2006年12月24日日曜日

kuni



(2006/12/24)


海外旅行に行きたいな。ヨーロッパで探してみると、だいたい飛行機代が安くて7万円くらい。あとカイロ見てみたい。空港施設使用料、現地空港税、航空保険料、燃油特別付加料金ってなんじゃ?





2006年12月19日火曜日

kimo



(2006/12/19)


クリスマスの曲をつくってみようということで、でもまーーったくできる気がしなかったけど、ちょっとできそうになった。ただ、まったく以前の俺から進化していないのがいやだ。





2006年12月13日水曜日

kimo



(2006/12/13)


歯医者に行くの忘れた。会社がつぶれるのどうので年末にお金をくれるらしい。ラッキー!!仕事やめよかっなー。





2006年12月12日火曜日

man



(2006/12/12)


体調が最悪だ。歯が猛烈に痛くなったと同時に風邪をひいた。風邪は根性で6時間で治したが、歯が痛くてたまらなくて、薬を買いに行った。 薬屋のお姉さんに、歯が痛いので痛み止めをくださいと言うと、心底同情するかのように、「歯の痛みは大変ですねー。」とかそういう優しい言葉をかけてくれて、 それだけで痛みが少し和らいだ気がする。とか思ってしまうほどに弱っている。 明日の朝にでも歯医者に行こうかな。その後クレジットカードを作りに行こう。そして仕事に行こうかな。





2006年12月10日日曜日

dancw



(2006/12/10)


自分の体から1ミリたりとも自分が出られないとかなんとか寺山修二だか誰かの本で書いてたのが妙に心に引っかかってて、 その解決策はダンスしかないと思った。体の中にある爆発を外に出すのはダンスしかないんじゃないか。 クラブやライブハウスで音楽にあわせて踊るのとはまったく違う、自分の表現。 そんで生き物がすべてつながって生きているから、だからやっぱり人前でやる必要がある。 新しいも古いも追求しなくて、死んで、終わりが延々と残り続ける感じ。 そんな地獄な感じが1ミリたりとも自分の体から出て行かないからつまらないんだと思う。 あー無意味やな。





2006年11月17日金曜日

c



(2006/11/17)


85
寒い!! SLIPKNOTにはまっているアレで、もちろん2バスにあこがれるわけで、で、ドラムを家で練習するにはエレドラが必要なわけで・・・ ツインペダルをナイスなタイミングで貰うことができたまではよかったが、ツインペダルをエレドラに組み込むためには、それ用にキックパッドを買わないといけない。 できればV-drumのメッシュヘッドの消音性の高いやつが欲しいんやけど、それが安いやつでも2万8千円くらいするので高くて買えねぇ。 むりやなー金ためるかーと思っていたが、楽器屋でいいものを目にした。 それはタムにメッシュヘッドを張ってそれにトリガーがつけられているものだった。 つまり、メッシュヘッドの消音性のままエレドラとして使用することができるという優れものだ。 このシステムをバスドラに対応すれば2バスの練習が家で静かにできるやん。 ずっと前に拾ったフロアタムにメッシュヘッドを張って、ジャングルギグキットという、フロアタムをバスドラのようにセッティングできるやつを装着すれば、 だいぶ安くエレドラができるじゃんと思った。メッシュヘッドが\800、ジャングルギグキットが\1,640、トリガーが\6,000くらい。 一万円もかからずにできるやん。とりあえずトリガーはいらんから、2,500円くらいでできる。





2006年11月11日土曜日

b



(2006/11/11)


85
誕生日だがなにもない。25歳になってしまってもう30歳ってことだ。四捨五入すれば。ピザ食ってやる。20代のど真ん中、死んでやる!





2006年11月10日金曜日

d



(2006/11/10)


85-88
坂の上の雲を読んで竜馬がゆくも読んだので今は関が原を読んでいるが、途中でやめそう。今度読もうと思っているのは吉川英治の私本太平記。





2006年10月15日日曜日

ほん



(2006/10/15)


坂の上の雲を読み終えてしまった。これから通勤中とか休憩中に何を読もうかな。小説は司馬遼太郎いがいはもってないのでその中から選ぶしかない。 竜馬がゆくでもいいけど、何回読もうとしてもいつも二巻とかでやめてしまう。もうちょっと読めばおもろくなるんかな。胡蝶の夢でもいいな。世に棲む日々はおもろかった。花神は下巻でやめてしまった。





2006年10月14日土曜日

shine



(2006/10/14)


じゃかじゃかごぽぽたんたんきぃきぃ、ぴぴぴちーん、ってこれが芸術かいドアホ!上手やな。





2006年10月13日金曜日

さいかい



(2006/10/13)


