2013年6月24日月曜日

KANYEの新しいアルバム聞いてる。いつもふざけててかっちょいいねー。まぁ何言ってるかいっこもわからんからほぼトラックしか聞いてないんだけどさ。
それにしてもラップってほんとなんでもありやな。音楽ではHIP HOPが一番変なヤツが集まってると思うんだけど、それもHIP HOPがなんでもアリだし、極論なにかしら音に合わせてなにかしら言ってたらその時点でラップって言ってもいいし、それだけに誰でもできるっていうハードルの低さはある。まぁちゃんとしたラップをしようと思ったら韻がどうのとか色々あってむずいけどね。でも、バンドだとやっぱ根底には歌が上手い楽器が上手いってのがあるからなー。何気ないバンドでも売れてるのはまずやっぱ普通にみんな上手い。でも練習がめんどくさいよ。ラップだとその辺は無いもん。歌が上手いとかいらんもんな。まぁフロウとか歌的な要素もあるし、うまい歌詞考えたりしないといけないし、トラック作らないといけないからラクってわけじゃないんだけど、でもそれがまず作品作りにつながってるもん。バンドは練習してある程度上手くなってやっとスタートラインってとこあるし。。。まぁなんでもやりながら上手くなっていくもんなんだろうけど。とにかくHIP HOPはなんでもアリ感がすごいおもしろいし、その分他のジャンルよりも個性・キャラ力が問われるジャンルだなー。




難しく考えていたようだけど、まずは、単純に見てびっくりするような、笑えるような、ガでだったり力が抜けるってなモノが一目でわかる、簡単だけど強いものからはじめなきゃね。

というか、そういうのもうやめて、アニメがどうとかCGがどうとか表現すらもどうでもいい、一番根底からアイデアを練らないとマジほんとに終わるね。
うわーーやばいやばい。
何やってたんだオレ!
んーーーー!!!!!!!!!!
楽しくなってきたよ!!!!!
大事なことなので2回いうけどアニメがどうとかCGがどうとかどうでもいいってとこから考えないとだみだこれわ!!!!!!!!!!!!


0 件のコメント:

コメントを投稿