2013年7月4日木曜日

a

オレは中高男子校だったのが自分にとってはほんとよかったとつくづく思うのが、女子がいないからウザイ軋轢が一切なかったことだよ。コレは声を大にしていいたいけど、特に若い人にとって恋愛は時間と金の無駄だって事。若いころの貴重な時間と金を、恋愛みたいな得られるモノの少ない行動にかけてしまうのは本当にもったいないよ。付き合ってるとかでもうグダグダ時間潰してるのがほんとに時間の無駄だなーと思う。かっこつけたりとか嘘とか嫉妬とかそういうのがマジめんどくさい。クソしょうもないからどーでもいいの。
喫茶店とか行ってコーヒーに400円払うなら絶対マンガ買いたいし、コーヒー飲みたいならコンビニで100円で買って道端に座って飲んだらいいんじゃないの、っていう価値観がいまだにあるもん。そういうところも恋愛に向いてないのよオレは。

ほんで、
『惡の華』おもしろいね~。マンガ読んだんだけど。いやー確かに中学生の時のあの閉塞感っていうか、周りを黒くて固いモヤで覆われてしまってるみたいな感じって独特やったなーと思い出した。ぶっ殺してぇ!みたいな。まぁあんな文学がどうのとかは自分には無かったしあんな深刻にはまったくもって捉えてなかったけど、漠然と閉塞モヤ感みたいなのはあったなーと思った。ただ、やっぱりオレと春日くんとで全く違うところは、アイツは思春期に共学で女子に囲まれてることだよ!!!女子がいるから悩みが増えたり孤独が強くなるんだって!!!さして厳しい校則が無かったり女子がいたり、なまじっか自由があるからより不自由さを感じるんだって。オレみたいに中途半端な進学校が一番タチが悪くて、俺たち生徒は温室育ちのボンボンばっかしやから反抗とかしないから校則は厳しいし先生は調子乗ってるし、やっぱ春日くん行ってる公立中学の環境よりはるかに不自由やったって絶対!
・・・って自分の話がしたいのじゃなくて、春日くんみたいなの、ああゆうの考えてたよなーって話で。そういえば、中高のクラスメイトに一人春日くんみたいなのがいて、そいつも本を読みまくってて高校になって学校に来なくなってそのあと自殺しって聞いてビビった。

とにかくまぁなんっていうか、ああゆう妄想がいき過ぎて自分の殻を破って出てくるみたいなのが逆にリアルな中学生やなーと思った。

んでねー高校編になったら一転爽やかでキラキラした話が今のところつづいてるのよー!!!こっちのはまさにオレの理想の高校生活だからこれまた好き。恋愛なんてこういうマンガで読むだけでいいよ!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