2012年6月5日火曜日

ビデオDEダンス

ビデオDEダンス
 
Director : 坂本 渉太 shotasakamoto.com
LOGO & Graphics : 斉藤 順也 / powergraphixx power-graphixx.com
Camera : 村上 ヨシタカ
Art : 岩瀬 ナオミ
PM : 師田悠三
Sound : 森 雄大 / neco眠る neconemuru.exblog.jp
Special Thanks : 坂本 千亜樹


この動画いいでしょ!!!
CGキャラの演技がやばいよ。楽しすぎる!!!!
撮影も楽しかったしね。
打ち合わせしてコンテ考えて相談して部屋みて美術やって撮影して、っていうのを上記のクレジットの人と、スペシャの小山さんとみんなでやったのが楽しかった。
撮影終わってからはCGをがっつりやるんやけど、これまた3DCGのキャラって、顔とか色々動かしたり出来るようにするのとか、テクスチャとかって大体キャラを動かしながらは作っていけなくて、演技とかダンスをさせる前にちゃんと準備して作っておかないとアカンからむずかった。
んでまぁキャラのセッティングをしてダンスや演技させる。
今回は音楽をneco眠るに依頼したんだけど、森くんがエディットした曲を聞いた瞬間にうごきとかダンス、あとは動画のカットがバーーっとできていったので、やっぱり音楽は重要だし、エンガワは楽しいし、ねこねむるいいなーと思った。再始動が楽しみだよホント・・・。
んで動きができたら、撮影した動画をマッチムーブ?トラッキングして3Dソフトに読み込んで、実際に部屋に配置して、キャラと影とロゴを別々に連番でレンダリングする。
画像ができたら次は撮影した実写とレンダリングしたCGをまとめる。
実写とCGの馴染みの作業がおもしろくて、例えば実写からノイズ具合をサンプリングして合成部に当てはめて、馴染ませたりもできたり(今回はあえてやってないんだけど)あとは色なんやけど、コレがなかなかむずかしくてあんまりうまくできへんけど、写真のレタッチっていうの?違うか、カラコレ?それは専門の熟練の技があるっぽい。
お任せ出来る部分は専門の人にお任せして、っていうのが初体験で新鮮だったけどこりゃいいやと思った。負担が減るとすごいやる気になる。モンスターエナジー100本分くらいやる気出るよ。
とにかくそういうのを色々やるのが楽しかった。
コレが仕事なんだから最高だよ。

とにかく仕事がひとつある度に、次に繋げるためにもひとつは技術的なトライとかやったことないことをしたいな。試行錯誤するのに時間がかかってクオリティを詰められないという本末転倒な危険性も十分に孕んでいるんだけど、やらなかったら単なる作業になっちゃうしね。そういう意味でやっぱりWiennersのPVで3DCGをやらせてもらえてほんとによかった。あそこであんな挑戦させてもらえなかったら今みたいな楽しいのも出来てないだろうし。
次のもトライするつもり。自分的にはかなりの挑戦。

0 件のコメント:

コメントを投稿