2011年7月10日日曜日

ずっとなやんでること




ここまでくると、これは戦いだったんだと理解した。
どうしても受け入れられない価値観をギャグにできない自分の狭さに自己嫌悪しつつ、その自己嫌悪を抱えてでも戦うしかないというところまで追いつめられたと思う。





0 件のコメント:

コメントを投稿