2013年1月30日水曜日

未修羅

今日は東京芸大の卒展修了展にぷらっと行ってみた。去年は横浜でやってて今回は藝大のキャンパスでやっとったけど同じヤツなんかな?まぁいっか。
今年見て思ったのは、『あ~~命かけて作らないとダメなんだな~』みたいなこと。去年ブログで、『なんかう~~ん』みたいな感想のコメント書いたんやけど、それはなんちゅうかこう、東京芸大、っていうか、美大憧れがどうしても俺にあるから、卒業制作とかそういうのに過大な期待をしてるんやろなって思った。もうね、仕事とか納期とか予算とか制約なしにやりたいこと超ぶつけてみたけど!!!みたいなのを期待しちゃってて、、、でも考えてみたら、言うても作ってる人達は22歳とか25歳とかそのくらいの単なる学生なわけで、絵描きやら彫刻家としてメシ食ってたり名前を耳にするようなくらい有名だったりするわけじゃないねんな~~~。しかも、学生やから、時間はあっても金がない。金がなかったら、作りたいもんも満足に作れないもんね!!わかるわかる!!!しかも基本1人で作ってるんやろ?大変だよな!さらに、学生時代の俺と重ねて考えてみたら、22って言ったってビジョンなんか一切ねェし、単に粋がってるだけのバカだったしね・・・。そういう年代の人に、まぁ一部の人はすごい意識高い系の人とか頭がいい人はバシーン!と学生時代から色々やってて認められたりしてるんやろけど、その他大勢の人は、ま、東京芸大っていったって、フツー・・・だよね、そりゃさ。。。なんかこう期待しすぎちゃってたよ。なかには好みのヤツもあったけど、忘れた!!!!!なんか、デカイ絵とか立体は基本好きやで!!!!大雑把!
そんでそこで思った『あ~~命かけて作らないとダメなんだな~』っていうのは何かというと、広い藝大のキャンパスを、俺はなにかしら命かけてるみたいなおもしろいヤツを見たくて練り歩いてたなと思って、あ~それって自分ができてないからそういうの求めて探してるんかもな~って思ってん。
だからまぁそういう感じで命かけるっていうか頭おかしくなってる系でいっちょ頑張ろかなと思った。
せっかく楽しい仕事があることやし・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