2012年12月20日木曜日

さっと

なんとなく、最近、というか今年は3DCGを色々やってみて、というのも自分の作風に限界っていうか、行き詰まり、飽き、を感じて、具体的に言うと、手書きのアニメーションで目標としてるのが一般のアニメ、ドラゴンボールとかマギカみたいなアニメになってきたんだけど、画力や演出力も全然足りないけど、それは努力でカバーできるとしても、やっぱり時間と金っていう物理的な問題に打ちひしがれて、めんどくせーと思って、それならCGて、キャラ一発作ってもうたらあとはもうどうでも動かしていい、みたいなところに惹かれまくって、それで突如CGにシフトしたんだけど、こちらはこちらで似たような問題があって、キャラのモデリングとかならまだなんとか頑張って工夫して作るし照明とかマテリアルとかも勉強するけど、やっぱりレンダリングにハイパー時間がかかる、つまりこちらはCPUっていう物理的な問題がめちゃめちゃあって、1コマレンダリングするのに20分かかったら、1秒のアニメをレンダリングするのに10時間、1分で600時間!!!!!!????っていう嫌さがある。
そんで、このへんの物理的問題は文句言ってても全く始まらない、っていうことにやっと気づいて、その上でずっと作りたいものとか今後の事について全く空っぽ状態やってさ、それで、思うのは、この前のフィジカルテンポの時でも思ったことで、ほんまに作りたいものを作るっていうことにビジョンを置かなきゃアカンのじゃないか、っていうか、自分みたいなあんまり深く物事を考えられないっつうか先のことを予測して動けない人間には、その自分の面白いと思う事を証明するしか無いような気がして・・・、うむむ、つまり、やりたいことに集中しないとバカだろってこと、かなぁ。。。あと、何かを作るときに苦手な部分をすごい排除して、それ全体をやめてしまう、もしくはそこにひっぱられて全体が疎かになっちゃう、みたいなのがすっごいめんどくさいもったいないことで、そういうのが今年は多かった。でも例えば俺は背景を描いたり作ったりすんのがめっちゃ苦手意識があるんやけど、そこで苦手な背景に時間を取られるなら、例えばいっそのことそこは実写にしたらええやん、って考えてやったのがちゅうぶらりんで、そういうやり方いい意味で手を抜く、とか、あとは一番できないところだけど、手伝ってもらうとかね。背景やってもらうとか、って感じでもっとやったらええのかなぁ~って思った。。
ま、そういうのが来年はちゃんとやらなアカンとこ。
自分がおもしろいと思うことを増やして、炸裂させたい。それしかないぜ!!!エヴァQの某評論での庵野さん批評での、脳をなくして神経反射のみでかっこいいのを紡ぐっていう手法、それを自分なりにとりあえずやっていこう!!!!っていう。。。シンジくんみたいに延々とグチグチウジウジしててもウザいだけだし、今の世の中ってそういうウジウジなんかクソだから、やっぱし燃えていくっきゃないな。つうか、やって、見せて、ってしていかないと、食ってけないんだよ!!!!!!!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