2009年7月13日月曜日

おえ







よく家にエホバの証人の人たちが来て話しをしていく。


聖書には苦しみとか戦争とかをなくす方法が書いてる、みたいな感じのことを言ってて、「フ~ン、あ、そう」とか思いつつも、聖書には興味はあるし、戦争とかそういう嫌なことがなくなる方法みたいなことをどうやって書いてるんだろうと思うから、エホバの人らとはまぁまぁちゃんと話をする。


でも、聞いてて一番疑問に思ったのは、今行われている戦争って、宗教の違いとかが発端となっている民族紛争とかありまくりやんな~。「戦争はなくなります。」とかいってる奴らが一番暴れまくってるんやからどうしようもねぇ。


(イラク戦争を支持したのも、中絶を禁止してくれるというだけの理由でブッシュを支持したキリスト教原理主義の人たちや。)





でも、なんでその人らが自分らの信じる教えをオレとかに伝え広めに来ているかというと、それは紛れも無く戦争や苦しみを減らしたいと考えてるに違いない、とも思う。なぜなら、もし世界が全員エホバの証人とか、考えや宗教(派閥とかも含め)が同じだったら、戦争はおこらへんやろうと思うし。全員同じものを信じているんだからそこには差別も無いし。それにチャリに乗ってやってくるモルモン教の人らの目のキラキラなことと言ったらない。





って思ったから、うわ~どうしよう、なんとなくの先入観でああゆう人らは盲目的に教祖様を崇める、みたいなイメージがあったけど、布教活動ってもしかして結構正しい事なんじゃないのかな・・・?(まぁ確かに、人間を神様が作ったとか意味わからんし嘘っぽいけど、世界平和のためだ、まぁこの際細かいトコには目をつぶろうじゃないか・・・・。)








・・・でも結局そうは納得できねぇ。価値観が色々あるから世界がフルカラーなんやとわかった。一個の価値観で統一されてしまったら、モノクロどころか真っ黒で何も映ってない単なる黒い紙でしかないもんなぁ。










なんの結論も出て無いし、その前に何の疑問だったのかもよくわからんけど、とにかくなんだかそれでいいような気がするわ!





色々あるんが前提ってことやんな!?





??





それは『人それぞれ』っていうのとは違う。


そんなことは前提に過ぎないっすよね。


なんか


「人それぞれだからねぇ」

とか判ったようなことを言って結論にしようとする人ってよくおるけど、言ってるとこに出くわしたら注意した方がいいです。この言葉を言ったということは、その人は何も考えてないです。


便利な言葉やから、つい使いたくなってまうけど、それを言ったら全部それで済ませれるし、ってゆうか、はっきり言って人それぞれな事なんて世の中に一切無ぇよ!!!!




そっかそっか~そうだよね~・・・





0 件のコメント:

コメントを投稿