2014年4月26日土曜日

機械の体

映像作家100人2014が届いた!今年もなぜか載せてもらうことができたので、こりゃまた仕事がワンサカ来るな・・・・・・とはなりません実は。
結局名刺となるのは作品だけで、本に名前が載ってるだけで仕事なんてきたことないよ。

そういや前になんとかっつう映像作家100人のパクりみたいな本があってそこからメールが来たよ。坂本さんのページも載せませんか!?5万円ですけど!!!!みたいな。。。クリエイターズファイル2014とかいうヤツだったかなぁ。検索しても出てこなかったのでおじゃんになったのかも。

金・時間・プライドを大切にしよう
売れてないのに彼女を作ったり結婚したりしますが、
時間が人生で一番貴重なのでバイトみたいな人生の切り売りはやめた方がいい。二番目にお金が貴重なので、家賃を払うのは無駄なので実家に住むか居候させてもらうか滞納しよう。三番目にプライドが大切なので、自分の事を褒めてくれたり応援してくれる人の近くにいよう。バカにしてくる奴は殺人犯と一緒の事なので逃げるべし。

禁煙ってあるやん?タバコをやめる行為。あれよくみんな失敗した失敗したというけど、なぜ成功率が低いか分かったよ。タバコ自体の中毒っていうと肉体的な依存に関して例えばニコチンは実は3日もすれば体から抜けるので離脱症状による不快感は3日しか続かないと言われてて、あとは精神的な依存の方が問題で、朝起きたら吸うとかメシ食ったら吸うとかちょっとヒマができたら吸うみたいな生活のテンポの問題があって、これがなかなか習慣になってるもんだから大変だ。ここを抜けなくては禁煙は成功しない。ここまででみんな大概失敗する。禁煙はじめたって3日も保たない。なぜか!!!!
禁煙しても誰も褒めてくれないからだ!!!!!!
禁煙とは肉体依存精神依存との厳しい戦いであるというのに禁煙という行為が誰からも応援されないのだ。たばこを吸ってない人からは「勝手に吸いたくて吸ってたんだろ、タバコみたいな百害あって一利なしの迷惑モノに無自覚に手を出してたようなヤツがやめられるわけねぇんだ。お前の苦しみなんか知らねぇよ!!!」って言われるし、タバコを吸っている人からは「ふーーんタバコやめるんだ~。まぁ無理だと思うけど。ふ~ん。おれはタバコやめる気無いし、まぁ好きにしなよ。」

だいぶ前にももクロをそこまで追わなくなってきて、横浜アリーナにライブを見に行ったのが最大のきっかけだと思うんだけど、なんでなのか考えたら、ああゆうアイドルを見ることファンになる理由みたいなんを思いついた。ももクロのwiki見てたらさぁ、行くぜっ!怪盗少女からZ伝説 〜終わりなき革命〜まで1年しか無くってびっくりした!!ここすごくねぇか!!!!!!濃すぎるだろう~。この濃さがつまりはアイドルのファンになることなんやなーと思ったわ。つまりは女の子が成長していくお話、みたいな。ファンにしかそのストーリーを作ることは出来ないから、

ドラゴンボールはどこがどうおもしろいのかなぁ~。
やっぱ大冒険と魅力的なキャラ、強いヤツに立ち向かう勇気かな?
初期は普通にドラゴンボール探しの冒険だけど、中盤はナメック星とか宇宙まで行っちゃってるし大冒険がおもしろいね。あの世とか界王様の家もいいし。瞬間移動出来るようになってそれはなくなったっぽい。
あとはキャラがやっぱハンパなくいい。悟空、クリリン、亀仙人、ブルマ、ピッコロ、ベジータ、フリーザ、

10年位理解できてない謎があるんだけど、電車に乗っててしゃべっている人達を見ても何も思わないけど携帯で話している人は眉をひそめられ注意すらされかねない、それは当然だと俺は思い込んでいるのだけどこれはなぜだろう?実際は俺は携帯でしゃべっている人を見てもめちゃ大声でしゃべっている人じゃなければうるさいとか思ったことはないのに、自分はなるべく電話はしないでおこうと思っている。あとは、着信音が鳴ってしまったのを見ると何故かチッと思ってしまう件もあるけど、これも、映画館で映画を見ている時ならチッって思ってもいいと思うけど、電車に乗っててしゃべっている人も普通にいて電車のガタゴトという音もある中で着信音が鳴ったり電話をしている人を見るとなぜだか、チッとか迷惑だなぁとかそう思ってしまう。

実際は大した迷惑じゃない。単なる音だから。爆音で鳴ったり大声で通話したりしていなければ通話の声や着信音に関しては、なんだかんだでOKということにします!!!!

