2006年5月31日水曜日

inu41



(2006/05/31)


ヘグシオ、6/6に北山のモジョなんとかでなんかのイベントでライブ。フリーやったっけ。他の出るバンドは忘れた。
すでに完全にホームグラウンドとなってる新世界ブリッジ以外でのライブはなかなかないので新鮮だ。
でもライブはいつも不安と緊張。

1ヶ月ほど前についにライドシンバルを購入した。ただ通販、アメリカ直輸入とやらで発送に1,2ヶ月かかるとのこと。 それがそろそろ届きそう。今のこの金のない時期にタイミングが悪いわ。
いつもライブでも練習で使っている割れたシンバルを使っていたのが嫌すぎて買うことにしたんやけど、 よく考えてみると大抵のライブハウスには似たようなやつのしかも割れてないヤツがあるってことに気が付いて以来、最近はあんまし困ってなかった。 まぁいっか。シンバル持ってるなんてドラマーっぽいし。
この前のアメ村トワイスでのロックイベントのときにシンバル類一式持ち込んでるやつがいて、いいなーと思った。 そのシンバルをくれって思ったわ。 売ってエレドラのパッド買うから。

6/6のライブはモジョウェストってとこやった。ホームページを見たら死の国の雰囲気がプンプン漂っていてやばい。 イベントの詳細は知らんけど、もしかしたらアメ村トワイスでのロックイベントのとき以上にしんどいことになるかもしれない。





2006年5月30日火曜日

ふつれ!?ジゴくトミラクルその3



(2006/05/30)


ライブはつかれる。最近はとくに精神的に。
この前のライブ3連戦の最後は5/26 B-BOY PORK!というブリッジでのイベントで、俺はソロ。ばかしょうたという名まえでテクノをやった。曲をCDで流してそれに合わせてサンプラーで気を紛らわせるというもの。
この日のために阪神のキャップを買って、かなりお気に入り。ゲーマーと言われたけど、おれとしてはかなりB-BOYだゼYo!。
一人でやるのはなかなかむずいな。まぁええわ。

そしてこの日は俺は本当のロックのミラクルを見た。
最後の出番だったラブミーバンドというバンドがものすごかったのだ。
バンドの佇まいがむちゃくちゃ普通でしかもへた。
なのに俺はこのライブ中ずっと笑えてむちゃむちゃ楽しかった。
やばいとしかいいようのない曲達とボーカル二人の唄。
一曲目から、ペガサス騎士団がどうの、とか狂った曲で、
それじゃあ聞いてくれ、俺たちの新曲、ぶらっでぃーローズ!
って言ってこれまたたまげた曲を披露したかと思えば、
まったく同じのをもう一度やったり。
アンコールしまくってしまった。5回くらいはアンコールした。数少ない客が一つになった。
最後にはボーカルの人がかなり困って、
このままじゃお前らのこと嫌いになっちゃうからさ・・・
と言ったので衝撃のライブは終わった。

狂ってたなぁ。
きちがいはほっといたほうがおもろいから何も言えなかった。
前の日にロックの地獄を見てきた俺に、ラブミーバンドは一つのミラクルを確かに見せてくれた。
音楽を何一つ自分のものに出来ていないコピーバンド程度のうんことは全く違う、
好きなものとか趣味を消化し過ぎて出てもたうんこを奏でる、みたいな人たちだった。


音楽ってゆう表現なんて楽器のうまいへたはもんだいじゃないし、詳しい知識があってもまったく意味がない。
自分が何をやりたいのか、自分は何なんだ、それで音楽を利用して自分を表現する、っていうのやと、すくなくともおれはそう思う。
てゆうか音楽なんてそんなたいしたモンじゃないってさいきんは思っている。そりゃちっとは好きだけど。





2006年5月29日月曜日

ジゴくトミラクルその2



(2006/05/29)


