2007年6月23日土曜日

De Camino a La Vereda



(2007/06/23)


外人はこっちをミロダヨ。

レコード好きなひとについて。 CDよりもレコードの方が音質がいいとよく言うのはなぜ?ちっともわからない。俺からすりゃ音質面に関してレコードに軍配を上げてる人なんてオカルトやわ。ネッシー、マイナスイオンに神聖幾何学やわ。 ノイズがあったほうがいい音がするってことなんかな。 DJとかもよくレコードの方が音がいいとか言うけど、あんなクラブみたいなハイとローがガシガシなとこでそんな音質がわかるわけないと思う。その辺頭っから全く理解できない。 だいたい(192kbpsくらいやと)mp3とwavの差すらほとんどわからねぇよ。
CDのサンプリング周波数は44.1kHzでサンプリング周波数というのはまぁ高さみたいなもんやろ。波形が上下あるから半分の22.05kHzまでカバーしてるってこったろ。 可聴周波数域チェッカ このソフトをダウンロードして自分の耳をテストしてみたけど、あーなんとなくギリわかる・・・くらいのとこで19140Hzだったから、CDのカバーしている22.05kHzというのは俺にとってはヨユーで必要十分。 ということは、もし仮にレコードがCD以上の周波数を含んでたとしても、俺には聞こえない。もしかして、レコードの方がいい音がするといってる人はみんな22.05kHz以上の信号が聴こえるというのか? まぁ無いやろけど。 あとはレコードはアナログなので0101みたいな段差がないから良い音説。そういうこと言う人はデジタル信号の0101が分かるってこと!!? CD聞いてたら「あ、いまのフレーズ、信号が000101100111…やから音が悪い~。」みたいな。 温かみがあるとか。それはお前が温かい心を持ってるだけや。そして温かみなんてイコライジングの問題やろ。中高音とか。さもなきゃノイズがまじってるから古いっぽくてノスタルジックな気分になるだけやろ。
結局は、かっこいいから、なんか音楽好きって感じがするから、というファッションとしての機能がほぼすべてちゃう? だってアナログかっこいいやん、という意見しか俺は認めない! 俺には必要が無いものやけど。スクラッチが出来るというとこだけはかなり良いと思うけど。

ちなみに俺はCDすらケースから出してデッキに入れるのとかめんどくさいので、レコードなんてマジありえねぇという非常に現代的な実用主義。mp3で全然かまわない。 そういえば、ipodは音が悪いとずっと思ってたんやけど、ラインでミキサーにつなげてパソコンのプレーヤーと聞き比べてみたけど、聞いた感じ全然変わらんかった。 やっぱイヤフォンの問題なんやろな。1500円のイヤフォンやもん。それでもデフォのイヤフォンよりはかなりマシやけど。 ま、でも、音質なんてある程度超えたら俺みたいな素人には全く分からないというのがホンマやと思う。 俺の耳が悪いってゆうだけのことかもしらんけど。

でもまぁなんだかんだいっても、人間なんて科学だけで生きてるわけじゃないし、レコードの音の方が好きっていう人は山ほどおるし、俺はまったくもってデジタルに信頼を置いているだけの話なんやけど、 例えば8ミリビデオで録った映像というのはデジタルカメラにはない良さがあるし、ビデオテープの汚さも時にはかっこいい、というのは確かにある。 そういう意味で言うんやったら認めるよ。ただ、音質がどうのってゆうのがむかつくねん。CDやから音が悪いみたいな、音が細いとか、それは言ったらあかん。音が細いのは中音中低音が足りてない曲なだけ! でもDATはちょっとひかれるな。磁気ってゆうアナログなくせにデジタル気質なとこ。

人間にはノイズが必要ってことか。

チャゲアスのひとり咲き、ええわ~。 でもついにチャゲアスにまで手を伸ばしてしまって、もしかして俺はずっとこのままダサい道を歩いていくんやろか。怖いな。





0 件のコメント:

コメントを投稿