働くことと、生きることがクソだなぁとおもうこと、が、まわりくどい感じでだいたいおなじ感じだなぁと思った。だから。
always look on the bright side of lifeっていいタイトルやなぁ。中身もいい。英語勉強しようかな。
元気!このままじゃこのままだ、って、





2006年9月30日土曜日

o



(2006/09/30)


何年か前に本屋に立ち寄ったとき「まっすぐな道でさみしい」ってなんかのコミックスのタイトルを見て震えるほどに感動した。山頭火という人の俳句だそうだ。 興味を持ったので、そいつの句集を是非買おうと思って大学の本屋で立ち読みしたけど急に買う気がなくなってやめた。 働くようになったら通勤時間が暇なので小説を読んでいる。「坂の上の雲」。前に読んだときは正岡子規が死んだとこでおもんなくなって読むのをやめてしまったが、 もう一度読んでみるととてもおもしろく読んでいる。なんせタイトルがいい。 封建の世から目覚めたばかりの幼い日本国家が、そこを登り詰めてさえ行けば、やがては手が届くと思い焦がれた欧米的近代国家というものを、「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切なさと憧憬をこめた題名である。 らしい。 なんで始めに「坂の上の雲」と聞いて坂の上の雲を頭の中に想像できなかったんだろうか。感受性応答せよやな。 まっすぐな道でさみしいもクソもないもん。正岡子規とかも。明治はおもろい。 あたらしく始めるロックバンド「ダイヤモンドKIKKAWA」は、これはロックだなーと思ったものを真似してやっていこうと思って、まずまっさきに思いついたのは「エロかわトランス」というミックスアルバムだった。これの一曲目は最近かなりの頻度で聞いてて、相当ロックアンセムだから、ぜひともやりたいと思ってずっと作ってたんやけど、なかなかトランシーにならん。どーすればあんなにトランシーになるんや!?ずーっと試行錯誤してて、そしてやっとわかったのが、 『ロックやしなんでもいいやろ』 ということだった。 うーんロックは楽でいいなぁと思ったけど、その分かっこよさを求められる音楽だと思うので、それはそれで25歳になろうかというのに一向に垢抜けないぼくとしてはとても難しい問題なのであった。





2006年8月2日水曜日

自問



(2006/08/02)


sonntag studioの方のwebデザインをもっとかっこよく、かつ見やすく、かつ俺らしい感じにしたい。 でも想像力がないからまったく思い浮かばない。
かといって、参考にしようと思ってウェブデザインの会社のウェブクリエイターが作ったやつを見ても、 雰囲気はやっぱりけっこう似かよっていて、たいてい淡い感じ。ギャグも全部同じ。なんだこりゃ。美大のやつらはみんなこうなのか?
就活中にCM製作会社の映像コンテンツ部門みたいなとこを受けたら俺以外全員美大生だったけど、やっぱり俺だけ変だった。 はっきり言わせてもらえば俺だけオリジナルだった。ただ、拙いから全然ダメなだけ!
おれはほんと貧乏で死ぬんじゃないか。

野球ドラマーの主題歌ができた。これは打ち込みバージョンとバンドバージョンの二つ録りたい。そしてシングルできる。





2006年8月1日火曜日

地獄



(2006/08/01)


今日、何年かぶりに働く。いややなぁ。楽やったらいいんやけど。
昨日、登録制のバイト斡旋会社フルキャストに登録するための説明会の予約の電話して今日説明会に行くはずが、昨日の夜11時に突然電話がかかってきて、 明日引越しのバイトがあるんですけどやりませんか、と言われて、即ことわったら、じゃあペットボトルの検品梱包のバイトはどうですか?夜勤ですけど。と言われて、まぁそれならいいか、と思って承諾した。 登録も何もしてないので、たぶん俺だけ不完全な形で行くことになる。そういうことで神経を使ってしまうからめんどくさい。 それに、バイト代がその場でもらえずに、フルキャストの支店にもらいにいかなあかんのも最高にめんどくさい。 どっかに勤めるのが一番やな。てゆうかフルキャストで働くのが楽そうや。学生とかフリーターにバイトを紹介してりゃいいんやろ。
え、ちょっと待てよ?場所は安土って言ってたな・・・。バイト代は一万円て言ってたな・・・。 時間は19:00-07:00って言ってたな・・・。交通費は片道は支給って言ってたな・・・。 諸々あわせて考えてみるに、時給換算したら750円くらいじゃん。安くないかい?
まええわ、このさい思考は停止。


この話はフィクションです





2006年7月31日月曜日

天国3



(2006/07/31)


