2013年8月31日土曜日

プロ

コジのプロレスやらせかやらせじゃないかのツイートおもしろかったな~。
ってゆうか、プロレスがやらせだとか言ってドヤ顔してるヤツってほんとセンス無いな。
オレ高校の時に修斗を好きになってそっからずっと総合格闘技が好きで事務にも通ったりするくらいだったのでやっぱ当時はプロレスは全然好きじゃなかったんだけど、そっから格闘技にもあんま興味がなくなっていた去年、みんなでプロレスを見に行ったんやけど、マジでもうほんとにおもしろかったしすごかったし、めっちゃ感動したよ。総合格闘技よりもおもしれー!!ってその時は思った。

プロレスって勝敗が最初から決まってるとかはもうだいたいみんなもうわかってるけど、どっちが勝つかとかまでは観客は見る前には知らないんだからあんま関係ないと思うし、試合内容自体は多分大雑把にしか決まってなくて、そのプロレスラーを代表するような技をこんな感じで出す、とかは決まってるかもしれないけどそこまでの行き方はその場の流れやと思うんやけど、そこでどう振る舞うか、どういう攻撃や受けをするかは結局選手たちによるその場のあうんの呼吸とかセンスなんじゃないかなーと思って、だから見てておもしろいプロレスをする選手ってほんとにセンスがいいんだろうなーと思うねん。去年見た時に思ったのは、音楽でのセッションとかインプロとかにめっちゃ似てるな~とおもった。コードはこれで、とかBPMはこのくらいで、って大体の大枠が最初は決まってるけど、始まったらあとはドラマーがいきなり速く叩き始めてもギターの人がコードを変えていってもいっそのこと演奏しなくても自由やし、そこでどう出るかそれを受けてどうするか、みたいな、やっぱり演奏者の技術とかセンスとかユーモアとかで曲がぜんぜん違ってくるやん。いい曲になるかダメな曲になるかは演奏者次第。それと同じで、プロレスの試合が凄いものになるかしょぼいものになるかはその選手たちのセンスとか技術とか、もちろん最初の打ち合わせとかそういうものになってくる。目的はいい曲になることだったり、いいプロレスの試合をすることだったり。

やらせっていうのが単に勝敗のみを指して言ってるとしたらそれはヤラセになるんだろうけど、プロレスって勝敗のみを楽しむものじゃないよね。格闘技とかみたいにどっちが強いかだけを競うてるものじゃないと思うねんな~~。
勝っても負けても試合ではバンバン投げられて叩きつけられて殴られてしてたよオレが見た時は。

2013年8月29日木曜日

この前電車乗ってたら生まれて初めて乗ってる電車が人身事故にあった。


急にプワーーーーン!!!!!!!って鳴ってキーーーーーーーッ!!!!!!!!って急ブレーキして、止まって・・・「人身事故のため急停車致しました」みたいなアナウンスが流れてさぁ、運転手さんか車掌さんが黄色いヘルメットをかぶって黄色いたすきみたいな斜めがけに着る服みたいなのを来て外に出て色々確認したり走り回ってて、で10分くらいかしばらくたってから「ただいま救助活動が終わりました。救助活動がおわりましたが、警察と消防の到着を待っています」みたいなアナウンスが流れてさらに10分くらい待ってたら「警察の現場検証が終わるまでしばらくお待ち下さい。現場検証が終わり次第すぐに運行を開始いたします」みたいなみたいなアナウンスが流れて、んでしばらく待ったら動き出した。35分。

ほんますごいドキドキしてこわかったんだけど、なんか血とかそういうのは何も見えなくて、でも先頭の先頭で立ってた人はぶつかった所を見た人もいたらしく、そのうちの一人の女の人は急停車したすぐあとにその場に座り込んでへたり込んでた。

後にネットを色々探してたらその人身事故の目撃談が載ってて、どうやら降りてる遮断機を越えて踏切にいきなり入っていった若い女の人がいたらしい。それではねられたっぽい。

そういう事故に遭遇するのは初めてだったのでかなり怖かった。。。先頭車両に座ってたからちょっと余計に。
警笛を鳴らして急ブレーキしてる時の空気がハンパじゃなかった。その間たぶんほんの数秒なんだけど、あー普通とは違う何か嫌なことが起こってるなー、っていう雰囲気がビンビンに伝わってきてかなり長く感じた。

2013年8月26日月曜日

MVA 2013 NOMINEE

MEGさんのTOUGH BOYのスペシャのMVAのノミニーのトロフィーが!!!!!
http://mva2013.tumblr.com/post/53993320012/mva-2013-nominee-tough-boy-artist-meg-dir

めちゃかわだよ!

