2008年11月15日土曜日

[]会社風




ちょうど一年前に一日だけスーツ着て見習いで働いた滋賀の会社からまた電話が掛かってきた。いい感じの人たちだったがなぜかいやになって一日で行かなくなった会社。

確か初夏のころにも一度電話が掛かってきて、ネットアニメの製作会社みたいなとこの社長の人に紹介しとくから会ってみろ電話してみろというので「ハイ!」と言って何もしなかったら次の日にまた掛かってきて「電話してないやろ!」と言われて「スイマセン!」「じゃ今度こそ電話掛けや」「ハイ!」でまた掛けなかった、という事件以来の電話だ。用件はまたその製作会社のお勧めだった。

こんなに無視とか生返事しまくってるオレにそんな有難いお話を持ってきてくれるなんて、多分オレくらいの学歴とスキルとユーモアと腰の低さがちょうどいいのかな?給料も別になんぼでもいいというスタンスやし。ただ、そこの製作会社の作ってるものが全然面白いものが無く、悪く言ったらセンスも技術も演出も全部かじった程度の素人レベルで、そんなとこで働いたら金はもらえるかも知らんけどそんなリアルダサいヤツらと仲間と思われたらイヤだという気持ちがでかすぎる。あんなおもんない作品でどうやって食っているのかと思ったら、アニメ製作事業はサブで、別に本事業があるとの事。システム開発みたいなん。

電話ではその製作会社の話以外にも少し色々話をした。この人はその滋賀の会社の部長みたいな人で、32歳くらいの爽やかめちゃいい人間で、こんなオレのこともいまだに心配してくれている。ネットショップの運営とか興味ないか?とか仕事に誘ってくれる。ただこればかりは興味も自信も無いので丁重にお断りさせて頂いた。

仕事を一緒にするならマジメな人かおもろい人かどっちがいいんやろ?
人生のスタンスは仕事によって決まるのか





0 件のコメント:

コメントを投稿