2008年10月28日火曜日

こわいこと




話をしていてふと、特急電車内で女性がレイプされた事件の話になって、事件では同じ車両に乗り合わせた乗客が40人もいたのにだれも犯行を止めなかったとされている。仮に自分がその現場にいたとして、自分は止めることが出来るのかなと思って、下手に止めに行って無惨に殺されるのが一番怖いんやろうけど、しょうがない殺されてもいいやと思って覚悟をしてこっちも殺すつもりで行けば気持ち的には対等以上やから犯人が石井慧みたいな激強いヤツじゃない限り止めることが出来るかも知らん。でも想像でしかない。覚悟も無いのにそんなこと言うのは偽善やし・・・。 例えば道で男二人が喧嘩しててそれが一方的な殴り合いでこのままいけば片方が死ぬかも知らんと思ってもたぶん俺には関係ないと思って、止めたりしないやろし多分「こわー」とか言って笑ってるだけやろな~。 そういえば昔子供の頃、父と二人で電車に乗っていたときに、座席が向かい合わせの4人のボックス席的なやつで、並んで座っていると向かいに座ったおっさんが禁煙席にも関わらずタバコを吸い始めて、それをおとんが注意したら急にがなりはじめておとんになんだかんだ突っかかってきて、そしたらおとんが「わかった、わかった、あんたが偉い偉い」となだめたら静まったので、それを見て「なるほど」と思ってさすがと感心した。 報道ではレイプされているのに無視を決め込んでいた乗客40人を卑劣だとしていたが、レイプなんておぞましい事を咄嗟に止めれるような正義感と判断力のある人間なんているのだろうか。最近よくニュースになってる食べ物を詰まらせての窒息死の事件があるけど、実際のどに詰まった人を目の前にしたときどうすればいいか知ってる人なんて一体何%いるんだ。 俺は何の知識も覚悟も無いけど、こういうことが起こったときに何も知らないよりはマシな行動が取れるように勉強しておかないといけない。 このレイプ事件は実際は、座席で犯されていたとの情報もないし乗り合わせていた乗客へのインタビューもない。離れて座っていた女性を脅して触りまくった後トイレに連れ込んで犯したとのことらしい。だから乗客が気づかなくても当然の状況らしい。「助けて!」なんて叫びながら周りの人に無視されながら犯されていたわけではない。あと、そもそも悪いのは無視していた乗客ではなく、レイプした犯人である。まぁ印象操作の偏向報道があったっぽいとのこと。 あと、ものをのどに詰まらせた人は、口をあけてみて詰まっているものが見えていたら手で掻き出し、見えてなかったら、背中を強くどついたらいいとのこと。 p.s. レイプや殺人を卑劣だとかむごいとか最低だとか思うけど、人間にそういう願望が無いとは思えない。韓国映画とかってそういう人間の奥底にある見たくも無いような感情を描いたりしそう。 p.s.2 はっきり言ってただヤリたいがために美辞麗句をもってその気にさせてやるなんざ、過程と結果が違うだけで、動機はレイプ犯と変わらないと思うんだけど。だから他人事で犯罪を批判するやつは気持ち悪い。お前地に足つけて物言えよ、もしくは考える力を養えよ、と。童貞をこじらせたようなこと言ってますけど。


久々にドラム叩きた病になったので叩きに行ってきた。今度のライブでやるつもりの曲を歌いながら叩くとかなり気持ちよかった。曲は自分が歌えるかどうかは意識せずに作っているので前の岡山のライブでぶっつけ本番でやったら音が高すぎて声が超出しづらくて大変だった。それをこんかい練習したら若干糸口が見えた。音が高くて難しいのには変わりないが、もっと練習すればいけないことは無さそうだ。そしてドラム叩きながらの曲がかなり楽しかったのでライブでドラムも入れるかどうか悩み中。 芸術について憧れてるもんでよく考えます。デザインって芸術とは違うのは美しさと使いやすさや見やすさがイコールで結ばれていることだと思うけど、芸術は何の役にもたたないのが前提にある。オブジェとか絵とかなんて最悪に“それだけ”の存在でしかない。何の役にもたたないし、役に立たないのならゴミやし。そういう意味ではわけがわからないほうがより芸術で、絵だったら上手いよりも下手なほうがさらに芸術だ。ゴミレベルにユースレスなものに価値をつけると芸術になるのか?でもそう考えると、道に落ちているレシートも芸術になるじゃないかと、冷静に考えればそんなもの芸術でもなんでもないよな~。そこらへんの高校生が描いた下手な落書きが芸術かといえば違う気がする。ということはやはりさっきの、無価値なものが芸術だというのは間違っている。つまり芸術には意味があるということなので、作品の意味を探るのが一番重要になるので、今のようなパッと見て気に入る気に入らないを感じるだけの鑑賞はあまり芸術的ではなくディレクター感覚だ。でも俺の場合かなりアホなので作品の意味するところなんて教えてもらわないと絶対にわからへん。大塚愛の『さくらんぼ』がさくらんぼが二つつながっていてカップルを模しているというのもわからなかったくらい、私はバカなのだ。芸術っぽいことをするのはめちゃ簡単そうだけど、足を突っ込めば底なしの地獄が見えている。ああ怖い。アホにできまへん。でもここからがスタート。





0 件のコメント:

コメントを投稿