だけどもう一個電車における携帯電話問題があって、携帯電話の電波だか電磁波だかが心臓のペースメーカーに悪影響を及ぼすという例の件だよ。影響あんま無いとか言うけど、俺がペースメーカーしてたらちゃっとでも影響あるなら怖いもんなぁ。迷惑だよなぁ。もしかして、携帯の電波だか電磁波だかでペースメーカーが止まって死ぬのかね。誰かの着信が鳴った瞬間ペースメーカーユーザーがバタバタと倒れるとか?ペースメーカーの人に電話がかかってきて死んじゃったら電話かけた人って殺人罪やな。




1回だけ外国に旅行に行ったことがあって、その時はすごいおもろかった。
イギリスに行ったんだけどオランダのスキポール空港経由で言ったので初めて降り立った外国はオランダだった。うわーマジで外人ばっかりや!!!!と感動した。空港で乗り継ぎまでの1時間位暇だったのでたばこを吸いに喫煙所に行ったらバーだった。空港の奥深くにあるバーでしかタバコを吸えなくて、入るとまぁ映画見るようなうらぶれた雰囲気のバーでさぁ、ユーロも持ってないからビールとかは飲まなかったんだけど、おもしろかった。飲めばよかったよ。
イギリスのなんとかっていう劇場みたいなとこのバーで初めて海外でビールを飲んだんだけど、店員に何度か無視されたのでヘイヘイヘイこれこれ、これちょうだい!とメニューを指さして言ったら苦笑いしながらも注文を受けてくれた。多分俺をバカにしてたけど。日本語で大声で言うとイギリスではみんな意外とちゃんとしてくれた。黒人の3人組の少年(昼間にたむろしてるあたり絶対不良やで)も明らかにヘラヘラ絡んできてたんやけど日本語で大声で「なんやて!?」と言ったらちゃんとしてくれた。わけわからんからびっくりすんのかな?おもしろかった。
vimeoにアップしてるなんかの動画がロシアでよく見られてて、なんやろ?と思ったらvkというロシア番Facebookに載ってたみたい。
あと前に作ったMTV ULTRA HITSのジングルの動画がMTVルーマニアの人らが見てこれおもろいから俺達の番組のジングルにも使いたいんだけど!と言ってくれたみたいで、多分ルーマニアでも俺のが流れてる。すごいうれしかった。ちなみにルーマニアは治安がものすごく悪くて日本人旅行者もルーマニアに着いたその日に偽タクシーに乗ってしまってそのまま殺されてしまったりする国だがそれはまた別の話。
前のイギリス旅行も動画がonedotzeroで流れるってことで全部自腹で(といっても七尾旅人くんが貸してくれたのだけど)行ったのもそうだけど、とにかく外国にも見てもらえると勇気がわく。というのもやっぱり自分の目に映る動画というと映像作家100人にノッてるような日本の映像作家が作った日本の作品で、みんな共通してデザイン的でかっこいいかきっちり流行をおさえてるんだよねぇ。クオリティ高いしさ・・・。俺はどっちも出来ないからすごい劣等感あってイヤなんだけど、そんな中で作った動画が外人に褒めてもらえると、やっとわかる、あ~道は日本の中にしか無いわけじゃないんだなぁ、と。就職活動の失敗(圧迫面接で何も出来なかった自分への惨めさ悔しさ)がトラウマになってるから、就活みたいに自分から売り込んで仕事を取るということが全くできなくて、でもありがたいことに見てくれてる人は日本だけでなく世界にもいて、なんか言ってくれる。俺を落とした会社のヤツらにクソぶっかけてやる!!!!!!

仕事の作業がめんどくさくて上手く行かなくて、その上でお腹がすくとほんとに気分が絶望的になるが、ご飯を食べれば治る。仕事のやる気も出てくる。

新しい音楽を聞いたり映画を見たり、今までまぁまぁやってきたのですること

47 RONINが大すべりして大損こいた~!みたいなことになってるらしくて、
『47 Ronin』でユニバーサルが最悪175億円の損失の可能性もあり! - シネマトゥデイ
175億も 損した~!ってなっててすごいね。
まずは俺がこの作品のプロデューサーだったとしたら、日本の四十七士の話にピンとこないので何もワクワクしないから、映画化はするかしないかで言えばしないと思うし、もしするとしても100億だのなんだの使ったりしないし、その資金集めに奔放するなんてイヤなんだけど、一方では町山さんが確か言ってたけど今は映画の資金を集めるのは制作費100億円オーバーの超大作です!っつうような映画しかお金が集まらないらしく、そうやってお金を集めるから必然的に制作費もむちゃくちゃあがる、みたいなことらしい。うろ覚えやけど。

youtubeのvice japan最近チラチラ見てる。
おもろかったのはリベリアのヤツと韓国のトンスルのやつ。
リベリアのヤツはほんとおもしろかった。というか、衝撃的だった。
トンスルはこっちまでゲロはきそうになったよ。

お気に入りの絵が1個かけると1日は嬉しい
100円稼ぐのが

たけしとキムタクの車の宣伝で、たけしが秀吉の生まれ変わりでキムタクが信長の生まれ変わりっていう設定なんだけど、キムタクがたけしに敬語で話してて、でも生まれ変わる前の戦国時代のことを懐かしんで話したりもしてて、ものすごい違和感がある上に、お話的にもつまんない気がして釈然としないんだよなー。あれどういうことなんやろ?
現代に生まれ変わってたけしとキムタクになって年齢とかが逆になったけど、戦国時代と関係性が変わってない方がおもしろいと思うんだけどなぁ~、う~~~ん


