2013年10月24日木曜日

例の

例の、あの、来月あたりかなり話題になってるかと思われる、例の、あの、歌手、女性の、歌手、作詞作曲もしている、あの、歌手の、以前出たCDアルバムの、デラックスバージョンで再発の、2枚組でDVDが付く例の、あの歌手の、来月あたり例のあのアニメの、映画の、主題歌を歌ってるから話題になると思われるあの例の、歌手の、以前出たCDアルバムがデラックスバージョンとしてCDプラスDVDで再発されるそのDVDの方の、盤面デザインっちゅうかイラスト描いたよ~~!!!!いえ~~い。

ほんで、やっぱデザイン的なことっちゅうかグラフィックデザイン的な考えとか技術や知識がねーとダメなんかなーとか思って、またもや美大憧れが再燃したんだけど、よく考えたらオレなんかイラストも映像もCGも全部独学なんやから、いや独学っていうのも違って、単にネットで調べただけか。まぁとにかくデザイン的なことも独学でできんだろ!と思ってデザインの基礎みたいな本とか調べたら、いわゆる定番の教科書みたいなモノって無いみたい。
美大でどんな授業してるのか全然わからんし、美大に行った人の中には特に何か教えてもらったわけでは無いと話す人もいるし、まぁ課題があって作って講評されて、みたいなのはあるっぽくて、そーいうのは勉強になるっちゅうか鍛えられるかな~とか思うけど、、、っていうか、やっと気づいたけど、仕事があんじゃん!!!
仕事の依頼がきたら絶対課題みたいなものがあるから、そこに色々考えて作って出したらクライアントや世間が講評してくれるし!!!
あとね、肝心のデザインとかそーゆーのの勉強自体は、単に本なり映像なり商品なり広告なりそういうのを色々見てりゃ勉強になるんじゃん!!と気づいた。これいいな~好きだな~かっこいいな~おもしろいな~って思うものなんてありまくるしね~~。それのどこがかっこいいかおもしろいかを、色とか形とか分析して色んな要素にわけて取り入れていったらいいんちゃう?構図とかはさっぱりわからんけど、まぁいつかわかるっしょ。
というわけで学ぶは真似ぶで勉強して仕事に活かして美大の代わりとします。
美大の学費が4年で400万かかるとしたらこのアイデアはなかなかコストパフォーマンス高いよね。まぁそもそも仕事が来るっていうのが前提になってるとこがアレだけどさ。まぁオレのような温室に生えた雑草みたいなタイプにはなかなか使えるわざだ。というかずっとそうしてきてた。でももっと意識的に勉強しなきゃね。見た目を良くしていきたいから。


0 件のコメント:

コメントを投稿