ゆうちょ銀行???何かくせぇな。やばそう。怖いわ。
木村カエラのcircleという曲が好き。B albumに女ボーカルもいれたいな。
声をいれるとなるとだいぶ頭がポップス路線になるんやけど、才能がまったくないからできない。 普通のロックぽいのとか一度も作ったことがないもん。一つのリフが延々続くハードコアの曲なら今でも作れるけど。 コード進行とかがわからん。セブンスとか、ああゆういい感じのやつ。 でも生のドラムやギターをいれたいな。そっちの方が打ち込まんでええから楽そう。 下手な部分はパソコンで編集しまくれるし。 でも女ボーカルだけはうまいひとにやってもらおう。





2006年7月30日日曜日

天国2



(2006/07/30)


B albumができてきている。アニメを作っている『一人ぼっちの怪獣』という曲や、『What I cry for...』とか、俺なりのロック調の曲とか、ミニマルなテクノとか、色々できていて、まぁとにかく声ネタかボーカルを乗せさえすればOKという方針。 歌詞カードをいれないと意味がよくわからないので今度は普通のプラスチックのスリムケースにしよう。Rの盤面にもプリントできたらいいのにな。でもプリンタ買わなあかんから無理や。
絵も音楽も実はテキトーでいいんじゃないかと思った。





2006年7月29日土曜日

2006年7月28日金曜日

バカ天国



(2006/07/28)


「1%の閃きと99%の努力」という表現は、努力の大切さを訴えたものと捉えられるケースが多いが、実際には「どんなに努力をしようと閃きが欠けていては失敗する」という趣旨である。 らしい!やっぱり!

友人のブログを見ていたら、とても興味深い内容が書かれていた。
教員試験かなんかの問題らしい。

・人を傷つける。嘘をつく。ごまかしたり、盗んだりする。子どもたちのそんな姿を見かけたら、周りの大人が「  」とはっきり言いましょう。

答えは「あかんもんはあかん」です。

『大阪「心の再生」宣言』とかいう文からの引用らしい。

はっきりいって、こんなことだからいつまでたってもバカばかりが育つんだと思った。 教育ってもんは、なんでこうなるのかどうやってやるのか、っていうようなことを教えるもんなんじゃないのか。 「あかんもんはあかん」ってアホか。そんなもんはアホでも知っとるわい。 なんで人を傷つけたらあかんのかを考えさせることが一番重要なんじゃないんかい。 そんなバカみたいな訳のわからないことを言ってるから教師はいつまでたってもバカばっかし、そんなバカに教育される生徒たちもやっぱりちゃーんとバカに育つのだ。 バカに育ったバカがまた教師になるからまたバカが育って、どんどんどんどんバカの濃度は濃くなっていく、ついには日本は破滅や。

また一方では、バカのひとつ覚えみたいに子供の無限の可能性みたいなことや、子供の創造力をやたら賛美したり、ほんまにやめろ。 小学校の展覧会を見に行ってみい。みんな同じ絵を描いとるぞ。こどもに創造力なんてあるもんか。 このことからもわかるように、こどもというのは基本的にどアホで、終わってる存在やねん。そんなアホなこどもたちには、ちょっとでも色んなことを考えさせて色んな道を見つけさすしかないんや。 だから大切なのは、物の考え方なんじゃないのか。 なんでこうなるんか、どうやったらあれができるんか、みたいなところを教師とか大人が子供の手助けをせなあかん。 アホみたいに教育指導要綱にのっとって、国語の教科書15P~24Pを教えるんが教育かよ。 そんなもん塾の方がよっぽど効率よく教えてくれたで。

こどもじみたバカな大人が教育者ヅラしてるかぎり、子供はみんな同じ絵を描き続け、勉強もできねぇ、物もろくに考えられねぇ、ついには岡本太郎の作品を褒めはじめるんや。
日本の夜明けはまっことまだまだぜよ。





2006年7月26日水曜日

pppptsts



(2006/07/26)


仮免はなんとかとおった。合格点の70点ギリギリやったとのこと。なんせクランクで縁石に乗り上げたからなぁ。それだけで20点マイナス。よくいけたわ。コースも覚えてなくてしかられた。
試験が終わって、一緒に試験を受けた人らとしゃべった。三人で受けて、俺以外の二人は知り合いやったらしく、そして、 その二人はどっちもバンドをやってるらしく、話を聞いてて面白かった。ロック系の人らとは話すことがないので新鮮だった。 なんかよくわかんないインディレーベルの名前とか外国のバンド名がボンボン出てきてまったくついていくことができなかった。
でそいつらの片方のバンドのホームページがあるとのことで早速見てみた。そして曲を聴いてみた!よくねぇ!!
こういうバンドで大切なのはボーカル、特に歌詞だなぁと思った。世界観がちゃんとわかりやすく伝わらないとあかんし、独特の雰囲気が絶対ひつようや。 『あーたし さんくらんぼー♪』とかちょっと変わった感じやしわかり易いもんな。 それっぽい感じでよくわからない感じというのは、ありがちな罠。





