2013年11月29日金曜日

かぐかぐ

『かぐや姫の物語』見たよ。
二階堂和美さんが主題歌を歌ってるということと、あの独特な絵のアニメーションがおもしろそうだったから見に行ってきたんだけど。。
感想:ストーリーとしてはほんっとにシンプルに『竹取物語』だったので、どうということもなく、あの絵のアニメーションは、これまたシンプルに、絵巻物とかそういうのが動いてる雰囲気は題材と絵柄がちゃんとハマってるなぁと思うけど、その絵的な部分では『ホーホケキョとなりの山田くん』の方が題材と絵柄のマッチの部分で斬新でおもしろいかもみたいな。二階堂さんの歌はとってもいいから、それを絵付きで見たかった。

またびみょーにディスってるなぁ。。。やばい。心が荒んでいるのかな。

『脳男』もみたんだけど、これもやっぱディスよりになっちゃう。。。あ、登場人物の役柄や演技の全てがクソだったんだけど、でも、キャラ的に生田斗真くんの役はまぁまぁよかった!最初に警察をボコボコにするとこが楽しかった!!!よし!!その凶悪さでみんなをやっつけろ!って思った。

ん~~~褒めれるもの褒めれるもの・・・
サウスパークってなんであんな毎回おもろいんや!!!!キャラアニメもめっちゃ楽しいし!!!!!!!!

ん~~・・・あとは・・・
ちょっと前にぬQさんの個展行ってきたけどむっちゃ良かったで!!!!おもしろい人はどんどんおるね。

ん~~~~~~あとは~~~~~~~~~

・・・
と思ってたら褒めるチャンスきた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2013年11月27日水曜日

とくてー

とくてーひみつなんちゃら、やばっそーだけど、よくわかんねーけど、とにかく、どうしようもなく俺はバカで力がなくて絶望的な状況にいるということなのかなぁ。無力感がハンパ無いっす。



ドラえもんの3DCGの映画の予告編見た?見てない人はこちら



どう?
ドラえもんは3DCGだとおもしろいね。ドラえもんの新しい声も未だに違和感がありますが(声優が変わってからまともに見たことがないから。)大山のぶ代の声だとやっぱ3DCGだと微妙に合わないかもしらんなーとか思った。のぶ代はやっぱ手描きのドラじゃないと!
一方3DCGののび太には違和感あるよね。それは多分3DCGの造形に違和感があるんじゃないと思うねん。キャラ造形自体はけっこうかわいいしいい感じと思う。むしろ3DCGキャラの演技に問題があるような気がする。この動き方。2Dアニメみたいに省略された動きがこれまでのドラえもん達の動く姿だったから、それを参考に2Dな動きを3Dでやるとこういう感じになるのかも。
世界最強の3DCGアニメ会社であるところのPIXARとくらべたらやっぱこのドラえもんは動きが違うよね。
動かすのほんまむずい。
アニメーターに演技力がいるから。俳優の能力。
あとめっちゃ時間かかる。
この前シュガーラッシュ作ってるとこにいる日本人のアニメーターの人のインタビューを見たけど、バネロピが手作りの車に乗って自慢するとこのシーン、ほんの10秒位のシーンなんやけど、2ヶ月くらいかかったっつってたもん。膨大に時間か人間が必要ってことやもんなー。つまりはお金がむっちゃいるってこと。ピクサーと日本のアニメじゃ制作費が10倍以上違いそうやししょうがないのかも。CGキャラに上手くエモーションのっけて演技させるのにはまず金がいるってことやねー。はぁ~~。。。
ま、自分でやってみてもやっぱり動かすのって相当センスっちゅうか技術と時間がかかるなぁと実感したし、今後もし個人で3DCGキャラアニメをやるぶんには、最近グッと身近になってきたモーションキャプチャーとかうまく取り入れてやっていこうと思ってる。

んでまぁ、演技(お金)の問題はもうどうしようもないとして、それはさておきこの3DCG映画ドラえもんに対する最大の違和感といったら、このお話のいかにもな感動の感じやんな!
このいかにも、感動したまえ!!!!号泣したまえ!!!ってなのがほんとにやめてほしいよな!
感動するのって、自分で感動するから感動するのであって、こんな感じで感動する言葉を言われてそのまま泣かそうとしてくるのとかって、嫌なこと言って泣かせるのと同じじゃね?
多分、この映画登場人物は俺たちよりも早く感極まって泣くことだろう。

