2009年5月14日木曜日

[]冒頓単于、冒頓単于、冒・頓・単・于!




・実家の冷蔵庫っていつも内容が充実してるよね
・実家のチョコとかアメとかせんべいって、3パック千円だよね
・親って、実家に帰る度にビックリするくらい年取るよね


PV97%出来たけど、ほんま最後の最後が決まらない!あーどうしよう。

あと一個絵を描くだけ。明日が一応のデッドで、明後日納品という日程なので、今日中に書き上げないとあきません。
まぁいけるやろけど・・・。

でももう自信が無い・・・。絶対みんな見ても「ふーん」とか「へー・・・。」とかそういう反応やわ。あ~もうだめだ。一部のneco眠るファンの女の子とかだけ、すごい!とかかわいい!とかいうかも知らんけど・・・。もっと多くの人が見ておもろいと思ってもらわなアカンのに。もう映像はやめよう。DVD出したら。まぁ世に出してみないとわからんけど・・・。う~んまぁいっか・・・。どれだけ女の子が励ましてくれても、男の自信は回復しない。男は女に慰められない。

映画『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』まぁまぁおもしろかった。政治の話やけど、登場人物がおもしろいから楽しく見れた。それに美人秘書軍団がめっちゃよかった。アメリカはめんどくさいこと全部人にやらせたんやな~って思った。労働も戦争も。それで消費だけすることに専念したら、産業が何もなくなってもて、投資することしか仕事が無くなって、それでそればっかやっとったら国がめちゃくちゃになってもた、みたいな。
映画『ロボッツ』。ドリームワークスのCG映画。普通。でもやっぱ3DCGはおもろいなぁ。一度トライしたけど全然わけわからんくてあきらめた記憶がある。
映画『ファイトクラブ』わけわからん。でもおもしろい。全部ぶっつぶせ!的な?それおもろいなと思った。自分には全くないけど。
あんま関係ないけど、前バイトさせてもらってたレンタチャリ屋の店長さんはそういうぶっつぶせ的なのを持っている。ビルトアンドデストロイ的なの。だから内心俺は怖いと思ってたし、全く信用していなかった。完全に信頼した頃に、一番傷つく形で裏切られる、ってずっと思ってた。だからああゆうロック野郎はほんま嫌いだ。ロックなんかより俺のほうがおもしろいのに!表面上のノリのよさでみんな騙されて許してしまう。俺はそんなの許さない。そういうのには関わらないのが一番だと思って、バイトをやめた。



DVDのタイトル何にしようかな~。『DVD単于』にしようかな。なんかおもろいから。単于とは匈奴の王様の称号やし悪い意味じゃない。

でも、ま、「The DVD」かな。





0 件のコメント:

コメントを投稿