2014年7月6日日曜日

かし

仕事に疲れすぎて限界になったので音楽を聞きながら歌いながらやってたらだいぶ気分がマシになる。
好きな曲ばっかり入れてるプレイリストを聞いてるんだけど、husking beeが流れてすっごい癒やされた。初期よりも後期の方がわりと好きなんだけど、アルバムとしてはvariandanteが好き。歌詞もおもしろいし曲もいいから。
歌詞って、曲が好きになるのにほんとに重要で、曲がいいのに歌詞があんまり好みじゃないか残念、っていうことも多い。あとは、自分に刺さるフレーズ(空耳含めて)があるかどうか。聞いてる時期にもよるけど、そのときに出会った言葉とメロディがすごい大事なものになる時がある。ZONEの君がいた夏って曲も”なりゆきで走り続ける僕らに”っていう歌詞がすっごいいいなーと思ったんだけど空耳だったけど、すごく好きな言葉になった。人生たいていなりゆきなんだけどとにかく走っていくんだ!みたいな。。。
このハスキンのvariandanteでも好きな曲いっぱいあって、
でも何と言ってもダントツで大事な曲は『Day Break』という曲。19くらいの時、そのただでさえ多感な時期にこれまた自分に、というか家族にかなーり重大なことがあってその後ずっと心が塞ぎこんでたというか放心状態だった時に聞いて、歌詞がもうね、すごく心を広げてくれて目を開かせてくれた感じ。一つの解答を教えてくれて、超泣いた!!!!!生きている、ということはなにか、どういう意味か、みたいな・・・。

そこまで言っておきながら、再結成後にはあまり興味が無い。
同じ曲をなんども聞き返すばかりで新しいのを聞こうとしない。
youtubeで見たけど普通だった。
なぜだろう・・・。
やはりなんでもそうだけど出会うタイミングがあるんだなー。

0 件のコメント:

コメントを投稿