2013年12月5日木曜日

最近ラジオで立て続けに「キチガイ」っていう言葉を聴いて、1つは数分後に謝罪の言葉を言っていてもう一つはなんにもなかった。ちなみにどっちかっつうと、謝罪の無かった方が大きな放送局での番組だった。謝罪するかしないかはそれぞれの番組に委ねられるみたいやね。まぁ広告主によったりもすんのかな。
とにかく、謝罪をしなかったのを聴いてなんかしらんけど、すごく気分がよかったな~。

キチガイって言葉おもしろいもんな~。今の感覚だと天才との紙一重の存在みたいな意味で使われてるよね、むしろ。

精神病とか知的障害の人に対してキチガイとか今は言わないよな。それぞれの病名で言うと思うし。
その昔は精神病のヤツには狐憑きとか言ってたらしいけど、狐憑きは放送禁止用語じゃないのかな?

昔、国語の先生が俺らにキレて怒ってる時に「そんなもんアホでもチョンでもわかるぞ!!!」っつって怒鳴ってたのがおもろかった。よりにもよって国語の先生がチョンとか使うなやwwみたいな。
朝鮮人のことをチョンとか言ってるのなんてほぼ知らなかったし使ったことなかったんだけど、おっさん・じじいらは普通に使ってて、インスタントカメラをわざわざバカチョンカメラとか言ってるのもおっさん・じじいの世代やったね。

ちんこはよくてまんこはダメ、も解明されない謎だね。
まんこ、ってテレビで聴いたら多分聴いた人の頭がキチガイになって羊水が腐っちゃうんだと思うけど・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