2006年7月25日火曜日

pppptsts



(2006/07/25)


PE'ZのAkatsukiという曲がいい。
一人ぼっちの怪獣というアニメを作ろうと、曲はつくったものの全然絵が見えてこなかったが、さっきやっと最初のシーンが思いついた。はやく描こう。
教習所。入所4ヶ月にして明日ようやく仮免試験。朝九時に起きれるかどうかだけが心配だ。





2006年7月24日月曜日

peaaannviiimlml



(2006/07/24)


俺のわかるもんしかおれはわからんから最悪だと思う。セックス!





2006年7月22日土曜日

kinn



(2006/07/22)


ずっと聞いてた極楽とんぼの吠え魂が昨日で終わった。加藤一人で最後を締めくくった形。 こんなことになってるのにラスト一回をやらせてくれるこの番組とかラジオとか、いいなと思った。 加藤がいろいろ言っててちょっと感動した。 それにくらべて萩本のじじいがバカっぽく喋っているのを見てると、どうしようもなく虫唾が走る。





2006年7月20日木曜日

マ●○エ!!



(2006/07/20)


もうちょっと色々技術を習得して、いい感じ。って感じ。
一人ぼっちの怪獣というアニメを作っている。





2006年7月19日水曜日

ごく



(2006/07/19)


昨日の晩にミクシーのニュースで極楽とんぼの山本が未成年とどうのこうので吉本を解雇されたというニュースを見て、今日の朝の加藤がやっているスッキリ!!という番組を見なければいけないと思って、見た。 冒頭で加藤が泣きながら謝っていた。
あーあ吠え魂終わるんかなぁとか思って、けっこうずっと聞いてたからちょっとショック。
そのあともスッキリを見ていたら、畠山鈴香の事件のやつをやっていた。きちがいだ。





2006年7月17日月曜日

yappaろっぽんぎ



(2006/07/17)



トリオロスヘグシオ画像見つけたぜ。前の六本木。B・A・Dという曲をやっている。
もりくんいい感じ。





yappaろっぽんぎ



(2006/07/17)



トリオロスヘグシオ画像見つけたぜ。前の六本木。B・A・Dという曲をやっている。
もりくんいい感じ。





2006年7月16日日曜日

いえ



(2006/07/16)


Sonntag studioの方をまたリニューアルした。すごくてきとうな感じにした。CDも売ることにした。





2006年7月13日木曜日

京都



(2006/07/13)


京都の街に出てヤングさんとすずきさんとそのお嫁さんに会って、京都を色々見回った。
そのあとヤングさんと飲みながら歩いてひゃくまんべんに行って居酒屋で飲んだ。
でかい話を聞いて楽しかった。

おれはちいさい





2006年7月12日水曜日

京都アバンギルド



(2006/07/12)


昨日もライブ。六本木に続いてFRATENNと一緒だった。 今回はライブでしゃべるつもりはなかって、踊るつもりも歌うつもりもなかったけど、直前にやっぱしラップはやろうと思って、 さらにアクシデント発生のためにトークをしなければ間が持たないと思ったので持ちネタをやった。 出番が一番目でとてもやりやすかった。 FRATENNが六本木のときより爆発しててすごかった。かっこよかった。ドラムがうまかった。 手と足がいっぱい動くし強弱がちゃんとなってるしテンポもちゃんとなってる。 終わってちょっとしゃべっていたら好きなドラマーの話になって、いっぱい教えてくれた。 俺は好きなドラマーは別にいないのでとても感心した。強いてあげるならZONEのMIZUHOとROVOとかの岡部くらいかなぁとか思っていた。 ドラムうまい人をみるとドラムが好きになった。俺もあんな風に叩きたいと思った。 まぁシンプルな練習とだじゃれかな。





2006年7月10日月曜日

六本木!!macaroni±SPLAY13



(2006/07/10)


