2008年10月23日木曜日

おもーり




今日はとあるイベントの話をして面白かった。俺みたいな自己中心的な人間でも、みんなに見せたいと思うような面白すぎる人間はいる。 その一方で腹立たしいこともある。宇川氏が石野卓球とショーケンと組んで作った曲『惑星のポートレイト5億万画素』のできばえだ。面白そうな組み合わせだし、どんな化学反応を起こしても不思議じゃない期待感があったが、視聴してみるとなんだこのクソは!!!と思った。石野卓球の作る曲はちっともおもしろくない。何も新しさが無い。せっかくこういうボーダレスな組み合わせの反応をたのしむプロジェクトなのに、肝心要の音楽が殻に閉じこもりまくっていて最悪だ。ショーケンはわざわざ宇川や卓球というまったくの畑違いのところに出てきているのに。あぁ情けない。俺はこんなつまらないアーティストのことを本気で好きだったのか。電気グルーヴの新しいのも聞きましたけど、大物ミュージシャンの作る巨大な産業廃棄物にしか過ぎない。ああもったいない。ここまでくるともはや期待感もないし、相手にもしないし、ならない。あんな閉じこもった世界は気持ち悪い。宇川氏ともあろう人間がこんな狭いものでOK出すとはショックだ。もったいない。もったいない。 新しいリズムやメロディを開発しなくては音楽をする意味が無い。 自分で作っていくしかない。 ちなみに、同じテクノでも最近これはめっちゃくそかっこいいと思った。 Tahnaiya Russell(Aphex Twin) - Wagon Christ REMIX





0 件のコメント:

コメントを投稿