2014年11月5日水曜日

●もちおを限界突破させたくて、村上隆のたんたん坊的な感じで試しにやってみようかな~
それかkawsさんの感じ。


●twitter見てたらまた気分が暗くなってきた。


●おもしろい!と思えるアイデアを思いついて頑張って作っても全然おもしろくない、みたいなのが一番困る、けど、しばしばあるんだよな~~。技術が足りないとか時間が足りないとか予算が~とか色々あるんだろうけど結局は最初のアイデアがダメだったってことなのだ。
前に3DCGキャラが色んなところでいろんなモノを使うみたいな動画を作る仕事があったんだけど、アレはもう人生で一番キツい仕事だった。とにかく6人のキャラを動かすというのがほんとに辛かった。3DCGはほんと辛い!!!!また実写に合成するという企画だったからレンダリングやらマッチムーブやらなんやらで辛さが倍増だったよ。最初のアイデアの段階でもっと作業量を想定しておかないとダメだったね!予算・キャラの数・シーンの数・クオリティ、いろいろの為に、ね。
ま、でも、あんなに辛かったのにそんなにおもしろくないということは最初から間違っていたということなのだ。
もっとおもしろいことができたはずだが今もどんなのが正解だったかわからない。今も模索し続けてます。誰かいい案を教えてちょんまげ。

●心得たいこと。
何か1つ突出してる部分
斬新であるならクオリティは低くてもいいのでがんばろう
視覚的な快楽(美しさや動き)
つまらないアイデアを詰め込む前に芯のアイデア


●年末に京都のmomuragというところでSEXILEのイベントをやるんだけど、何をしようか考え中。
SEXILEとはチャーシューと池田さんと俺の3人のユニットというか、月に1回を目標にポッドキャストラジオをやっているそれの番組名というか、まぁそういう感じ。
momuragというのは京都になるスペースで、東京の国分寺でやっているmogragというアートスペースと、京都の村屋という飲み屋が共同でやっていて定期的に色んなアーティストとかの展示をやっているところ。
これのアイデアもかんがえなきゃな~~~!!!!


●facebook見てたらさ、『加盟店に弁当を廃棄させて儲けるセブン-イレブンのえげつない経営術』とかいうのがシェアされてて、タイトルで内容を推し量ったところ、売れ洋画売れ残ろうが買い取らせるというシステムならば、コンビニ(ローソンだのセブン-イレブンだの)の本当のお客さんは買い物しにくる人達では無くフランチャイズの店だ、っつう例の問題でしょ?これはまさにホストクラブと全く同じシステムで、ホストクラブの店側はたとえ客が払わなくても、掛け(売掛け)とかいってホスト自身に払わせるので店からしたら払ってくれるなら客でもホストでも関係無いし、そういう意味では本当の客とは働きに来ているホストなのだということ。
こういうことを考えるのがビジネスであり、頭のいい人達は本当にだますのが上手い。天才だ!!!保険のCMも俺は脅しにしか見えないし、ファブリーズのCMとかも脅しレベルやばい。お前の部屋は本当はこ~~んなに汚いんですよ~不潔だよ~~ファブリーズ使って除菌しないと気持ち悪いよ~~、、、みたいなさぁ。お前、明日ガンになるかもよ~~~交通事故にあうかもよ~~残された家族が苦労するよ~辛い思いをさせてもいいの~~だめでしょ~~保険入ったら安心でしょ~~~、、、みたいなさぁ!!!!保険入らなきゃ!って思うもんね。俺みたいなフリーの人間は病気になったら本気でやばそうだし。。。みたいなさ。。。体が資本ですね。寝不足が一番体にアカンと思うけど。



●西宮の団地で生まれて、11歳の時に三重県の名張に引っ越したら周りに山があって驚いた。団地の遊び場は公園やら運動場やらしか無かったけど、田舎では山が無限に広がっていてすごいと思った。山にいつでもいけるのはすごい。3年経って中学生になると大阪の学校に行き始めたので山とかが遠くなった。

0 件のコメント:

コメントを投稿