2012年12月17日月曜日

『ヱヴァQ』見に行ってきたよ〜〜
めっちゃめちゃおもしろかった!!!!
とりあえずお話の方はおいといて、中盤までのアクションシーンがほんまに身を乗り出して見てしまったほどにおもしろかった!!!!!
もうね、3Dと作画と演出と音楽と全部が入り乱れて燃える映像がもうほんまに最高。
もっかい見たいよ〜〜〜〜。


ただ、やっぱりシンジくんとかレイとかゲンドウが昔っから大嫌いでさぁ~~~。特にシンジ。あいつらが悩んでるとこをみても愉快になれないし共感なんか全くできたことない。アスカなら感情移入できるし見た目も好きなんやけどさ。

ストーリーもねぇ、エヴァ!って感じで、何かすごいことを言ってそうで何も言ってないっていう・・・。

某評論で見てすっごい納得したのは、エヴァにある大量のメタファーには何も意味がなく、表層で判断したほうがいい、アンディ・ウォーホル的に、って言ってて、おもしろかった。庵野は脳(ゼーレ)を捨てて脊髄反射(神経・ネルフ)だけでかっこいいと思えるシーンを紡いでいってる人、なんだって!納得!!!!おもしろいなぁ~~~。

ま、つまり、戦闘シーンだけもう一度みたい。
悩んでるのはどうでもいい!!!!!!!!!!!!!!!



あ〜『悪の教典』がみたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