2014年4月2日水曜日

なりゆきで走り続ける僕らに 2014 その2

よし!
今回もまた昔の話。
前回は環境の話では今回は労働とは?ということ。
前回も書いたように、サイテーな暮らしをしてて、本当の本当にお金が無くなってどうにもこうにも首が回らなくなったので、パナソニックのプラズマテレビ工場に就職した。なんとかかんとかという下請け会社に就職して、派遣という形でプラズマ工場ではたらいてたんやけど、入って3ヶ月で当時社会問題になってた偽装請負というのをパナソニックとその下請け会社もやってたらしくそんで問題になって全員解雇されてパナに直で再雇用。偽装請負に関する説明会というのが合ったので見に行ってみたらみんな怒っていたのがおもしろかった。俺はその職場で出会った唯一音楽の話とかができる友達と「あの会議録音してリミックスしようや」とか言っていた。肩書が派遣社員から契約社員に変わっただけだし3ヶ月しか働いてないのにみんなと同じ50万円の退職金がもらえてラッキーだったしなんも変わらず仕事もラクだったし毎月20万とかもらえてほんと幸せだな~借金も返せるし~とか思っていたが、強烈につまんないしなんか色々やりたくなって結局半年でやめた。半年間雇用保険を払ったので失業保険が貰えると目論んでの退職だったがやめてからハローワークに行ったら5ヶ月25日しか働いてないので支給できないのよって言われて驚いた!!!!それからまた仕事もせずに、完済できそうだった借金をまた増やしつつ、ボガルタやらねこ眠るのPVのを作り始めたのだ。ボガルタのができて評判もよくって嬉しかったなぁ。ねこ眠るのも頑張って作って、これも評判がよくって嬉しかった。そうこうしてるうちにそのボガルタやねこ眠るのCDを出していたデフラグメントの宮城さんがDVDを出してくれるってなったので、それを作りはじめた。まずはDVDのオーサリングの仕方から覚えたよ。DIYやから。春頃にその話があって最初は9月に出そうってなってたんやけど、全然進まなかったから11月の誕生に出すことにした。11月11日なのでなんかおもしろいし。んでもまぁとにかく仕事はしてないしやっぱり金が限界までなくなってきて借金も増えてきたのでバイトをしようと思った。この頃はとにかく映像の仕事なんてもらえるわけもないし、友達のPVか自分の映像しか作ってないからお金も無いし、なにか作るには借金するかバイトするしか無理だった。ほんでDVDも出るっていうのに一円も失くなったので、友達から教えてもらった出会い系のサクラのバイトに行くことにした。面接で「ウチの仕事はあくまでお客様を楽しませるエンターテイメントです。」って言いはってたのがおもしろかった。それで次の日から週5で毎日12時間、梅田の雑居ビルに通うことになった。同僚達の刺青率の高さにビビりつつ、モニタの向こうの男どもに延々とメールを送りまくった。向こうはコッチが送ったメールを開封するのに250円、メールを送るのに250円くらいかかるので、1回やりとりが成功すれば500円くらい、それで一日に10万円くらい稼ぐのを目標に設定されてた。誰かと合計200回やりとりするのだ。ただやりとりが続くのはなかなか難しいからありとあらゆるテクニックを駆使してお金を使いまくってもらうのだ!!!!コッチの設定は色々なサイトごとに何人もあってメールの口調とかも一応指定されてたりしておもしろい。大体一人2サイトで合計20人くらいの女の子を担当してメールをする。メールのコツとしては会う約束はしてもいいけど、ブチったらアカン。こっちはサクラだから会うことは絶対にできないので、場所とか指定して会うまでしてしまったらそいつはもうそこで終わってしまうので、それは禁物!!会う約束をしてもそいつが出かける前くらいには無理になっちゃったとか言って断らないと次につながらない。まだまだ引っ張れないワケよ。だから会う予定とかデートの内容どうする?とかで稼ぐべし。でももっといいのは、そこで働いてた太ももに大きな牡丹の刺青の入った女の人から教えてもらった作戦で、ほんとに意味のない会話で稼ぐ方法。「今変な人に痴漢されちゃった怖いよ~~」とか送ったら意外とみんな「大丈夫なの?」とか送ってくるんだよねぇ~。それだけで500円もかかるのに。謎だった。相手が男の場合、セックスかお金をちらつかせないと基本メールは帰ってこないことが多かったのに、ベテランはそんなこともせずに大金を稼ぐのであった。結局そこで1ヶ月だけ働いてやめた。DVDが出る1ヶ月前のことだ。知らない誰かを騙し続けて得たその金でなんとか生きながらえつつDVDを作った。今日データを送らなければ11月11日発売には間に合わないという日にオーサリングソフトがバグってセーブができなくなって、イチからノーセーブで最後までDVDのデータを仕上げないといけなくなったのには参ったけどなんとか完成した。そうこうしてると突然、ねこ眠るのPVがスペシャのMVAにノミネートされたっていう話を聞いてこれは奇跡が起きたと思ったよ。ねこ眠るは人気あったけど、まだライブをやりまくっててその名を轟かせつつある最中だったし、俺なんかPVを作ったのが2~3しかなくて映像作家でもなんでもない趣味で映像作ってた単なる借金フリーターだったからコレはほんとにありえない!!!!!!嬉しかったなぁ。奇跡だった。でも仕事は全く来なかった。でもねこ眠るつながりで実はすごい人がたくさんDVDを見てくれていたのを後に知ってそれはそれは嬉しかった。ほんでDVDが出たのが11月で、年末か年明けくらいにチャットモンチーが映像作家募集の企画をしてるっていうのをブログで誰かが書き込んでくれてシャレで応募したらそれがいけて、そのへんからちょこちょこ仕事が来るようになり、バイトをしなくてよくなった。う~~ん、奇跡だ・・・。
イッツアミラクル!!!!
奇跡だよほんとに。
そして月日は経ち、京都の家を追い出され、大坂で先輩の家に居候させてもらい、東京に来て、結婚した。
ボロい部屋に住んで一人でやりたいことだけをずっとダラダラやることはもうなくなった。
奇跡だと思っていたものは既に現実であり、仕事の依頼が来る度にいつも感じてきた幸せはいつしか生活の糧としてのみ存在している。そして、この仕事でこのやり方でお金を稼ぐということに関して焦りと不安とプレッシャーとストレスばかり感じている。
もうやめようと常に頭にある。
でももうちょっとやると思う。
面白いものを見ると勇気がわくし!
奇跡が奇跡だと思えてる幸せなうちは続けると思う。
でもその先はわからない。


MTV ULTRA HITS from shota sakamto on Vimeo.

0 件のコメント:

コメントを投稿