2014年12月5日金曜日

ネガティブな発言の裏にあるもの

この前買ったばかりのiphone6+で動画を再生したらスピーカーから音がでなくて、おかしいな~と思って色々いじってみたんだけど、全然音が出ない。
なんでだろう・・・と原因を考えていると、となりでずっと、あ、壊れたん?不良品やったんやな、保証はあんの?修理してもらえるん?とか、壊れた壊れたとやたらに言われてウンザリした。俺はこのiphoneに音が出なくなる原因が思い当たらず、自分なりに問題解決の方法を考えて色々試してる途中で、壊れたと判断する時でもなかったので、イラッ!!!!とした。

イヤフォンをさしてみるとイヤフォンからは音が出ているのでまずは再生ソフト側の問題では無いことが判明した。次に試しに着信音を鳴らしてみるとこれまた普通にスピーカーから鳴ったのでスピーカーの問題でも無い。あと怪しいと思ったのは、最近blutoothでヘッドフォンをつなげたりするのを頻繁にやっているのでその辺まわりだ。それで画面下からスワイプしたら出てくるコントロールセンターが怪しいなと思って見てみると、airplayとかいうのがオンになってたかそんな感じでとにかくこのiPhoneのスピーカーが使用されないようになっていた。これを普通に戻すといつもの様に音が鳴りだした。わーい直った。ここまで5~10分くらい。

やっぱりすぐ直った。何か壊れる原因になるようなこともしてないし、買ったばかりだし壊れるはずがない、音が出ないのは何かそういうモードになっているだけだと思う、とそういう予想だったのだが、案の定そうだった。



音が出ないのを見て、壊れた壊れた!とやたらに言ってたのは、おそらく本当に壊れてて欲しかったんだと思う。渉太が最近買ったお気に入りのiPhoneが壊れたらマジでウケるんですけど!プププ!みたいないじわるな気持ちが出ていたんだと思う。最新のiPhoneを買って調子ノッてるコイツがしょんぼりしてるところがみれたらマジ痛快!みたいな。そんなところだろう。

それが証拠に音が出る元の状態に戻った時に、ホラ直ったで!と俺が言うと完全にスルーしてたもん。きっと俺のiPhoneが壊れてなくて悔しかったから無視したんやと思う。

でもこういう人ってたまにいて、ネガティブなことを言ってきたりするんだけど、そういうのには触れないほうがいい。誰かのぞんざいなネガティブに触れて心がチクッとなることに意味なんて一切無い。対抗して言い返しても相手の思うツボで待ってましたとばかりにネガティブな言葉を投げつけてくるだろう。なのでどんなに細かくてもネガティブな発言は見逃さずに察知して、サササと身を隠すのがいいのだ。上記のiphoneが壊れた壊れたというのもそれだけだと全然大したことが無い発言のように一見思えるが、実はその裏には本当に壊れてて欲しいという悪魔のような呪いがこめられているのです。
ま、そういったネガティブに徹底的に対抗してもいいのだけど、その時は上手くやり込めることができたとしても1月も経てばまた同じようにネガティブをやってくると思うので、それならハナから相手にしない方がいいのだ。

そうやって自分の人生を少しでも楽に生きることができればいいと思う。
笑う門には福来たる。って刺青いれたろかほんま!
笑えない奴はぶち殺す。みたいな感じ?
わ~~はっは

0 件のコメント:

コメントを投稿