5/25にヘグシオはなんとかというフリーペーパー主催の、某メジャーレコード会社がバックアップしてるとかいうイベントに出た。 その某メジャーレコード会社に音源を送ったら、ライブを見てみたいのでうちがバックアップしてるイベントに出ませんか?という経緯。 想像するにろくなイベントじゃないだろうなぁ、と思ったけど、新規顧客開拓活動の一環としてでることにしたのだ。ノルマが三万円だった。でも言ったらタダにしてくれた。

当日、会場だったアメ村のトワイスというライブハウスに行った。
想像どおりロックバンドばっかし。
なんで俺らをこのイベントに呼んだのか不思議でならなかった。
で、そいつらのライブを見た。
クソだった。
あーああ。
音楽の地獄を見た。こいつらほんまなにもないなぁ成長しないなぁって思った。
そんで、一番アウェー感丸出しの俺らしかこのイベントを楽しいものにするバンドは残っていないのか、と思った。
それですごく緊張した。
ロックバンドの友達みたいな客がヘグシオみたいなバンドに反応するのか
おれらのことを全く知らない人たちを楽しませるちからがおれらにあるのか

結果的にはうけたのでだいぶ自信になった。
俺たちのオリジナルJ-popが通じたー、ってちょっと思った。
でもそう思ったのも束の間だった。

終わって機材も片付けてダラダラしていると、ポニーキャニオンの新人開拓部門のヤツが話し掛けてきた。
そいつは、すごいよかった、また何かやりましょう、と誉めてくれるんやけど、こと音楽の話になると、言ってることがことごとくズレまくっていて、なんだコリャ。
こんなやつが新人開拓かいな。音楽って何なの?
俺はほんとまだまだやわ。





2006年5月27日土曜日

ジゴくトミラクルその1



(2006/05/27)


5/24はイベントSPLAY12があった。 このイベントがまたかなりよかった。

ボクらヘグシオは1番目でがんばった。でも浮き足立ってた。前はラップをし過ぎた俺今度は踊りすぎて反省。

そんで、次のナニカルZもその次のneco眠るもその次のドッドドも最後のユンキーも全部めっちゃよくてさいこうに楽しいイベントだった。





2006年5月23日火曜日

inu39



(2006/05/23)


明日、明後日、明々後日、とライブ三本立てや。明々後日は、ばかしょうたという名前でソロ。 というわけで今日は曲を作っていた。カラオケのようなライブになるだろう。 もっとちゃんとしないといけない。

俺の数少ない好きなロックバンドのKISS
ALIVE!しか好きじゃないけど。
で、超久しぶりに聞いた。
やっぱし一曲目と最後の二曲が好きだった。
ロックは楽器の上手い下手じゃないな。
歌は英語だから何を言っているのかわからんけど、
だいたい意味は通じる。
ロックしたいってことやろ多分。
なんてポップなんだろう。
ただロックは(ジャズも)つまらないのでいまさら新しいのを聞くことはない。

で、この前バンドの練習をしているときに、 長野サンという浮浪者がやってきて、最近ゲットしたと思しきポータブルカセットプレーヤーを出して、 俺たちの練習中にもかかわらず、演歌のインストナンバーを流してギターを弾き始め、そして歌いだしたときに、 ロックよりもさらに終わってる音楽であるはずの演歌がいつもと違って見えた。
ロックのマジックならぬ演歌マジックを垣間見た。
ただ演歌はつまらないのでいまさら聞くことはない。

そしていつか長野さんを外国に連れて行ったり一流ブランドのスーツを買ってあげたり六本木ヒルズに住ませたりしたい。





2006年5月16日火曜日

inu37



(2006/05/16)


メトロでのSPLAY11はとても楽しかった。そして 今月はなんだか忙しい。

今まではずっとライブでは緊張はするものの特に気負いもなく大抵楽しんでやってたんやけど、最近はライブがちょっと怖くて、というのもヘグシオがウケなかったらどーぢよう、という不安がむっちゃある。 特に最近のライブは、全く無視されていた頃に比べたらまだレスポンスもあるし、やりがいがある感じになってきつつあるから余計に、緊張よりは怖いという感じ。5/24のライブのことですでにもう緊張している。 自分らのことを全く知らない人らの前でどうやって自分らのことを分かってもらえるかみたいな感じの。 誰も俺らの事なんか知らんしなぁ。
まぁ俺らと見てる人が一緒に遊ぶ感じになったら理想やねんけど。