MVA 2013 NOMINEE
TOUGH BOY
ARTIST : MEG
Dir : 坂本渉太 with ファンタジスタ歌麿呂
STARCHILD / KING RECORDS

TROPHY DESIGN : 伊藤ガビン、いすたえこ(NNNNY)
TROPHY ILLUST : 平松るい

PHOTO : ただ(ゆかい)



このMVのおかげでいろんな体験ができたなぁ~~~。
もっともっと全力でやらな・・・。
ってゆうか、もっといいものができるやり方を学ばないとね~~~。

2013年8月19日月曜日

そんなこといわれても

メガネって今なら1万円もせずに普通にイイのが買えるけど、オレが中学に入る時に初メガネを親と買いに行ったら普っ通~のヤツで4万円くらいして、だからなくしたり壊したりしたらめっちゃ怒られたんやけど、ということは江戸時代とかだと100万円くらいの価値があったのかな~。つまり庶民にはなかなか買えないからオレが江戸時代に生まれてたら困っただろうなぁとおもうんだけど、そもそもオレが目が悪くなったのは小学生の時に夜親に隠れて布団の中で懐中電灯でマンガを毎日読んでいたからだと思うので、江戸時代に生まれていたら目が悪くならなかったかもしれない。

最近は一転邦画をよく見てて、この『横道世之介』とあとは『ふがいない僕は空を見た』と『夢売るふたり』を見たよ。
『横道世之介』見たけどほんといいね~~~。めちゃ好き。ってゆうか大好き。
大学時代ってほんといいねん。何がって、縛るものがない中で自分で色々決めなアカンねんけど、その割にはそこまでの責任も無い、みたいな。ほんでやっぱ20歳とかってバカだから後から見たらほんまにダサダサで失敗しまくってて時間の無駄をしまくってるねんけど、そういう時間にいた俺たちがすんげーなんつうか恥ずかしくもかわいいの。貴重やったんやなーもっと大切にしとけばよかった・・・とか、大学を卒業した後いろいろ思うんだよな~(卒業後、就職もできずモラトリアムをひたすらに延長させてきたオレでも一応思う。)
なんつうの?つまり、オレもあそこにいた、みたいな、ってゆうか、世之介はオレだ!って思えるような映画やねんな~~~。
桐島はオレがすごせなかったキラキラ輝いてて憧れる世界、みたいな。

ふがいないはほんま重~~~い映画だった。世之介とは全然ちがう!逆桐島!!!

2013年8月13日火曜日

運運運

よく運があがるだの運だのとオレも言うんだけど、なぜそういうことをいうかというと、兎にも角にも自分のテンションを高めるためだけなのだ。
テンションっていうのはつまりまぁ動き出すための原動力みたいなもの。
こうすれば運が良くなるとか決めてることが結構あって、初詣に行くこととか今日だとメガネを買い換えることとか、イライラしないこと、とか色々あるんだけど、一番は何と言っても他人の悪感情に触れないこと。誰かがイライラしてるのを見るだけで運(テンション)が下がるし、もし理不尽なイライラがオレにむかってこようもんならもう自分の中でのジンクスっちゅうか運っちゅうか、つまりすべての原動力であるテンション、気合い、そういったものにとって本当に最低最悪。ただほんとにコレはなかなか難しくて、Twitter見たら誰かが誰かに嫌味言ったり罵倒したり揶揄したりしてるし、普通に生活しててもイラッとされたりすることもあるしで、都合よく勝手に自分の運が上手くあがって欲しいと思うけど、世の中そこまで都合よくはないのでむずい。

そもそも運がどうこう言うのも結局は自分のテンションが上がることだけを目的としているのだから、自分のテンションが上がる方法をいっぱい考えて都合の良くない世の中に対抗していけばいいんじゃないか?

ってゆうかなぜテンションをあげないとイケないのかと言うと、なんか面白いものを作らないとダメだ、みたいな気持ちがあって、気分が落ち込んでたらなかなか作れないし、何が目標かというと、やっぱ自分がおもしろいと思う系

2013年8月12日月曜日

パシフィック・リム


パシフィック・リム見てきたよ!!!
ちゃんとIMAX 3Dで!
ユナイテッド・シネマとしまえんがわりと近いのがいい。
とりあえず字幕版を見た。

感想はね~~~ほんんんんんっっま最っ高やった!!!!!!!!!!!!!