7/8に六本木のスーパーデラックスというとこでライブをやった。
六本木ヒルズのめちゃ近く。
おもしろかった。
出演順が最後だったので出番を待ってるだけでむっちゃ疲れた。
リハが午前11時、本番が午後11時。
ライブの前はかなり緊張してたけど本番中はあんましきんちょうしなくてよかった。
それまでの人たちの演奏中、あきらかに薄暗すぎていたので、俺は落ち着かなかった。
とくにああゆうオレンジ色の照明で薄暗いのが苦手。白とか青っぽいのならまだいいんやけど、 赤とかオレンジでうすぐらいと、気分が盛り上がるのか落ち着くのか、意味がわからんくなるから。
暗いんやったらもっと照明を凝って欲しい。何色を使うとか。
それかビカビカの派手にするとか。
だから自分らのときはステージも客席も明るくしてもらった。よかった。
三国志という曲をドラムのいつものパターンと違うのを本番直前に思いついたからそれを本番でやったのだけど、 それは鬼のように体力のいるパターンだったので超疲れた。
全体的には結構ふつうにできたと思う。
ただ、モテなかったのが残念。
もっとコミュニケーションしないとだめだなぁ。
自分だけの世界を周囲の人間に無意識に共有を強要してしまったら最悪だなーって京都に帰る車の中で思った。
あー全然つまんねぇ。
俺はおもんない。最悪だ。クソ野郎でゲリ煮込みうどんだ。もうどうしようもない。

ツールドフランスがみれるぜ!





2006年7月6日木曜日

itkr12



(2006/07/06)


あさっては東京だ。マカロニ×スプレイ!!ライブ!こりゃあ爆発するっきゃないぜ。
そのためにタムのヘッド表と裏とスティック2セット買ってきた。
5000円の出費でかなり痛いがしょうがない。
新しいスティックはきっと音もいいだろう。
ライブで張り切ってしもて力任せにドラムを叩いてしまわないように気をつけなければいけない。
ライブがひさびさなので絶対カンが鈍ってるわ。間があくとだめだ。

7月は11日にもライブ。京都でやる。カフェアンデパンダンの新しいとこみたいなとこ。名まえは忘れた。
8月は16日に岡山でマカロニ×スプレイ。そしてトリオロスヘグシオはこれで第一期しゅーりょー。
あとはアルバムを作るだけ。
もっとモテるために、また違う感じでやっていくつもり。まぁどうなるかはわからんけど。
9月で京都から大阪に引っ越すつもりやし。

ドラムをずっとやめたいと思っていたけど、ドラムにもいいとこがあるとわかったので、これからもちょっとは練習するかもしれない。 ドラムくらいしかできるのがないからなぁ。まぁドラマーってゆうのはやめやな。もっともっとテッキトーに叩けるようになりたいし、ラブりたいし、 でもこれからもやっぱりまともな練習は絶対といっていいほどしないと思うし、どうやったらドラムでダジャレが言えるかってことをもっと考えながら叩いていこう。 つまり“ドラム”としては機能したくないということ。そういうのはサンプラーとかリズムマシンの方がいいって思うし。 ダンサーとかお笑い芸人になりたいのだ。ネタをかんがえないと。





2006年7月5日水曜日

itkr11



(2006/07/05)


声を録音してみたけど、かなりしょぼいマイクなのでまったく低音がなくてうすっぺらい音だった。いいマイクとまではいかなくても、どこにでもあるSHUREのやつくらいのマイクは必要だ。

SMAPTシャツつくろっかな。JMSMSMAP。





2006年7月4日火曜日

ろくなもんじゃねぇ、完敗



(2006/07/04)


中学のときにラジカセを買って、それで色々録音したりした。マンガのはじめの一歩のセリフを読んで録音したり、妹と一緒に箸で窓ガラスを叩くのとピアニカとリコーダーとでのフリーセッションを録音したり。
高校のときにしょぼいエレキギターを500円で売ってもらって、そのあとベースを一万円で買って、そのあとしょぼいカセットのMTRを4000円で買って、 CDもよく買うようになったので、色んなCDのおもろい瞬間だけちょっとずつ繋げてそのうえにボーカルとかギターとかを入れたりしたのを毎週作っては友達に聞かせたりしていた。
大学に入ってからはそういうふざけたのを聞かせられるような友達がいなかったので、誰に聞かせるわけでもなく曲を作ってはテープに録音していた。 高校の終わりごろに買ってもらったノートパソコンとミュージ郎でつくっていた。
やがてそれに飽きて、大学一年の終わりごろにKORGのドラムマシンとモノシンセを買って、それから何ヶ月かしてそれにも飽きてローランドのMTRとKORGのサンプラーを買った。 そんで誰に聞かせるわけでもなくテープに録音していた。
その後、CDが焼けるドライブを買ったくらいのときに、大学に入って以来初めてみんなに自分の曲を聞かせた。
んでしばらくは自分の持ってる楽器の全てに飽きて、何も作ってなかった。アシッドでソフトシンセが使えると言うのを教えてもらってからはずっとアシッドでやっている。

