2009年7月9日木曜日

これきよ~~(=⌒▽⌒=)




幼稚園の時に習い事をけっこうやらされとって、お絵かき教室とかも行ってたんやけど、今でも覚えてるのが、お絵かき教室に通うことになったときに、


『やった~セイントセイヤの絵が一杯描ける~☆』


って思って初めて教室に行ったのを覚えてるわ~。


その時期、幼稚園の梅組ではセイントセイヤの絵を描くのが流行ってて、上手くかけるヤツはけっこうリスペクトされていた。





それでボガルタポスターやけど、そういやぁめっちゃアンドロメダ瞬や!


20年以上経っても同じモチーフで描いてる


なんだろうこの気持ち・・・








あ、そういや、俺の作った映像ってAC部とかタナカカツキとか似てるって言われることがありますけど・・・・いやいや何を言ってるんですか!!!!?


ちゃんと見てみてください。


・・・・ね?わかりました?


そう!


めっちゃ好きやね~ん☆


AC部なんて、さん付けで呼んでるくらいリスペクト、つか影響もろに受けまくり!つか真似!!!公式サイトのBBSに質問書き込むほど心酔してますし、つか、あんなん作りたくてアニメ映像やってるんでス!


ただスキルやセンスのレベルが違いすぎて似せることすら出来ない、というのが実情なの!!


今俺のアニメの基本となっている、人間をパーツごとに分けて動かすのはAC部の映像を見て学んだし~、やたらリアルな感じで色を塗るおもしろさとか、デッサンが狂いまくった顔面もAC部から学んだよ。





タナカカツキさんからもなにかしら影響受けてるはず。こちらも絵が上手すぎるし映像もすごすぎるから、影響を受けてる割にはあんま似た感じでできないだけ!





他は何かあるかな~?





ま、でもさ、“学ぶ”っていうのは“真似ぶ”っていうのが語源やんか~☆


せやし、パクってても自分のおなかで消化してたら大丈夫!


自分のにおいのウンコになってれば。


オリジナリティがどうのとかっていうのと個性っていうのは、全く関係ないでしょ?


それに、俺の作ったモノって、俺が作ったって丸わかりのモノばっかやし、そういうのがあればまぁいいんちゃう?って思うようになった。





オリジナルがどうのとかなんて、昔に散々悩んだしな~。


「おれは全くオリジナリティが無ぇよ・・・もう死にてぇよ・・・」って延々悩んでた。


でも、ず~~~っと考えて考えて、やっとそれに対して自分なりの答えを見つけたから、もう今更どうこう悩まへん。


自分の場合は、面白いかどうか、笑えるかどうか、好きかどうかっていうトコだけで判断したらいいんや!ってわかった。






だってそういう意味じゃ、メッ政治は小学校の頃から大好きな『特攻の拓』と『ドラゴンボール』がもろモチーフやし、ENGAWAも『まんが日本昔話』とか『座頭市』がモチーフやし~、それをパクりって言うのは簡単やけど、そんな簡単な言葉で俺のやりたいことが出来なくなるなんて勿体無いもん。




だから誰かに「これって○○に似てるよね。」とか言われても(あんま言われへんけど)別になんとも思わないし、むしろ光栄だな~






ただこんなオレでもちょっとムカついた言葉がある。それは


「どっかでみたことある感じやな。」


っていう言葉。


コレ言われたときは心がモヤモヤで一杯になったわ~・・・


おもんない、って言われるよりも傷つく言葉。


分かってなさそうなやつに漠然と分かったようなことを言われる屈辱!




キーッ!ってなったわ~・・・。






でもよく考えたら、ファンって選手よりも格段に野球が下手なくせに偉そうに清原は全然アカンとか言うし、お笑い見ててもキングコング全然おもんない!とかキングコングよりおもんないヤツが言うし、やっぱ受け手側の人間は何も分からない分、無責任に偉そうなことを言うんやな。


おれもけっこう言うもんな~。キングコングほんま全然おもんないわ!って言うもん。なんなら、松本人志おもんない!とまで言うときあるもんな。天に唾するとはこのことやで。









0 件のコメント:

コメントを投稿