2013年7月26日金曜日

ピクサーとジブリと(思い出すたびにちょいちょい書き足していってる)

『モンスターズ・ユニバーシティ』と『風立ちぬ』を2本立てで見に行ってきたよ!!!!
ジブリとピクサーっていう、まさに日米を代表するアニメスタジオの作品なのでかなり期待して行った。
ちなみに金曜はユナイテッド・シネマの会員デーで、1本につき800円も安くなるのでかなりお得だ。3Dじゃない映画なら1000円!安い!!!


モンスターズ・ユニバーシティからみたんだけど、ほんまめっちゃ面白くって、最高だった。なんでも無いシーンでも風景とかそういうの見てるだけで感動して涙がでそうになってん。凄いものを作ってる。すごすぎる。良すぎる。最高や。なんでこんなにすごいの。

んで次に風立ちぬを見たんやけど、ほんとにねぇ、絵もすごいし、ストーリーもこう、なんというか、、、すごい、というか、ジーンとくるというか、それでいて熱い気持ちや愛とかもありつつ、、、みたいな。見終わった後、なんか心にグッときてた。
とにかくねぇ、絵がすごい。まぁもう絵が、ほんとに。絵がいいな~~すごいな~~~、出来ない。すごい。庵野のヘタな声優もめちゃよかった。棒読みの感じすごいいいよな~。くるものがある。

ただ、モンスターズ・ユニバーシティを見た直後だったせいか、「もっとポニョみたいなめちゃくちゃな絵とお話が見たいよ~~」と少しだけ思ってしまった。


この2本って全く違う作品だったんだけど、その違いってなんなんやろ、と考えてて、それは単に日本とアメリカの映画産業の規模の違いってのもあるだろうけど、やっぱりモンスターズ・ユニバーシティの方はひたすらにエンターテイメント、一方風立ちぬはかなり芸術だなーと思った。アメリカのものは規模がでかくて世界で売らないといけないためか、誰が見ても楽しめる普遍性みたいなものを作ろうとしてて、風立ちぬは結局は宮崎駿っていうキチガイの天才の個人的な思いや気持ちを表現しようとしてるんだなー。だって脚本ひとつとっても、モンはエンドロールで数えたら12人も脚本家がいて、多分そこからさらに監督とかジョン・ラセターみたいな偉い人がイイとか悪いとか言ってガンガン書きなおすんだろうし、一方風は天才の駿が一人で脚本から絵コンテからレイアウトまで全部やって、スタッフは背景と動画だけやる、くらいの感じだろうし、それがはっきり映画の内容に現れてる。

風立ちぬのキャラは結局全員まっすぐやねんな。まっすぐな人間。美しい人間。それが、まっすぐな道でさみしい、って言うか、う~~ん。モンスターズ・ユニバーシティは、やっぱ出来損ないのキャラ達やん。

モンスターズ・ユニバーシティを見てる時に、なんでも無いシーンでも風景とかそういうの見てるだけで感動して涙がでそうになったのは、多分そういう普遍性っぽい、誰でも楽しめるようにっていう感じがなぜか、オレに手を差し伸べてくれてる!って思って、風立ちぬの方はそれにくらべたら何かこうコレをわからないといけない・・・つまり駿の気持ちを俺たちはわからないといけないんだろうけど、ほんとにそれでいいのか?って思ってしまってさ。。。ちょっとだけ。
だから、バカな書き方をすると、風立ちぬは天才のための映画で、天才が美しく生きる映画だから、とってもとっても良い映画なんだけど、オレには手を差し伸べてないな~と思ったよ。わからんけど。

最近色んな人の動画とか見ててもさぁ、いわゆる”分かってる感”での”良さ”っていうのがほんとにもうね、一切わかんないの(泣)。これはオレが子供向けアニメとかお笑いしか見てきてない感受性の証拠なのかもしれないけど、とにかくそういう”分かってる感”が分からなくて、だからソレがみんなにウケてる理由もわからないし、同調圧力みたいなモノでイイとしてしまいガチなんだよね(オレは)。。。ただ、コレでいいのか?っていうモヤモヤがあって・・・。難しいねん。わかってないと楽しめない”アート”みたいなモノなのかもしれない。オレがバカなだけなのかもしれない。ただ、わからないだけ。(佐々木健介風に言いました。)