中学高校のときに作っていたゴミみたいな音源がもう一度聞きたい。
アチョー!ビシ!バシ!というのが15分くらい続いた後にギターの歪んだノイズがビーーって1分鳴るみたいな曲とか。
マイクをくわえて布団をかぶって1分叫んで終わり、みたいな曲とか。
ドラムを叩いてテープに録音してそれをダビングしまくって最低の音質にして、これでいいだろう、みたいな曲とか。
それでもX japanとかエイフェックスツインみたいになれると思っていた。

なんで一人でそんな変なのしか作っていなかったのかなぁと思う。ビートルズのコピーでもやってりゃよかった。 ギターなんて騒音を出すためだけのもんやったし。
高校のときのバンドでは、ハードコアーだけど一応ちゃんとした曲を作っていたけど、30分くらいずっと同じフレーズが続いたらかっこいいとか言って、あ、やっぱりゴミな方向にいっていたんやな。

今までの自分の音楽を振り返ってみると全くろくなもんじゃねぇくて驚く。
まともな音楽がつくりたい。





2006年7月3日月曜日

我思う、されど俺誰?



(2006/07/03)


自分を坂本渉太だと証明するものを何一つ持っていないのでろくにバイトもできない。仮免すらとれない。
というわけで実家に帰った。住所を変更するために。
名張市役所で住所の転出届を出して、左京区役所で転入届を出した。
これで免許も取れるし働くことも出来るゼ。めんどくせー!!!
ちょっとわからんのは、国民健康保険をどうしたらいいか。名張市役所は坂本正治の扶養をでなあかんといっていたけど、俺の予想ではそれは社会保険をゲットしたらの話やと思う。だからほっとくことにする。
ここでもおれの個性の一番手である『先延ばし』が活躍していると言えよう。

A albumを作ったものの今のとこ三人にしかCDを渡していない。にもかかわらずB albumを作ろうとしている。
全曲ボーカル曲にするつもり。
歌ってゆう感じじゃなくても、とりあえず声は入れるって感じ。
最適な感じで聞いた感じがシンプルなものにしたい。





2006年7月2日日曜日

itkr9



(2006/07/02)


ヘグシオプロフィール:
2004年秋、結成。2005年春より、大阪新世界ブリッジを中心に活動を開始。狂お しい程のオリジナルJ-POPを創造し続け、京都のサンボマスターとの呼び声も高く 、その評価は不動のものとなっている。宇宙、無限大。暮らし、いきいき。オレ 、元気!

俺プロフィール:
時間が守れない、物の整理や情報の管理ができない、大切なことを忘れる、見通しをつけるのが苦手、 注意力を持続することができない、日常生活をきちんとこなす能力に欠陥あり。先延ばしも問題になる場合が多い。多少の虚言癖もみられる。





2006年7月1日土曜日

itkr8



(2006/07/01)


ワールドカップも世界のトップクラスが集まってくるとやっぱみてておもろいな。
昨日のドイツ×アルゼンチンとか今やってるポルトガル×イングランドとか、もうガッチンガッチンぶつかりあいまくってていい。
テクニック以前の問題というか、ゴールに向かっていく精神がめっちゃ強いからいい。
日本はちょっとキレイに丸く修めようとしてる感じがする。
オリンピックとかもそうやけど、何のジャンルでも世界のトップクラスの人たちを見るのは刺激になる。





2006年6月30日金曜日

itkr7



(2006/06/30)


ヘグシオ、7月8日は六本木SuperDeluxeでマカロニ*スプレー合同イベント。ガルペプシとかドラびでおとか楽しみ。ミーらの出番はドラびでおの後で最後。 最初の方の出番も嫌やったけど、一番最後も嫌だなぁ。疲れるし、なんか緊張するし。 今までで一番いいライブをしたい。 プロ意識は客観。自分のことなんていらないのだ。あーむずかしい。前を向くってことか。キムタクを見習おう。

“macaroni±SPLAY13”
2006.07.08(sat)@六本木SuperDeluxe
OPEN/15:00 CLOSE/終電
charge:\2,000(drink別)
FRATENN
ピロピロスパンコール
枡本航太
リッチパンプス
ホアン海
ミドリ
森山ふとし
neco眠る
おばけじゃー
Harp On Mouth Sextet
XP
ドラびでお
トリオロスヘグシオ


8月にはこのマカロニ×スプレーのイベントを岡山でもやるとのこと。似たようなメンツ。ブッチぎるゼ!!ヨー!ホー!