3DCGソフトを選ぶ時は迷ったなぁ~~~
MAYA,3DS MAX,cinema 4d,blender,lightwaveなどなど色々あってどれも一長一短あってよう選びきらん!!!!!!
難しいのはどれを選んでも大体なんでもできる、っていうところ。
コレじゃないとコレができない、っていうのもあるけど大まかにはどれも全部できる。
全部試してみて自分に合うかどうかのフィーリングみたいなもんで選ぶしかない。
結局俺は基本はmayaになった。zbrushでモデリングしたりしてるけど。
ただいまだに3ds maxにすればよかったなぁ~とかおもっちゃうときもある。
blenderがいいなと思う時も多い。blenderはなんってったってフリーソフトなのになんでもできるというすごいソフトなのだ。
最近はレンダリングだけcinema 4dでやったりする。
それぞれのわかりやすい部分だけ使っていきたいが、ひとつのソフトですましてしまいたい。

シャツ3000円、ズボン5000円、Tシャツ2,000円、靴8,000円、俺が服に出せる金額だ!!!!!!!!

iphone4sなのだけど、また9月ごろにiphone6が出るかと思うが、iphone6にするか新しいipadを買うか悩んでる。どっちも買えばいいのだろうけど。

同じキャラをちょこちょこ何個も描いてると自分の中でそいつらが生きてくる部分と死んでくる部分があっておもろい。例えばこいつはこういう性格だな~とか、逆にこういうことをしてみようとか、そういうので生きてくる。一方では、こいつはこういうことはやらない、とか、制限されるような死んでまう部分も出てくる。そういう、死ぬ部分はえてして自分の好みだけでキメられていることが多くて、生きる部分は自分へのちょっとした裏切りによって生まれることが多いかも。”逆に”こういうのはどうだ?みたいな?

絵を書く作業の時は大体映画を流して見ながら描いてるんだけど、初めて見る映画はじっくり見たいので、作業中は大体今まで見たことのある映画を見なおしている。
最近だと『ナポレオン・ダイナマイト』がヘビーローテーションされていて、あのオフビートな感じが作業が捗る。ループ再生されているので一日に何回か見たりする。あとはチェブラーシカ。今日は『シュガーマン奇跡に愛された男』これはドキュメンタリーなのでなかなか集中できなかったがやはり感動した。あとは定番のトイ・ストーリー。

あまり深く考えずに、人を利用し騙し馬鹿にし手を抜きパクり騙りテンションをあげて目立つことだけを考えてカッコつけて作れば、いいものができると思った。

商売の基本に脅しのテクニックってあるよな
それを学びたいんだよねー。
脅しと言っても基本的に言葉上ではその反対のセリフを使われてて、コレはお買い得だとか言って、買わないと損をするよあんただけ損してるよみたいな感じ。医療関係だとそれはさらに顕著で、マッサージとかでもココが悪いと背骨が曲がるだのなんだの言って死とか不幸をちらつかせてくるもんね。生命保険とかだと、コレに入ったらお得!みんな入ってるし入ってないのはお前だけ、それにお前は言うてる間にガンになるぞー死ぬぞー家族が困るぞー、って脅しがやばいもんな。
まぁこういうテクニックを使えるのは強いメンタルが必要か

現実逃避

昔筋トレやたらしててプロテインとか飲んでておもしろかった。

『清州会議』、というか豊臣秀吉のアレで織田信長が死んだ後の権力争いで揉めてる時の会議で織田家の正当な跡継ぎみたいなヤツを抱っこして出てくることによってみんながハハーッって頭を下げるやつ、例の、みんなは織田家の跡継ぎに頭を下げてるんだけど、客観的に見たら秀吉に頭を下げていることになっちゃってる、ていうの、秀吉っぽい小賢しい知恵の利いた政治のやり方でおもしろいね、みたいなアレ、実はAKBのドキュメンタリー映画で見てん。
NMB48ができたばっかくらいの時にセンターだったかわいい子が過去のスキャンダルで休養を取らざるを得なくなっちゃって休んでた時に、

新宿スワンがいつのまにか終わってたので読んでみたんだけど、スッ・・・と終わってるね。スッ・・・と終わるのでいいよ長く続いた話はとくに。

実写にCGキャラを合成するの、サ上とロ吉さんのPVの時に時間がなくて苦肉の策でやってみたことなんだけど、前の仕事でもやったし今の仕事でもやってるし、これってなんかこう子供の頃に夢想していたことができている感じがして楽しい。suumoの宣伝とかディストリクト9とかエリジウムとか新ロボコップとかアイアンマンみたいなのも現実世界にキャラがいたりあり得ないロボットが絵的に超馴染んでて共存してるのが最高それだけでワクワクする。そしてそれを作るのも俺みたいな個人レベルでも一応できる、ってのが素晴らしい時代だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