だいたい、さようならドラえもんみたいな、日本人みんなが心の奥底でちょっとだけ大事にしてるようなお話を、わざわざクドクドやる必要なんて無くね。

あとよう、この話で泣けるのは、決して別れが辛いからじゃないやろ~!?ドラえもんがいなくなってしまう事を辛いながらも受け入れたのび太が、ジャイアンにボッコボコにされても食らいつくところだよね。今までならドラえもんに泣きついてた場面で、もうこれからはドラえもんがいねーから自分でなんとかしなきゃーつって食らいつくトコ。

映画を見てて何がおもしろいのかっつうとキャラが映画の最初と最後で変わってるところだよね。最初から最後まで変わらないんだったら最後まで見る意味ないし。成長と言えば一番わかりやすいけど、それがあるから見てて心が動かされるっしょ。トイ・ストーリーなんか、ウッディもやけど特にバズはさぁ、もう泣けるやん!!!!!自分が大切にしてたもの、アイデンティティだった物が全否定されてしまって、でもそれを受け入れて次に進むってさぁ。。。
こんな、当たり前のコトをなぜ俺もクドクドというかと言うと、タイトルがクソうっぜー『STAND BY ME』とか付けてるからだよ!「そばにいて」じゃねーよ!!そこじゃない~~!!!!!!!!!!!!!!!!そんなナヨナヨした友情やないやろアイツらは!!!!!

・・・
はぁはぁはぁ
・・・
なんでこんなまだ公開されても無い映画をディスってるんだろう・・・。
どうせなら褒めればいいのに・・・。

あ、ドラえもんがかわいい。


つかさ、ネットで出回ったドラえもん最終回を映画したらええやん。

のび太のおばあちゃんのヤツとかしずかちゃんの結婚のヤツとかああ感動系ゆうのをわざわざドヤ顔で映画化されんのがむかつくんだよ!!!!!!!!

ドラえもんの単行本を読めば、大半はロクでもないのび太が間の抜けたドラえもんにおもしろい道具を出してもらう話で、感動系の話なんてたま~~~~~~~にしか出てこないから、だからちょっとグッとくるんやと思うねん。映画でいうならそんな感動するためだけみたいな映画をドラえもんの作者は作ったこと無いと思うんやけどなぁ。。。
やっぱみんなが行ったこと無いようなとこにドラえもんの道具で大冒険してそれがまずおもしろくて、そこに色々困難が降りかかってくるところで友情とか勇気とかそういうのでなんとか頑張って解決する、みたいなのやろ?あえて感動みたいなポイントを挙げるならさぁ。

ま、俺とは関係無いからいっか!!!!!!文句ばっか言っててもおもしろくならない。
ロッキーでも見よう。

2013年11月24日日曜日

この前ラフォーレにヘアデザイナーの加茂克也の展示見に行ってきたよ。
ヘアデザイナーっつってもファッション雑誌とかショーでのヘアデザイン、ということらしいんやけど、髪の毛っていうかもはやアーティスティックな帽子、って感じでお面みたいになってたりバカでかかったりして服より目立ってるのもあるくらいなんやけど、ずっと前にプロフェッショナル仕事の流儀で見てたからちょっと興味があった。
なんかまぁとにかくいっぱい展示してたからおもしろかったよ。

2013年11月21日木曜日

『世界に1つのプレイブック』



この曲ええな~ほんまええ。『世界に1つのプレイブック』のエンドロールに流れる曲。(alabama shakesのサイトでフリーダウンロードでける。)
映画のエンドロールがバシッ!と決まったらほんとに快感で後味がよくてそこが見たくてまた見てしまう、っていうのあるかも。

グラン・トリノとか最強やもんね、エンディングがさぁ。車が行ってから歌が流れるところがもうほんとに感動する。
レスラーのエンディングも大好きで、ジャンプしたところでバッと映像が黒くなってそこから歌が流れ出すまでの間がもう完璧な間やね。凄い。

