2011年6月6日月曜日

絶滅



くだらないヤツのきもい話を聞いただけで3日はモヤモヤする。実際にくだらない事をされたりしようものならもうこれから何年も事あるごとにモヤモヤするんだろうなと思って気が滅入る。

京都時代の後半、なんでずっと一人でいたかがわかった。

人と一緒にいると、どうしてもその人の自分と違う部分が浮き彫りになる。

仲のいい友達や先輩ならお互いの違う部分を認め合えてるからたいした問題でも無いのだろうけど、
価値観が違うっていうところで認められなかったり不快に思ってしまったりする部分を持っているその人と顔を突き合わさるを得ない状況になると、
めちゃめちゃモヤモヤするやん。
別に自分が嫌なことをされたりしてるわけじゃないんやけど、やたらと心がモヤモヤするっていう。

モヤモヤ、違和感が続くとよくない。

俺は小学校から大学まで、基本的に自分の好きな、ケンカもほとんどしたことがないくらい気の合う仲間としか一緒にいたことがなかったから、社会に出たときに、価値観が違いすぎてモヤモヤさせられたり色々してて(勝手になってたんやけど)それが嫌で嫌で、ほんでずっとほぼ一人で居たんやと思う。

気持ち悪い下品なこと、あんま好きじゃない。なんかモヤモヤするな。
潔癖だと
下品よりマシだ




ブチギレろ!
ワールドイズマインやんけ





0 件のコメント:

コメントを投稿