ただ、モンスターズ・ユニバーシティはそういうのが全くなくて、ひたすらに子供から大人まで楽しめるエンターテイメント、っていうのを集団で練りあげていってるから、分かってる感も含めて色んな切り口があちこちにある。
まぁ、単純に予算の規模が違うから、天才たちをいっぱい集めてお金をかけたらそりゃ最強でしょ、っていうのが日本の映画産業だと無理だろうし、だからこそ一人のキチガイの天才みたいなヤツがかなりの部分を背負ってやらないといけないぶん、エンターテイメントではなく芸術になっていくのかなとか思った。

あとは、モンスターズ・ユニバーシティを見た劇場に子供がめちゃめちゃ多くて、アイツらまじで上映中でも大声で笑ったりびっくりしたり大騒ぎするからそれがほんとに楽しかったのもでかい。アイツらがどこで笑ってたかメモっときゃよかったよ。また行こうかな。風立ちぬは大人が多くてシーンとしててポップコーンを噛む音にも気を使うくらいだった。

ってな感じで書いていくと微妙に、風立ちぬはつまんなかったわからなかった、みたいに言ってるように聞こえるかもしれないけど、これに関しては全然そんなことなくて初めにも書いたけど、なんかこう説明できないグッと心にくるものがあったし、良かったし、駿の思いがめっちゃ絵とお話に出てるからそれだけで見とかなきゃいけない映画やと思う。もうすぐ死ぬかもしらんし。ただ駿の芸術作品なんだなと思ったのよ。

ってなぐあいで、この2作を見たオレの結論としては、たのしいおもしろいのド直球はだからこそ難しいけどやっていかないといけないし、単にわかってる感でのゲームみたいな映像はバカのオレにはできないんだから無理するな、無理をするならド直球で、っていうこと。
もうとにかくほんとにモンスターズ・ユニバーシティには感動したのよ!!!!!
神様!!!!!!オレにおもしろい知恵を!!!!!!!!!

あとは今年の夏はまだ『パシフィック・リム』と『ワールドウォーZ』がある。楽しみだね!!!!

2013年7月25日木曜日

岡山

この前は岡山に行ってきて『もっと燃えろ岡山!〜Bose、岡山観光大使への道〜』に出たよ。2回目。すごい楽しかったけど、すごかったのはやっぱ前回に言ってたことが次には実現されているってことやねー。
顔はめパネルとかさ。
めっさええでコレ。
絵を描いてる途中で名前入れてみたらぐっとよくなった。
これを岡山駅の前とかにいきなり置いて、誰か顔はめしてるのを遠くから見たい。女子高生とかヤンキーとかがやってて欲しい。

あと今回用にアニメも作ったで。
久しぶりにこういうアニメ作ったけど(ほとんど作ったことないけど)いやぁかなりイイのが出来たよ。今の時代の逆を行く、岡山でしか見れない化したいな。youtubeにあげてもね~~~。

ほんでまぁイベントも色々楽しかったんだけど、次の日は、イベントでも紹介されていた、岡山の隠れた絶景スポット&絶叫マシーンを見に行ってきたよ。
鷲羽山というとこをちょっと登ったら、瀬戸内海やら瀬戸大橋やら、辺りを360°見渡せる絶景ポイントがあったのだ。
ほんで次は絶叫マシーンなんだけど、これがほんとにもうマジで・・・怖い。そんじょそこらのジェットコースターよりもはるかにスリルが味わえる。。。

こういうのとかイベントの模様とかがテレビせとうちで流れるってさ~~。なんてゆう番組かは知らねども、定期的にあるみたい。『アニメももやろう』も毎週やればいいのに。それがベストなのにな~~。ちょっとくらい空いてる時間あるでしょ~~~。

とにかく、色々やってて進めていっててマジすごいな~って思う。
オレなんか何事にも乗っかるくらいしか出来ないもんね。
でもこれからまたちょこちょこ色々やろうと思ってるよ。

2013年7月23日火曜日

票票票

今回オレもいちおー投票に行ったんだけど、もちろん何が変わるとも全く思わなくて誰に入れても一緒だと思うから、投票行って名前書くトコでテキトーに決めたんだけど、一瞬ドクター中松に入れようかと思って、でもやっぱり、入れることが出来なかった。オレはほんとにダメだと思った。考えて入れることも出来なければ、冗談で入れることすらもできない。このへんのセンスが完全に無いんだな~~~。