横道世之介とかイグジット・スルー・ザ・ギフトショップとかもエンディングにいくとこの感じめちゃ好き。

2013年11月15日金曜日

まど

話題沸騰中の映画のまどマギ見てきたよ
半分以上寝てしまいました。

うーーん、去年のエヴァはロボットが戦うとこはほんとにかっこよくておもしろいんだけど、シンジくんとかが悩んでるのはほんとかったるくて要らないなーとおもって、まどマギはなんかずーっとシンジくん以上の悩みっちゅうか問題があって大変な感じやから余計にかったるくて、そこに全く感情移入できないから全然つまんなかったな~。一応、『そして父になる』と『まどマギ』で迷ったんやけど、邦画の特に実写は基本的にDVDで見ればいいって思っちゃってるから、アニメだったら劇場で見た時にDVDやBlu-rayでは再現できない解像度でみれるしいいかなみたいな、しかもまどマギは話題だったし、でわざわざ見に行ったんやけど、結果おれのすきなのはアイアンマンやパシフィック・リムみたいなプロテイン飲んでステロイド射ってハードなトレーニングして筋肉モリモリ!!!みたいな映画だということが判明した。バキでいうオリバみたいな。特にお金を1800円も出してまで映画館で見たいのは、そういう悩みとかじゃないエンターテインメント。USJに行くとかそういう感覚でしかもう映画館は捉えられないね、俺みたいなひきこもりの低能にはネ。

映画を見る前に行ったゴールデン街の居酒屋みたいなとこがよかった。うどんがうまかったし、1ヶ月かくらい続いた仕事が終わった次の日でまだフラフラの時に飲むビールが最高だった。座ったおじさんとおばさんと話が弾んで店を出るまで喋ったのも楽しかったなぁ。また行きたいなぁ。

2013年11月14日木曜日

いや~やっと仕事終わったよー。
2つ同時にきてたからどうなるかと思ったけど、なんとかなったね。
なったのかなぁ、でも少なくとも1つはお気に入り。
そのお気に入りの方はなんちゅうかやれることでしか勝負しなかったので結果やれることに集中してやれたからお気に入りに出来たのかなぁ。
だって一発目に見せたヤツでほぼOKが出て、そっからは向こうの事情で変わっていったりしたのに対応するだけでよかったからさ。
今までは何か仕事とかが来たら絶対にまだやったこと無いことをやりたいと思ってたんやけど、その分トライすることが多くて大変だったんだけど、できることを増やすのもいいけどそれだとアレだからねぇ、と、ようやく気づいた部分もある。
やれることで判断して作っていくと、やっぱスピードが違うから爆速で進められるのがいいね。
ここ1年ちょっとは特に自分の技術力の向上に努めてきたつもりなんだけど、ほんっとそれより重要なのはまとめる能力というか形にする能力、あとは他人を信頼することとか、まぁ色々あるけど技術なんてその1つでしか無いというのもあるから、(技術といっても言うなれば絵がうまいとかそういうこと。俺の場合はCGがまぁまぁ出来るようになってきたとか。)なんかこの2ヶ月の頼まれ仕事の中で発見できるものがあった。
自分が一人で作るパターンだとアレしたいコレしたいもっとしたいもっともっとしたい、で結果経営破綻するパターンが多かったけど、それはバカだったなぁ~とおもった。
とにかく一本のラインを決める。詰め込むよりは抜いてって1個の強度で爆発する。無理なことはあんまりやらない。早めにやる。誰かに頼むことも考える。
その辺を注意すればおもしろいの作れるような気がする。
あっちゃこっちゃやったら悲惨なことに・・・(泣)

