2007年5月30日水曜日

DDM E NGBCDSY



(2007/05/30)


この前さんまのまんまSPみたいなやつを見ていたら長渕が出ていて、さんまが笑いながら長渕を指さしたとき長渕が、人に向かって指差すんじゃないよ!と言っていた。 指をさすと怒る人って子供の頃になんかトラウマがあんのかなって思う。鋭いもので刺されたとか。礼儀として指をさしたら無礼だ、とかそういうのって、なにそれ?ってめっちゃ思う。 その指をさすっていうのが基本的に攻撃的な意味で、お前だー!とか、ドーン!!みたいなんで、使てるんやったら人に向かって指差すんじゃないよ!と言ってもいいかもしらんけど、単にゆびをさすってゆうのを夜中に口笛を吹いたらアカンみたいな習俗的なレベルでアカンてゆうてるだけのことやと、どうなん?て思うし、ましてや普通の会話の中で指をさされてもムカつく、という人は、カルシウムが足りないんか?と思う。
別に誰かをゆびさしておこられたわけじゃないし、誰かが誰かにおこっているシーンを実際に見たことも無いけど、ふとTVで長渕がぽろっと言ったときに、イヤやなと思っただけなんやけど、 なるべく自分の中からそういう無意味なものをなくさないと、身重になってしまいそうで怖い。世間に洗脳されているからな。

ちなみにそのさんまのまんまで長渕は、ラーメンは噛むもんじゃない、とも言っていて、こいつは一体何なんだと思った。 それはざる蕎麦とかの話じゃなかったっけ。

長渕の『俺らの家まで』という歌はほんといい歌。





0 件のコメント:

コメントを投稿