2013年9月14日土曜日

もっと

自信がなくなってる時ってのはだいたいが目標が見えてない時でそこに漠然と不安を感じるから自信がなくなるのかな。
とにかく自信というか、やる気や目標、数週間~週ヶ月の仕事単位だったり年単位でキャリアの事だったり、人生の事だったり、日々の事だったりで、やる気や目標も変わってくるけど、とにかく、今年はそんな目標とかやる気とかの源みたいなものを与えてくれる映画にたくさん出会った。
横道世之介、パシフィック・リム、そしてモンスターズ・ユニバーシティだ。
横道世之介は癒し系というか、見てるとほんとに心が落ち着く。
パシフィック・リムは圧倒されるんだけど、感動する。半端じゃないものはすごい。
でもねぇ、やっぱりモンスターズ・ユニバーシティは自分にとって特別だ。
見てると、もうね、キャラ達がマジで生きてるねん。演技がすごいねん。それでまず圧倒的に感動する。命が吹きこまれてるよーーー!!!!!!って感じ。周りの世界もそう。木とか建物とかもほんとに作りこまれてて、マジでその世界がある。って思える。それで泣きそうになる。もうこれ作るのマジ本気マジやで。キャラだけ取ってもさぁ、CGのキャラをモデリングして動かしてレンダリングするんだけど、全部がすごくないとアレはでけへんねん。オレもちょっとCGアニメに入門したんやけど、まぁもうものすごい作業量。手描きが嫌になったから始めたのに手描きよりめんどくさい。工程が多すぎる!!!!描いたら絵になるっていうのとは違う!(まぁ手描きが描いたら終いとは言ったけど、描くことそのものにむちゃむちゃ技術とか色々ひつようなんだけどさ。そこに挫折したんだけどさ。)
とにかくこれらの作品を見るとその魅力にすごく気分がよくなる。パシフィック・リムとかモンスターズ・ユニバーシティなんかすごすぎて、オレなんかまだまだいっぱいやらなアカンことあるやん!何をしょうもないことでゴニョゴニョ言ってるんだ、、、って思うねん。くよくよしてると視野がギューーーっと狭くなる。もっと視野を広く!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