2013年6月13日木曜日

INUちゃん

最近youtubeで犬ちゃんの動画をよく見てる。
奥さんは子供の頃に犬を5匹くらい飼ってたらしくて、自分が生まれる前から何匹もいたらしいんだけど、赤ちゃんに噛みついたりしないのか不安になって聞いてみたら、犬は絶対にそういうのしないらしくむしろ親くらいの気持ちで接してくるらしい。子供の頃に怒られたりしてヘコんでたらそういう空気も読んで付かず離れずの位置にチョコンと座って見守ってくれたりする、っていう話を聞いて感動したよ。そういえばyoutubeで、なんかの画像をじっと見てたら突然怖いお化け女がギャー!!!って叫んでそれでびっくりしてる人の動画を大量にまとめた動画、を見てたらその中で、子供3人くらいがびっくりしてギャー!ってなってその一番小さい子がウワーン!って泣き出したんだけど、その場にいた犬が、ギャー!ってみんなが叫んだ瞬間はその声に驚いて焦ってダダダ!って逃げてたんだけど、その直後に一番小さな子が泣き出したその刹那その瞬間即座にその子の元に駆け寄って『どした?大丈夫か?』ってな顔で来てん。ああコレが犬なんだな~と思った。あとコレは映画だけどグラン・トリノでさぁ隣の家のスーが暴行されてコワルスキーが自棄になって家でひとしきり暴れた後にソファーに呆然と座ってる時、やっぱり付かず離れずの距離で犬ちゃんが付いてるんだよな~~さすが犬。犬飼いたい。

まぁとにかくそういう犬のそういうのとかほんと好きでyoutubeで犬ちゃん動画をよく見てるんだけど、大半がどっかの家の誰かが自分ちのきゃわゆい犬とかネコを撮ってるだけなんだけど、ちょっと一芸あったら再生回数が5万10万すぐいってるのよ。あとまぁ赤ちゃん動画もすごい回数いくけど。赤ちゃんがめっちゃ笑ってるとかだけでさ。

でさぁ、普通は映像に予算と時間と人間を結構な数を投入するけど・・・う~~ん、犬ちゃんネコちゃん赤ちゃんにゃかなわないことが多い。
これね、むっちゃかわいいけど、店の犬ちゃんをテキトーに撮っただけでね、11万回再生!11万て数字は実はなかなかいきまへんで!?


赤ちゃんと犬だと
338万回再生!!!!!!!きゃりーぱみゅぱみゅ級っす。日本で一番人気ある歌手級の再生回数。


これと、例えばMVやPR動画と比べると(すくなくともYouTube上では)コストパフォーマンス高いよね。なかなかまぁ一概には比べられないけども。
この犬ちゃん動画をBGMにミュージシャンの曲をスライドして流してMVでっせ、っていうのもなんか違う感じするもんね。
だって興味をひくようなタイトルがまず重要っぽいし、あと生の音声が重要やし。
ただ、そういう考え方は1つ確実に有るなと思うのよ。
まぁなんつうか、結局技術じゃなくてアイデアのほうが1億倍重要だということがやっとわかったし、結局は、技術っつったかて最初のアイデアを実現できる技術のある人に振っていく方が全体的にスムーズかつラクかつクオリティも期待できるということ。いわゆるディレクションというやつなんすかね。一説にはコミュニケーション能力というやつ。ま、普通の会社とか全部こういうことなんか。そういう当たり前のことがわからなくてできなくてね~~~・・・いやいやいやいや、まぁアイデアっすね。
脳っす。
犬ちゃんの動画が100万再生されるのにオレは100万とかいったこと1回もないのはなぜだ、っていうことなのだよ!
おもしろいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