2013年11月11日月曜日

中2の時に友達がヘビメタの話をしてて、当時俺はX japanしか好きじゃなかったから、外国のバンドとかまったく知らなくって、音楽に詳しい奴がヘビメタの話をしてたからもう俺の頭の中では聞いたら頭がおかしくなっちゃうような音楽なんだろうなと思って、ヘビメタのCD貸して!!!!って頼んで色々貸してもらって、初めて聞いたのがメタリカの『メタリカ』って黒いジャケのアルバムで、ワクワクしながら聞いたんやけど、う~~んこんなもんか、まぁいいとは思うけど。。。くらいの感想で、Xとかの方が速いしめっちゃええで!とか思ったんやけど、メタリカの初期のはすごい好きだった。そんでまぁそっからメタル好きになって、色々聴くようになった。アイアンメイデンとかきいたなー結果ジャケだけが好きだった。でもやっぱメタルであんま好きになるのがなくて、逆にKISSのALIVEとかのポップなの好きやった。アイアンメイデンとかKISSとか、ハードロックっつっても当時からしても古くて普通のロックにしか聞こえなかったな。んでまぁとにかく俺がヘビメタに期待してたような、聞いたら頭おかしくなるようなのとかは全然なくて、こんなもんかな~とおもいつつメタリカやらなんやら聞きつつ、カンニバルコープスみたいなデスメタルとか、うわ~~ジャケすご~~いボーカルの声すご~~い、ドラム速~~い☆っつって楽しんでたんやけど、、、やっぱりなにか物足りないんだよなー、物足りなくはないか、自分の好みにジャストでは無いなと思ってまた中古CD屋に足を運ぶのだった。地元の駅前にあったCD屋は輸入版の中古が500円均一だったのですごくよかった。買って聴いて良くなかったら大阪のキングコングとかに売りに行ったら500円で売れるので無料レンタルだったのだ(古本でもその技が使えて逆に大阪のぼろい古本屋でこち亀を50円か100円で買って電車で読んで地元の駅前の古本屋で売ると100円で売れたのだ)。でもまぁジャストなヤツ無いな~・・・と思って、ついに出会ったのがパンテラのThe Great Southern Trendkill (邦題:鎌首)だぁ!!!!これを聴いた時、アルバムの1曲めのド頭でウギャー!!!っていう絶叫で始まった瞬間にほんとにうれしくなった。俺が求めてたメタルはコレや!!!!!!!!!と思ってん!!!今から考えたら、パンテラはやっぱりギターの音がそれまでになく新しかった。ダイムバック・ダレル(パンテラのギター)のギターサウンドは絶対時代を変えた(メタルの中だけでやけど。)。ドラムもすごくて曲のリズムがちょっと変わってるのも良かったと思う。それでしかも曲がキャッチー。リフがめちゃめちゃかっこいい。その後日本のバンドのヌンチャクを聴いてこれまた衝撃を受けて、ヌンチャクのコピーバンドをやったりしつつ、ハードコアみたいな速くて重いの大好きだなぁ~ってたら、ボアダムスとか暴力温泉芸者みたいな当時すごい流行ってたノイズっちゅうか珍妙な音楽を好きになっていって、そこから突如ジュディマリと電気グルーヴを好きになった。特に電気のVOXXXはすんげーこれこそ頭がおかしくなるような音楽だな~主にギャグ的な意味で、とおもってそっからずっと好きだったなー。あと高校の裏にカンテラっていうカラ揚げ屋があって美味かったな。





というわけで11月11日は俺の誕生日だ。誕生日おめでとう俺!!!!あとディカプリオも誕生日おめでとう!!!!
32歳か~~。ディカプリオは39歳か~~。おれは誕生日っつっても普通に仕事してたな~~。ディカプリオも仕事してたかな?しかも夕方位からひっさしぶりにめっちゃ頭が痛くなって、やる気が0%になってしまったのには参ったよ。締め切り直前やのにね。ちなみに最近は締め切り直前でも焦らないようになってきた。ディカプリオもそうだったりするかな?

2013年11月10日日曜日

めろー

マキシマムザホルモンの予襲復讐の歌詞の
嗚呼。
我々は 今 あなた方を黙らせに来た訳なのだから‥
ただ白帯のまま
黒帯のお前を倒して 帰るだけなのです
ってやっぱかっこいいし、憧れるなー、ってか今のまま俺がいくならまさにコレ、なんだけど、ね!!!!!
ま、泣ける的な、結果、もーどーでもいい。こんなかっこいいこともう言えないよう!!!!!!!
いい曲だよね。最近むっちゃ聞いてた。