2013年7月19日金曜日

流行

選挙が流行ってる。。。
前に、もう絶対投票なんて行かねーー!!!と思ったのにもかかわらず、サッカーワールドカップの感じでオレもちょいちょい見たり考えたりしちゃう・・・。

んで色々考えてここに1回書いてみたけどどーでもよくなってきて消しちゃった。


んなことより自分の仕事のことを考えるべきだと思った。国のこととか考えるのなんてオレはやめる。いつか金持ちになったら色々お国の為に貢献するからさ。太陽電池をタクラマカン砂漠に敷き詰めるからさ。今はもう考えないよ。誰かが考えてくれたらいいし、投票も、誰かがおすすめしてくれた人とか党とかに入れるわ。誰かオススメしてください。んなことよりも、オレはアイアンライダーとかももやろうとか、この先どうやってオレは食っていくんだとか、そういうのを考える方が切実やで。

また流行に流されそうになっちゃったよ。
といいつつ流行にのってこんなの売ってます。
選挙TEEどえーす!
フォルダに入ってたキャラに流行語である選挙って書いただけ。



頑張ります。

2013年7月18日木曜日

ちょっと元気がなくなったかなんかで、みんなオレのこと嫌いなんだろうな~、とかふと思っちゃう事ある?昔っからたまになるんだけど、こりゃどうしようもねーって感じでイヤな気分になる。ほっときゃなくなってるんだけどさ~~・・・。
たぶんねー、

2013年7月12日金曜日

ちょっとしたアニメーションのシナリオを書いてるんだけど楽しいね。むずいけど。
これで出来上がったら絵コンテ描いて、アニメつくろーっと。
がんばんべ〜〜〜!

2013年7月9日火曜日

na

『嘆きのピエタ』

モンスターズ・ユニバーシティ観に行かなきゃ

2013年7月6日土曜日

ムーチョスグラシアス

英語のメールが来てなんじゃらほい?ておもって読んでみたら、オレが冗談で作ってアップしてたテストムービーを見てくれたっぽくて、それで、おれらがやってるプロジェクトに協力して欲しいナリ~、こういうのを作りたくて、役者はこの人達!デモ動画はこんなんだからチェケラしてミソ!興味と時間があったら返信くれチョ~~!・・・みたいな英語で、おもしろそうだなーって思うから断る理由もないんだけど、向こうのお誘いがさぁ、いやオレのここに注目する!?他にアップしてる動画って見た?・・・っていうようなところで、あとは。ファニーさで売ってきたオレにファニーさ抜きの見た目のクオリティのみ問うてるよね?そんな作業をオレ責任持って結果出せるんかなー・・・うーーん・・・

ボキ、自信ないかも・・・

と思って一瞬怯んじゃったんだけど、なんで、そこにOK!ALL RIGHT!!!! I can do it!!!!って言えないのかなーと考えてたらハッ!となったんだけど、それのまずは1つ目、オレってもしかして、”ファニーさ”だったり見た目のある種”間抜けさ”みたいなところに甘えてたんじゃないかな?って思って、つまり、見た目のクオリティって映像においては当たり前の部分なんだけど(もちろんクオリティにも色々あって、ハリウッド映画のクオリティとアンパンマンのクオリティは種類が違って、どちらもちゃんとそのクオリティを全うしてる、っていう意味で。)それをファニーとか間抜けとかそういうので誤魔化してたんかなーみたいな。それでこのブログで毎日のように考えてみたり悩んでみたり鼓舞してみたり。2つ目、オレはとんでもなく実力が無いのでは?具体的には才能やセンスが全く無いんじゃないの!?って思って、でもタモリも言ってるけど(ソースがTwitterだかFacebookなのでほんとにタモリの言葉かどうかはわからない)、仕事なんてのは常に実力よりも高めのものが来る。ただ、それはチャンスだから絶対怯んではいけない。とのことなので、納期が短かろうが予算がなかろうが英語だろうがダメ出しされまくろうがなんだろうが怯まずやるっきゃ騎士。ダメで元々だしやらなかったらそもそも何もないしね~。
うん、なんでもやったるぞ!!!!って決めたら楽しくなってきたよ。
まぁほんと向こう的にオレでいいのかってことだけど、常に、オレはできる!やったらできる子!だと思うしかないっしょおおお!!!
冷静に考えたら、勢いだけでは色々出来ない部分もある。そんな重々承知してます!けど、わかんないけど、とにかくなんだ、あーだこーだ言ってるより遥かにマシっしょ、っていう・・・感じ?

