2013年6月7日金曜日

独特の世界観で誰もやらない事を真っ正面からズバーーーっとつく

『不思議惑星キン・ザ・ザ』また見てるんだけど、おもしろくって好きだなー。ロシア語がやっぱおもしろいし、フォントはやっぱかっこいいし。
大学の時に第2外国語を最初は中国語を選択したんだけど難しくって授業に行かなくなったから、次は楽勝の呼び声高いロシア語を選んだら、ほんとに単位を撮るのが楽勝すぎた。まず3年生以上で語学のクラスを取ってるヤツが少ない上にロシア語は全く人気がないので、教室に行ったらオレしか来てねぇ、みたいな時も余裕であったし、ひどい先生の時は全10回くらいの授業に1回でも出てレポート(クソみたいにテキトーでいい。)を提出したら単位がもらえたしね。でもその年齢の先生だとロシア語を学んでる時代はソ連だからソ連時代のことを色々話してくれて楽しかった。通訳のバイトはかなりおいしかったとか、ソ連に渡航する時はスパイかどうか審査されたとか。


で、ずっと前にアルツさんのレーベルから出してもらったレコードのコメントで『音源もやっぱり独特の世界観で誰もやらない事を真っ正面からズバーーーっとついた痛快な内容。』って書いてて、これだ!!!と思ったよ!!!!!!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