もうあのでっかいロボットが怪獣と殴りあうっていうほぼそれだけの映画なんやけど、ほんまそれがもうマジで最強やねん。


ん~~~~~
感想は以上で終わり・・・。

なんちゅうか、そういう映画やねん。おもしろさとか凄さとかそういうの。ストーリーとかキャラの心情とかが重要ではない。もうちょっとプリミティブな、すっげー!!!みたいなところの映画。ただストーリーとかが重要ではないと言っても、そこはギレルモ・デル・トロなので、ダッサダサなことにはしないから安心していいけどね。
その、信頼のデル・トロ感ってどういうものなんだろうと思って考えてみたんだけど、
この映画ってロボットが怪獣を戦うだけの映画なので、一見するとトランスフォーマーとかとほぼ一緒のように見えるんだけど、トランスフォーマーは車みたいな機械がロボットに変形して人格もあって地球にとつぜんやってきて勝手に戦ってる話で、人間は狂言回しにすぎなくて、

見た感じ似てなくも無い・・・

しかも合間合間に人間同志のラブとかギャグとか、ロボとは無関係のバースが入ってくるっていう感じなんだけど、
こういう奴ら



パシフィック・リムでは突然地球に怪獣が現れて、人間はそれに対抗するためにロボットを作って自ら乗り込んで操縦して戦うっていう世界なのよ。



子供の頃のあるクリスマスの朝、枕元にサンタさん(という名の両親)からのプレゼントがおかれていて、オレがまったく知らない青いロボットのプラモデルだった。組み立てたら40センチくらいあって結構大きくて、子供のオレは「すっげーかっこいい!!!!」と超気に入ってしばらくずっとそれで遊んでた。ロボットを掴んでガシーン!ガシーン!!ドガーン!!って口で言いながら動かしてるだけなんだけど、頭のなかではもうすごいリアルな世界でそのロボットが戦ってるねんな。それである時そのプラモを超気に入り過ぎて、もう一体違うキャラが欲しいと親にねだって(オレは普段は親にものをねだったりはほぼしたことが無い。今までの人生で3回くらいのウチの1回)もう一体今度は赤いのを買ってもらった。ロボが2体になったので今度はコイツらが仲間だったり敵だったりするパターンでもう頭の中でストリーがめちゃ盛り上がるわけ。で、ロボットを掴んでガシーン!ガシーン!!ドガーン!!って口で言いながら動かしてるだけなんだけどめっちゃ楽しいわけ!!!!んである時、幼馴染の友達が遊びに来たので、じゃあ今オレが一番好きなこれで遊ぼうって言ってそのロボ2体を出してきてあそんでたの。そしたらさあ、オレがいつものようにガシーン!ガシーン!ってゆっくり動かしてパンチしようとしたら、ピューン!ドガーン!!とか言って体操選手みたいな動きをするわけよ。オレの中のこのロボ達のリアリティラインとは大きく違う動かし方をしてオレのロボを攻撃するの。そこでなんかすっっっごい興ざめしたっちゅうか悲しくなったっちゅうか、多分自分の作ってきた世界観が無視されて、イヤになっちゃったんやと思う。ほんでもうコレ以上オレのロボをそんな勝手に動かして欲しくないと思ってその遊びをやめた。っていう思い出があるんだけど。。。


やっぱ自分で動かしてるっていうところに燃えるよね。ロボが勝手にやってきて勝手に戦ってるんじゃなくて、人類の敵を自分たちで力をあわせて倒すんだ!っていう感じ。そこに熱い思いがうまれる。


モンスターズ・ユニバーシティとかパシフィック・リムとか、感動するのはなぜかアメリカの3DCG映画ばっかし。
ほんとCGは楽しいね。

2013年8月9日金曜日

恋する

恋するフォーチューン・クッキー聞くと、

♪未来は そんな悪くないよ~

っていう歌詞があって、そこ聞くと『ノーテンキだなー』っておもうんだけど、その次の歌詞が

♪Hey Hey Hey~~

って続くんだけど、そこまで聞くとなぜか未来はそんな悪くないよのノーテンキさが急に受け止めれるようなるねん。あ、未来はそんな悪くないのかも、みたいな。

ノーテンキにさらに輪をかけたノーテンキさが加算されてプラスになるみたいな感じ?