2013年7月5日金曜日

まじか2013

やばいやばいやばいーーーー!
やばいことにきづいちまったのかもオレ。。。

2013年7月4日木曜日

a

オレは中高男子校だったのが自分にとってはほんとよかったとつくづく思うのが、女子がいないからウザイ軋轢が一切なかったことだよ。コレは声を大にしていいたいけど、特に若い人にとって恋愛は時間と金の無駄だって事。若いころの貴重な時間と金を、恋愛みたいな得られるモノの少ない行動にかけてしまうのは本当にもったいないよ。付き合ってるとかでもうグダグダ時間潰してるのがほんとに時間の無駄だなーと思う。かっこつけたりとか嘘とか嫉妬とかそういうのがマジめんどくさい。クソしょうもないからどーでもいいの。
喫茶店とか行ってコーヒーに400円払うなら絶対マンガ買いたいし、コーヒー飲みたいならコンビニで100円で買って道端に座って飲んだらいいんじゃないの、っていう価値観がいまだにあるもん。そういうところも恋愛に向いてないのよオレは。

ほんで、
『惡の華』おもしろいね~。マンガ読んだんだけど。いやー確かに中学生の時のあの閉塞感っていうか、周りを黒くて固いモヤで覆われてしまってるみたいな感じって独特やったなーと思い出した。ぶっ殺してぇ!みたいな。まぁあんな文学がどうのとかは自分には無かったしあんな深刻にはまったくもって捉えてなかったけど、漠然と閉塞モヤ感みたいなのはあったなーと思った。ただ、やっぱりオレと春日くんとで全く違うところは、アイツは思春期に共学で女子に囲まれてることだよ!!!女子がいるから悩みが増えたり孤独が強くなるんだって!!!さして厳しい校則が無かったり女子がいたり、なまじっか自由があるからより不自由さを感じるんだって。オレみたいに中途半端な進学校が一番タチが悪くて、俺たち生徒は温室育ちのボンボンばっかしやから反抗とかしないから校則は厳しいし先生は調子乗ってるし、やっぱ春日くん行ってる公立中学の環境よりはるかに不自由やったって絶対!
・・・って自分の話がしたいのじゃなくて、春日くんみたいなの、ああゆうの考えてたよなーって話で。そういえば、中高のクラスメイトに一人春日くんみたいなのがいて、そいつも本を読みまくってて高校になって学校に来なくなってそのあと自殺しって聞いてビビった。

とにかくまぁなんっていうか、ああゆう妄想がいき過ぎて自分の殻を破って出てくるみたいなのが逆にリアルな中学生やなーと思った。

んでねー高校編になったら一転爽やかでキラキラした話が今のところつづいてるのよー!!!こっちのはまさにオレの理想の高校生活だからこれまた好き。恋愛なんてこういうマンガで読むだけでいいよ!!!

2013年7月2日火曜日

UNICAT

普通じゃないこと、単純明快、変な奴に愛情を、分解解体再構築、みたいな感じのところで考えていこうかなーと思ってて、まぁ色々考えてはいるんだけど、何からやっていいやら、どれから手をつけていこうか、それで結局また今は技術的なところで色々グチャグチャやっとります。
ほんで本題なんやけど、今日さっきたまたまテレビをつけっぱなしにしてたら、「ラブホリ王子様」という番組がはじまったんだけど、それがほんとにまじキチガイで最高だった。女子の一人称視点でドラマがすすむんだけど、こっちのセリフは全部文字で、ソレに対して大学の同級生と思しきイケメンがめっちゃ話しかけてきて、授業中に手紙を紙飛行機にしてとばしてきたり、色々恥ずかしいことをしてくるんだけど、もうね、コレがね、なんつうか、彼はナルシストとか通り越えた、狂い、というかキチガイというか、自殺したくなるかヘロインやりたくなるようなレベルの演技で延々色々やってくるんやけど(AVでよくあるやつで、質問されながら色々いじられたりHなことをされるやつ。あれと全く同じシステム)ほんとにすごい威力だった。
やっぱやるならこれくらいのことをしないとダメだと思った。マジで戦慄みたいなの走ったもん。youtubeにいっぱいビックリ映像あるやん?交通事故とか、ビルとビルの間で綱渡りしてて落ちるとか、そういうの見た時にケツの穴がキューッ!!!てなる感覚、それがかなりの頻度で起きてん。