2008年6月16日月曜日

バカならバカなりに工夫しろ。それが私の生きる道。



(2008/06/16)


10日ほどのつもりがなんと20日以上も和歌山に居て、今日やっと帰ってきました。 間に一日だけボガルタとneco眠るのイベントに行くのにこっちに帰ってきた以外は一日も休みなしに働いた。 我ながらよくやったもんだ。これでようやく普通の企業でも働けるような性格になったと思う。 ちなみに何のバイトかって言うと、クリエイティブの極北、日本に数多存在する職業の中でも最も低脳な(失礼!)仕事である、 いわゆるペンキ屋である。中高時代からのマイメンのおっちゃんが最近そういう仕事を始めたらしく、それに誘われたのだ。 のこのこと来ちまったけど、6階建てのマンションをほぼ俺と友達と職人のじじいの3人だけで塗るという途方も無い仕事で、最初は10日間ほどで終わると聞いていたけど、 初日が終わった段階で無理と判明した。最初の一週間はそのマンションの一室で友達と二人暮らしだったが、二週目からはその部屋に新しく住人が入るとの事で、和歌山アーバンホテルという改築したての綺麗なホテルでの暮らしとなった。 ホテル暮らしは実際楽しかった。俺もああゆう部屋に住みたい。綺麗で物が少なくてシックな部屋に。汚い部屋を改造します。物を捨てます。

稼いだ金でパソコンと電子ピアノ買います。





0 件のコメント:

コメントを投稿