曜日

EXILE TRIBEに入りたいのでダンス練習しようかな

『困ったときはデカイか多い』というのが映像を作り始めた時にひらめいた制作のコツでして、何か物足りないときは大きくするか数を増やすかすればなんとかなる、というとてもプリミティブな解決方法です。本当は削いで削いで削いでして残ったもの、みたいなの方がかっこよかったりするのかもしれませんが、質より量という言葉もある通り、物量の持つ圧倒する力はすごいです。それを長らく忘れていたのだけど最近思い出したので、今年ついに封印を解きます。なんつって。まぁとにかく多いとかデカイとかピカピカしてるとかそういうのが視覚的快楽になってるんじゃないかな~と思ってハマってるんですよ。

そんなことを考えながら、いつもの様にネットをしてました。ふとTwitterを見てると、なんと「SEBASTIAN X活動休止!」の文字が!!!!
メジャーデビューしてすぐなのになんでだろ!?と思ったけどWinnersもメジャーデビューしてわりとすぐにメンバーが半分脱退したし、他にもメジャーデビューしてすぐにやめちゃう若いバンドって結構いる。でも、メジャーデビューの実態(仕事内容とか収入とか)を何もしらない立場で言うと、ほんっともったいないな~~としか思わない。まぁ俺も就職した方が収入いいのに内定を蹴ったのであまり人のことは言えないかもしれないが、でも音楽でメシを食っていくなんて少年少女の頃からの夢じゃなかったのかな~~と不思議に思うと同時に、やはりメジャーというのは難しいものなのだろうなと想像した。わけわからん人とかいっぱいいるだろうし。業界人なんかいけ好かないやつマジでハンパ無くいるしね。そんな奴らに対向するには力を見せつける(売れる)か、いけ好かなさに取り込まれるかしか無い。だがそんな中で自分たちの作品やひいては自分たちが傷つけられたりする(妄想です!!!)くらいだったら、働きながら自分たちや仲間だけでやりたい音楽を好き勝手やってライブハウスでそこそこ人気があるならそっちの方が楽しいのかもしれない。
でもほんとは、、、他人の事なら偉そうに言えるので、音楽やバンド活動を商売として売れることだけを考えてわりきってやればいいのにな~とか思う、が、実際自分を見てみると俺も映像制作を完全に商売として考えて売れる映像だけを作っていきたい面もあるがどうもそういう風にならないし出来てないし何が売れるとか全然わかんないので偉そうに言えない。一応自分なりに考えてはいるものの実行出来てないし、ハッキリ言ってまだまだメジャーデビュー出来てない。。。そういや映像とか音楽とかそっちの業界の人に会う度に事務所とかマネジメントとか入ってないんですか?って言われるけど、入れたらそれはもはやメジャーデビューだよ!おれなんかまだまだですな。未だに1回もお誘いすらありませんし。まぁしょうがないか。おれだもの。
なんつって!
ま、とにかくそういう感じを思った。
そしておれもいつかエイベックスからメジャーデビューするのだ!!!
あのね、言ってたらホントになるから!!


0 件のコメント:

コメントを投稿