それはそうと、ちゃっらーん!こんぺいでーす!みたいなのってむちゃいいよね。どっかーん!みたいなさぁ。
俺もなんかかんがよーっと。













2013年11月7日木曜日

失敗について

誰かが何か失敗した時に、それがダメってことくらい考えたらわかるやろ、みたいなことを言う人ってよく居るけど、考えてもわかるわけねーだろ、と思う。
やってみないとわからんに決まってるがな!
大体そういう事を言うお前もかつてやってみて失敗を重ねてやっと出来るようになったんやって。
今の世間の雰囲気が人の失敗に厳しすぎて身動きとれない感じになってるよ。
Twitterで高校生がお酒飲んだりタバコ吸ったりしてる写真をアップしたら誰かみんながよってたかって学校とか警察に通報して個人情報をほじくりだして晒すとか、絶っっっ対厳しすぎるやろ?
酒もタバコも未成年は法律で禁じられてるけど、別に絶対に悪いってほどのことじゃないやん。
友達同士で酒飲んでタバコ吸って誰にも迷惑かけてないもんね。
みたいな。
やっぱりちょっと、そういう写真をアップしたらめんどくさいことになるなんて考えたらわかるやろ!?って思わないでもないけど、
やっぱりそれはやってみないとわからないよな。
Twitterで晒したりリプライで罵倒したりはまだしも、そのくらいのことで通報とかはセンスがなさすぎる。

んでもっとタチが悪いのはそういう荒らしを真に受けた大人がその炎上の空気にのせられて裁いちゃうこと。退学にさせたりさ。

山本太郎のヤツもさぁ、アレ議員をやめさせるとか議論せなアカンほどの事なん?
天皇に原発事故についての手紙を手渡しすることがそんなにダメなのかねぇ。。。
江戸時代なら陰腹を切って直訴してたとか田中正造は辞職して逮捕される覚悟で直訴したぞとか勝手なこと言ってる人も多いのがさらにきもい。
天皇に主権が無い今の時代に天皇に直訴しても意味ないしwwとか言うくせに、江戸時代では陰腹だ田中正造は辞職してから行っただ言うとか、それ超詭弁じゃね?
天皇主権じゃない今の時代で言うんだったら、単に園遊会で天皇という主権では無い人に直訴した空気の読めない奴、はいバカ~、チャンチャン、で終わりやろ?
なのに処分だけは田中正造の時代のモノを持ちだしてくるし。
園遊会を政治利用するなんてけしからん!っていうなら政治家よぶなしww俺とか呼べよ!政治とか全く関係ないから。
大体さぁ、そもそもほんっとのところでは、事故の惨状を天皇に伝えることとか、悪いことじゃないやん、結果それが空気の読めないイタイ失敗行動だったとしても。

ほんっとに他人に厳しすぎると思うわ。アホなことしてる奴失敗したヤツに対してマジおこし過ぎ。
他人に厳しくすることで自分の行動も制限されていくことを考えたほうがいい。
世の中がつまんなくなるだけ。
失敗は成功の母ってことわざ小学校の時に習ったでしょ~。



2013年11月6日水曜日

音楽ってどういう時に聴くかなー。自分の場合はテンションを上げたい時とかムシャクシャしてる時にヘッドフォンで爆音小僧で聴くのがほとんどで、移動中とか仕事中は常にラジオ音源を聴いてるからあんま音楽きかへん。
しかも最近は好きなミュージシャンってかなり浅く広くなってきてて、アルバムを通して聴くミュージシャンとかほぼ無くて、単曲で好きな曲をプレイリストに並べて聴くという聞き方になってる。
ミュージシャンって、特にアルバムなどのまとまった音源を作った時ってどういう風に聞いて欲しいと思ってるのかな。そんなん別に考えないか。知らん。

2013年11月4日月曜日

すんごすんご

EXILE関係のCDジャケってどれもすんごくダサいっちゅうかやばいっちゅうかなんか凄いな~と思っていつも注目してる。



PVもまた常になんか凄いよな。
これ↓とか、ダイヤみたいなプリズム空間でしっとり歌ってるのとかほんま強烈。



こういう突出したギャグセンスをもっともっと俺も出していかないといけない。

EXILEのメンバーが一気に増えた時も、その時は全く理解できないなにかしらの凄みを感じた。


あと、同じラインで感動したのはやっぱりコレ
デビュー前からのファンだけど別に発狂してないよ。 もともと「結婚したい」「子供が欲しい」ってよく言ってたし、 仁に振り回されるのは馴れてるし。 
こんな奴だけど好きなんだからしょうがない。 型に嵌らないのが仁だしね。 
プライベートはメイサが支えればいい。 私達は仁の音楽=魂を支えるから。 
その魂は私から子供へ、子供から孫へと受け継がれていくし、 そうやっていつか仁のDNAと混ざり合うから。 それがファンと仁とのEternalだし。