2006年5月13日土曜日

inu36



(2006/05/13)


明日までに作らなければいけないアニメで忙しい。きのうからずっとアニメをつくりっぱなしで夕方からは声や音をみとくんに手伝ってもらって録音して、さっき帰ってきてこれからまた色々やることがある。あー忙しい。





2006年5月12日金曜日

inu35



(2006/05/12)


野球ドラマーのアニメをあさってまでにしあげなあかんくて、今日はずっと作っている。
そしてposerというソフトはおもしろい。





2006年5月11日木曜日

inu34



(2006/05/11)


最強伝説黒沢はほんまにおもろすぎるなぁ。黒沢の必死さがたまらん。





失礼します!告知させてください!

SPLAY11@京都METRO
もはや説明不要、現代日本を代表する音楽家、内橋和久!
次々と新たな魅力をみせてくれる二階堂和美!
いまや全国区の注目を集める核弾頭、枡本航太!
などなどいずれ劣らず、既存の音楽の枠を拡げ、更新し、柔らかにその音世界を造り上げるアーティスト達の競演!

SPLAY12@新世界BRIDGE
ロンドン在住の韓国人アーティストYOONKEEが初大阪上陸!!
迎え撃つ大阪勢は、海外での注目も急上昇DODDODO!
1stリリースが話題騒然のnanycal Z(ex.nanycal ZUINOSIN)!
SPLAYレギュラー陣、トリオ・ロス・ヘグシオ!neco眠る!
これはおもろいよ!


2006/5/14「SPLAY11」@京都METRO(http://www.metro.ne.jp/index.html
ADV\2000(+1DRINK)
DOOR\2200(+1DRINK)
OPEN17:30/START18:00
▼ACT
内橋和久
二階堂和美
枡本航太
SUZMENBA
トリオ・ロス・へグシオ
neco眠る
▼FOOD
花とライオン(沖縄ソーキソバ)
▼雑貨
ハライソ(京都五条橋東 アンティーク雑貨)
HP:http://www.geocities.jp/neconemuru/


2006/5/24「SPLAY12」@新世界BRIDGE
OPEN18:30/START19:00
ADV\2200+1DRINK
DOOR\2500+1DRINK
▼ACT
YOONKEE with KEISUKE HIRATSUKA of HUMANZEE from Fking London and AYA(OOIOO)
nanycal Z(ex.nanycal ZUINOSIN)
DODDODO
トリオ・ロス・ヘグシオ
neco眠る
▼FOOD
DISCO BEANS

http://www.yoonkee.com/


長々と失礼しました!





2006年5月10日水曜日

inu33



(2006/05/10)


朝青龍が休場ちゅうことで優勝の可能性がみんな高くなった。 栃東は今場所優勝すれば横綱になれたのにすでに二敗もしてもてもうあかんな。 となると白鵬の優勝が濃厚やな。 そんで、来場所に朝青龍が帰って来たものの、稽古不足により本調子ではない。 ということでまた白鵬が優勝して、横綱。 んーすごい。モンゴル時代やな。





2006年5月8日月曜日

inu31



(2006/05/08)


相撲がはじまった。
白鵬は二連勝、安馬は二連敗、そして朝青龍が1勝1敗!。朝青龍怪我したっぽいけど大丈夫かな。
稀勢の里と旭天鵬。こいつらのツルッとした顔が気になる。





2006年5月6日土曜日

inu31



(2006/05/06)