2006年6月25日日曜日

itkr4



(2006/06/25)


新しい醤油は香りがいい。古くなってくると塩の匂いが強い。一人暮らしなのにでかいボトルのやつを買うと使い切るのに時間がかかってそれまでに醤油が古くなってしまうからいけない。
何事も思い切りのよさが肝心だ。

a95





2006年6月24日土曜日

itkr3



(2006/06/24)


ハッ!!!と思った。それができるかはわからんけど。

そして、おもしろいことは、地に足をつけていないと作れないんじゃないのか。

それにしてもドラム、すきなんやけどつまんねー。ドンとかパンとかチャーンとかばっか。 でもドラム以外の楽器はまったくできひんし、なんで最初にメロディ楽器を選ばなかったんだろう。 キーボードほしいなぁ。





2006年6月23日金曜日

itkr3



(2006/06/23)


世の中とかへの不満は多いが、俺はそれを笑いに変えなければあかんかったんや・・・

ブラジル対日本寝てて見逃した。ニュースで見たら負けてた。
先制してたのはすごいなぁ。でも勝てない。
ブラジル人は勢いがあってしかもそれをいかすテクニックが段違いにあるって思った。
世界との差はでかい。まず勢いやな。





2006年6月21日水曜日

itkr2



(2006/06/21)


Traktor DJ Studio 3がでた。なんと4トラックも使えるのだ。すごいなぁ。エフェクトもついた。





2006年6月20日火曜日

itkr



(2006/06/20)


あまり社会の人と触れ合わない生活をしている。
でも生きていくのは世間とのコミュニケーションなわけやから、それをちゃんと考えないとあかん。
多分これからまともな職につくことはないと思う。
あーやばい。おもろい。
外国いってみたいなぁ。
ライブ見てみたい。新世界ブリッジの外国バージョンみたいなとこの。





2006年6月19日月曜日

inu54



(2006/06/19)


ワールドカップで世間は盛り上がってるし、俺も日本が勝ったらいいな、と思う。
渋谷かどっかで盛り上がりすぎて逮捕されるやつがいたけど、もっともっと100人とか逮捕されるくらい盛り上がる国やったら強豪になれるんじゃないか。
オウンゴールしてもた選手がサポーターに撲殺されてまうぐらい激しいスポーツなんやし。

でも、
ワールドカップでなんでそんなに盛り上がってるの?プッばかじゃない(笑)
みたいな、世の中とコミュニケーションを取るのが苦手なひとも結構おる。
俺も浜崎あゆみとかこうだくみのファンに対してそういうことを思うけど、プッばかじゃないかっこわらいで終わってしまっていたら何もないだよなー。 どんなけ自分と関係ないとこと自分をリンクさせれるかがおもろいし。

斜に構えたヤツばっかでもその感じ、サッカーでも変えられるし音楽でも変えられるしお笑いでもマンガでも変えられる。 と思うけど、やり方が難しいな。

一度死なな。





2006年6月18日日曜日

inu53



(2006/06/18)


とりあえず、全財産一万円!だけど、Tシャツを作るぜ!
今日は朝からバンド練習だったけど前日別バンドのライブだったふぐちんが寝てて来なかったので、 もりくんと色々話をしてて、その中でTシャツを作って売るのがいいと言う話があって、 そのあと街に出て服屋を色々見て回った。
UNITED ARROWSとか。
ひっさしぶりにああゆう店に行った。
Tシャツの感じを見た感じ、まぁ俺も勝負できるなー。
俺が自分から逃げなかったら勝てる試合や。
値段はやっぱ相場に習って5000円やな。5040円でもいいけど。
やばいな。
儲かったらどうしよ。
はやくデザインを作ってプリントしてもらうとこ決めないとシーズンが終わってしまう。

Sven VathのThe Sound of the sixth seasonというミックスCDがむっちゃいい。
1曲目と3曲目がやばい。

プライド武士道を見た。途中かなり修斗だった。マッハももうおっさんやのにようやるわ。





2006年6月17日土曜日

inu52



(2006/06/17)


sven vathのcontactというアルバムがめっちゃいい。
テクノではwestbamのNever Stop Living This Wayとか石野卓球のTITLE#2くらいしか好きなアルバムがなかった。
おもしろさというか、パーソナリティが感じられるのがいい。
テクノはロックみたいにずっと同じことをやってるってことは無いんやけど、 その分流れが早いからガッと移行して後には何も残らんくて、時期が過ぎても聞けるアルバムってのがなかなか少ないっていう印象がある。
ちなみにmauro picottoのplaying footsieと言う曲がテクノで多分一番すきな曲。

はやくB album制作にとりかかろう。





2006年6月16日金曜日

inu51



(2006/06/16)