有名なコピペやけど元KAT-TUNの赤西仁のファンの書き込み。
これはいつ読んでも感動する。良すぎる。この人のブログ読みたい。
なんかこうEXILEとかこの文章とかに通じる、何の意味かわからないけどひと目でわかる凄み、みたいなものはほんと楽しいね。











2013年11月3日日曜日

メール

締め切りが同じ日の仕事を2つ来て大変だな~できるかな~と思いつつ作業をしてると、さらに2つ、仕事って言うか仕事になれば、みたいな依頼が来て、しかも1つは海外から。全部やりたい。メールはよ返さないと。。。

最近はアニメーションだけとかの仕事も多くて、大体が締め切りまであんまり時間がないし、監督はいるので1から考える時間も必要無くて、ひたすら作りまくるだけなので、色々けっこう鍛えられてる。修行にはなってるね。反射神経というか。。。

でもファーストインプレッションが大事だな~~と思ってたところに、ファーストインプレッションでいかざるを得ないほど納期が短い仕事がきてるからちょうどええわ。

あと勉強になるのは、PVとかだと、曲の世界観と全然関係無い撮影でも普通になんかそれっぽく見える感じだったらOK!みたいなのとかすごい勉強になる。あんま考えすぎずにいいんじゃない?いい感じいい感じ、で、こなしていく感じ。あとは、分業というか、誰かに頼むっていうのも、これだけはオレも絶対にできるようにならないといけないね。

あ、ほんでさ、最初に書いた海外のヤツってのが、知らないレーベルの知らないアーティストの曲のPVの依頼(多分)で、しかも落ち着いた感じのエレクトロ?みたいな静か~なヤツに女性シンガーが歌ってるねん。どうしよっかなーー。ファーストインプレッションはちゃんと来たので出来そうだしやったら楽しそうだけど・・・。とにかく心配なのは英語。やりとり。チャットできる?みたいなことも書いてあったけど、そこは最初にちゃんと言っとかないとね。アイムアジャパニーズ、ソー、イングリッシュイズノットイージー。予算とかってどうやって聞けばええのかな?別にタダでもいいっちゃいいんだけど、一応さ。


2013年11月1日金曜日

ビッグマック

前回の仕事で、実写を編集したデータをファイナルカットで渡されて、でもファイナルカットみたいなマックでしか使えないソフトなんか使ったことなくて、いろいろやってみたけど無理で、結局向こうにXMLでファイルを書き出してもらって、それをpremiereで開いて、そっからAEに持っていって、、、そこからシーンごとにコンポでまとめて、やっとアニメーションをできるまでもっていけた。やっと仕事が始められる状況に。
それにしてもなんでみんなファイナルカットを使うんだろう?アニメーションを足すのにAE使うんだからAEとやりとりしやすいpremiereでやってくれやwinとmacでも互換性があるからなお良いし、と思ったけど、まぁオレには分からない色々がpremiereには無くてファイナルカットにはあるのだろうな~。あと疑問なのはProResコーデックで納品みたいなヤツ。。。これもファイナルカットだかのまぁとにかくmacでしかでけへんヤツ。謎や~~~。画質がいいのかな?でも納品で、バカでかい1個の動画ファイルとか怖いねん。どっかデータがピコっと悪いだけで全部ゴミになっちゃう感じがして、だからオレはなんか嫌い。いつもtiff連番で渡す。
まぁとにかくwinとmacでやりとりがめんどくさいのがほんとに最悪だと思う。ハードディスクからしてwinで読めないのとかザラにあるし。
2013年ならそんくらいなんでもできろやパソコン!とおもった。
つーか去年mac book air買っといてよかった~。
ノートパソコンはmacの方が使いやすい感じがするけど、作業用のデスクトップはwinじゃないと値段が倍くらいなるからまだmac proとかimacみたいなのは買えないね。
今回もまた同じくファイナルカットでデータを渡されたので、やっと導入した。でも結局オレは全部AEで作るので、XMLでファイルを書き出してそれをpremiereで開いてそっからAEに持っていっている。めんどくさい。やっとアニメーションを作る作業が始まる。しんどそう。