2007年問題とかで新卒採用が活発化しているらしい。その特集番組があってそれを見た。
学生の人たちはみな、俺が去年見た人たちがそのまま出てるかのような感じで、 印象は去年といっしょ、くだらねー、ということで、それは採用に奔走する企業もいっしょ。
とにかく体裁を整えるということにみな必死。この世は全てそれで出来ている。
だから!
おれらみたいなんが金持ちにならないとあかんのやと思う。
なんだかもう日本の雰囲気が限界にきてて息苦しいって感じ。
今は、万博の総合プロデューサーに藤井フミヤを選んでしまう雰囲気の世の中なのだ。
松本人志もおもしろくなくなってしまった。
だから自分達でつくっていくしかない。
おもしろい雰囲気を。
結果的に成功しなくてもべつにいい。そこに待ってるのは死あるのみやけど。

はぁ・・・めんどくせぇ・・・
ブリッ!ブリブリッ!!





2006年5月4日木曜日

inu30



(2006/05/04)


昨日からずっと野球ドラマーのアニメをつくっている。三分の一くらいはできた。いまんとこいい感じ。こっからストーリーの佳境に入ってくる。 5/14のSPLAY京都atメトロで上映するので、はよつくらなあかん。あと十日しかない。 最近ずっとドラゴンボールのアニメを見てたので、小細工がちょっとうまくなった。





2006年5月3日水曜日

inu29



(2006/05/03)


ずっと前にあった、スラムダンクの盗用騒ぎのやつを見た。スラムダンク以外にもその作者の盗用と思われる絵をいっぱい集めてあるサイトを見た。 中には単に似てるだけってくらいのもんの絵もあったけど、確かに完全にトレースしてるって思える絵もたくさんあった。
俺は盗作はアリと思うので、別にその作者がどうこうとかはおもわへん。
オレンジレンジもよくパクリって言われるけど、俺はそれは別に全くどうともおもわへんけど、曲以外のとこでの見え透いたあざとさが目に付くからあんま好きじゃない。

完璧にオリジナルなものなんてありえへんと考えてしまう俺だから、そういう意味でやっぱりアートよりエンタテイメントが好きな俺だから。
似たようなもんなんていくらでもあるもんな。





2006年5月2日火曜日

inu28



(2006/05/02)


おとつい4/30は新世界ブリッジでスプレイさんじゅっ祭というイベントだった。
2時から10時半まであったから長くて疲れたし、ヘグシオは出番が最後だったので待ってるだけで疲れたし。
最後まで残って俺らのライブを見てくれていた人はもりあがっててくれてたみたいで今までに無い体験やったけど、じぶんらとしてはライブの難しさを痛感していた。
テクニック的な下手さプラス意気込みに比例して無駄な力が入ってしまうというとこ。
マイクをつかってるんやからそんなに強く叩かんでもええということにやっと気づいた。
バテすぎて、よくライブで歌うジャッキーチェンの歌がちゃんと歌えなかった。
でも即興でちょっと歌ったりJリーグの歌を歌ったりすこしおどったりすこし喋ったりした部分はよかった。
結局ドラムがむっちゃ下手やねんなーやだなー。まぁそのうち上手くなると思うけど。
最近バンド練習がいい感じやっただけに、まだ何もわかっていない、また1から出直しかよめんどくせー、という気持ちになった。

で、昨日5/1は七尾旅人と内橋和久のライブを見に行った。全く持って余分な力の入っていない演奏と歌。
歌はいいな。楽器よりも断然歌の方がすばらしい楽器やわ。
七尾旅人のうたこえがよかった。
内橋さんのダクソフォンという楽器はやっぱおもろい。音がパワフル。ヴェリィパワフゥ。マイコゥジャクスン。


次は5/14メトロ。こればっかりは気合いれていかなあかんわ。 なにせ人が入らなければ赤字がでてしまうパターンのイベントやからな。


ホーさん

こんなんやのにベトナムの革命の指導者。フランスからベトナムを独立さして、アメリカからベトナムを守り続けた。 やっぱチェゲバラとかよりルックス的にも俺はこのじじいの方が好きやなぁ。