2011年12月2日金曜日

感想2



ロンドンではスーパーの店員とか駅員とかバスの運転手とかそういう人が全員黒人が中東系か頭の悪そうな白人だった。
格差社会って感じがしておもしろかった。
貴族の国やもんな~。
底辺の若者に未来がなさ過ぎてパンクが生まれた国やもんね。
普通の町でも普通の若者がお金くれとか言ってくるし。
オレが泊まってたとこはまぁまぁ貧乏そうな地域で道も汚いし黒人ばっかりおったけど、テートモダンらへんは道もキレイで建物もキレイで歩いてる人も白人が多かった。
ロンドンでは安いうまい怖いでおなじみのChicken Palaceも汚い地域以外で見たことがない。
Chicken Palaceにはよく行った。
日本でマクドでちょっと前にクォーターパウンダーてあったけど、1/4ポンドのでかい肉がはさまってるハンバーガー、アレのセットで700円くらいしたし、1/4ポンドのでかい肉が2枚はさまってるダブルクオーターパウンダーなんか800円くらいしたけど、そのChicken Palaceではハーフパウンダーミールってのがあって、マクドで言うダブルクオーターパウンダーにごさっとポテトがついて缶ジュースがついて£5とだいぶ安い。
つくりは雑だけどうまかった。
安いうまい怖い、怖いというのは客層のことで、ガラのわるい若者か見るからに底辺労働者のおっさんしかいなくて、頭が悪い空気がプンプンしてる。
一方テートモダンは今回のロンドン旅行の中でもonedotzeroを抜いたら一番楽しかったところ。
テートモダンというのは近現代美術館で、色んなわけわからんのが展示されててほんまにめちゃおもしろかった。
今まではワケわからんのとかめっちゃ嫌いやってんけど最近は、もっとワケわからん芸術作品が見たい!って思うようになってきてたところだったので、ばっちり自分のニーズに合ってた。
大英博物館やナショナルギャラリーも行ったけど、やっぱりテートモダンがぶっちぎりでおもしろかったなぁ。
2回も行っちゃったもん。
あーもっとワケわからんのが見たい。
向こうは美術館とかがタダなので気軽に見に行けるのがいいね。

写真:

宿の近く。うらぶれた空気に満ちている・・・
f:id:shotasakamoto:20111124203605j:image
f:id:shotasakamoto:20111125150900j:image


大好きチキンパレス
f:id:shotasakamoto:20111126211621j:image


テートモダン
f:id:shotasakamoto:20111127100612j:image
f:id:shotasakamoto:20111127100426j:image
f:id:shotasakamoto:20111127100119j:image





0 件のコメント:

コメントを投稿