2011年8月15日月曜日

家族の風景



実家にちろっと帰ってた。
お盆だったから、というわけではなく、なんと、愛する我が妹(二人いるうちの上の妹)が来年籍を入れると!!!そして、そのお相手がこのたび東京からお父さんに挨拶しに実家にやって来るのだ!!!!俺も会いたい!!!というので帰ってたのだあ!!!!!
その日、朝からお父さんはお食事会の準備をしていた。
12時前に妹はお相手さんを迎えに行った。
その隙に下の妹とお父さんとで餃子の皮を使った一口ピザを焼く(おしゃれ~☆)。
広い部屋にテーブルを運んで料理を並べる。
ドキドキしながらお相手さんの到着を待つ・・・。
ブルルルル・・・、迎えにいってた妹の車が帰ってきた。
バタム!!(車のドアを閉める音)
ギーー・・・(家のドアを開ける音)
ガチャッ!(玄関から部屋へのドアをあける音)
ひゃーー!!!!
ついにご対面だーー!!!!
「どうもはじめまして!!!」
うわーー!!!超いい人そう!!!!!!
よかったよかった☆
その後家族みんなと家でお食事をした。
さいしょに乾杯するでしょ?そん時にまぁお父さんが一言。
「まぁこれからよろしくお願いします。仲良くやりましょう☆」
いい感じ・・・☆☆
いろいろ話して楽しかった。
お相手さんも映像作家の俺と似たような職業で(びっくりした!!!お相手さんの方がかなりちゃんとしてるけど☆)、やってることにすごい興味あるし、お相手さんも、俺もENGAWAのPVを妹に教えてもらう前にすでにたまたま友達から見せてもらっていたという奇遇な出会いもあったり。
ま、一言で言うとほんとにいい人そうだったので何も心配いらない、といったところ。
そんなこんなでご挨拶の会食も終わり、妹とお相手さんは伊勢に観光しに行った。お父さんが勧めたのだった。
あー楽しかった。

今回ほんまに久しぶりに実家に帰った。
それまでも、年に1回くらいしか帰ってなかった。18歳のときから一人暮らしを始めて、それから約10年俺はほんとにダメダメで、会わせる顔がなかったからだ。実家に帰っても、いい報告は何もできない。それが嫌だった。それでも俺は何一つ改めようとせずダメダメなままで。大学を2年留年して卒業して、在学中に就職は決まらなかったし、卒業後も仕事を探そうともせず、アルバイトもほとんどしなかった。何年間もグダグダの日々。当然実家にもなかなか帰れないし、帰ったときだってろくな報告はできない。きっとめっちゃ心配してたと思う。でも、それなのに、ある年に実家に帰ったときお父さんに「最近仕事は何をやってるんや?」と聞かれて、仕事は探し中やけどこんなん作ってる、とデフラグメントから出してもらった自分のDVDを渡すと、「ええやん!!!おもしろいわ。もうコレでいけや!!!まぁアカンかってもそれが人生や。がんばり!!」とめちゃくちゃ理解してくれて応援してくれて、本当にうれしかった。それからも、家賃を何年もためていることがバレたり、本当に心配と迷惑をかけた。最近ほんとうに少しずつだけど映像の仕事がなんとかなってきて、それを喜んでくれてる。youtubeに新しいのがアップされれば見てくれてるし、テレビに自分の作ったアニメーションが流れたり、それを録画してくれてる。
10年ほど前にお母さんが死んだ。それからお父さんは2人の娘を育てるのに大変だっただろうに、俺はお父さんを全然何もサポートしなかった。むしろ甘えるばっかりだった。妹たちにもまったく何もしてあげてないと思う。自分がバカすぎて情けない。今でも全然まだまだ売れてないし独り立ちできてないけど、これからは甘えるばっかりじゃなくそろそろちゃんとした一人前の姿を見せて安心させたい。ほんまがんばらなあかん。
お父さんは家族を愛している。
妹が結婚する。
おめでとう~!!!
いつまでも仲良く幸せに、新しい家庭を築いてネ☆





2 件のコメント:

  1. ��>もっさんさん

    家族愛って感じやったわ~~

    返信削除
  2. いい話・・・
    家族っていいなぁ
    ちょっと泣いた

    返信削除