2007年11月21日水曜日

ずさんなイメージ



(2007/11/21)


今日は滋賀にある会社のWEBクリエイター/ディレクターの面接に行ってきた。面接はしょっぱなからいつも通りの展開で、志望動機も自己PRもろくに話せず、こいつはなんでウチの会社を受けにきたんや?というような目で見られ、しかも今回は書き損じの履歴書に写真を張って持ってってしまうというおまけつき、常識的なとこからかなり注意され、開始早々5分でもはや勝負はついた。その後、これからどういう人生を送って生きたいのかと聞かれたときは、もうどうでもいいし、おもしろいことをしたいということしか今は考えてないです…とアホの中学生みたいなことをぬけぬけと面接の場で言っていた。でもそのへんから話は面接から雑談みたいなことになってきて、話は変な方向になっていって、その会社が何とか電産という会社と共同で何かの研究所を立ち上げようとしていてそこの立ち上げメンバーとしてやってみる的な話が出てきた。もちろん正規の社員採用の面接は開始5分で実質終わっていたので、社員という感じではなくて、でも給料はもらえるけどよくわからん感じで、頭もよくわからんくなっていってて、とりあえずぜひともやってみたいですと言った。まだ確定はしてないけど。わけもわからんままよくわからんとこで想像もしてなかった職につくというイレギュラーっぷりもまぁええかな、と思う。


?





0 件のコメント:

コメントを投稿