54-71はほんまにかっこいいな。
54-71動画real
昔の音源も聞いたけど、ギターがおらん今の編成の方が断然いいなぁ。
おれももっと洗練されていかなあかんな。

好きな音楽が少ない。
でもZUINOSINのアルバムとかむっちゃいいからよかった。

狂気のバランスがポップじゃないといけない。

嫌いなものが多すぎる。
ロックなんて昼ドラ以下のクソ。真剣10代しゃべり場の寒い感じとそっくり。笑えない。





2006年6月13日火曜日

inu50



(2006/06/13)


ランドマーク商品というのは、不可逆性を持った商品って習った。
洗濯機をもってしまったら、無かったころにはもどれないということ。
つまり商品が世の中のシステムを変えるということ。
やばいよなー。そのパワーたるや村上ファンドなんて目じゃない。
金を動かしてるだけでは世の中は動かせないのかもしれない。

A albumやっと表ジャケができた。
色使いというのがほんまに苦手。カラーコーディネーターになりたい。
15時間くらい色の組み合わせやデザインをあーでもないこーでもないと試行錯誤して、
赤に青、緑にピンク、水色に黄色、違う!あーもっとスキャンダラスな色・・・。
おうど色に灰色やな。と、微妙な色に決定した。
あとは裏のデザインを決めたらもう完成や。CD-Rバム。

最近昼夜が完全に逆転してしまって、昼前に寝て夜起きるから、一日が短い。最悪や。





2006年6月12日月曜日

inu49



(2006/06/12)


フリマが好きじゃない。いらんもんならくれって思うから。 けど古着屋はもっと嫌い。中古のTシャツを3000円とか5000円で売る神経がわからん。200円とかなら買ってもいいけど。 こういうの、昔は嫌いじゃなかった。





2006年6月11日日曜日

inu48



(2006/06/11)


相原勇は、自分で自分を守らなければ誰も守ってくれないから”PeterPan”として生きていく決心をした。

そんなことはおいといて、何かを作り出すっつうのはほんとにむずかしい。
TVでやってる堀江とか村上ファンドが逮捕される理由があんまり理解できんねんけど、 少なくともあの人らは金を儲けるってゆうとこだけに情熱を燃やしてて、で、新しい何かを作り出そうとしているわけではないという点はまちがいなくあると思う。
それにしたって、これどうなんやろなー。





2006年6月10日土曜日

inu47



(2006/06/10)


Aアルバム、1曲増えて全13曲+ボーナストラック2曲トータル48:04。長いかな。
音量をあわせる作業で、一番音量がでかい曲にあわせていじってたら音が割れてしまったりした。キックをでかくしすぎる傾向にある。でもしょうがない。 気にしない。直すのがめんどくさいから。
いじるっていう漢字が嫌い。弄る。←コレ。イモ虫みたいで気持ち悪いから。
曲のタイトルは作っているときは全部a45とか番号でつけているので、
あらためてちゃんとしたタイトルをつけるのがめんどくさかった。
番号のままでもいいんやけど、付けた方がそれっぽくて、なんか中身がありそうやし。
作ってるときにモチーフとかイメージがあって作ってるわけじゃないし、完成さしたのを聞いてみてイメージがわけばそれをタイトルにするけど、 聞いてみてもまったくタイトルがでてこない曲もある。
で、テキトに決めたのはいいけど、タイトルがほとんど日本語やって、なんか嫌や。
だから無理やり全部外国語に訳した。
とか。
あとはジャケや。形態もきまってへんし、デザインもおもいつかへん。
紙のやつにすんのか、それかPPケースにしようかな。シール作って貼って。
とか。





2006年6月8日木曜日

inu46



(2006/06/08)


jmsm二枚組みでアルバムをつくろーて思ってたけどやめた。めんどくさいから。
一枚にしよう。だからもうできた。
かなりテキトーなアルバム。
音質面で、このまえソロでライブをしたときに思ったのは、曲の全てをパソコンの中で完成してしまうのじゃなくて、 最後の最後でアナログの卓に流してミックスしたら、音がもっと全体的に馴染んだり力強くなったりしそう、って。デジタル信者の俺もアナログに期待している。
今回はまぁそんなことめんどくさいし機材がないからせえへんけど。
タイトルはA album。12曲36分。ボーナストラック2曲8分。エンハンスドでアニメ1個。ちょうどいいくらいやな。
曲名も今テキトーに決めた。
あとはジャケをどうするか、とか、CD-Rの盤面をどうするか。
盤面はシールを貼るとかにしよう。
ジャケは前に森くんが作ってたみたいな紙のヤツがいいな。
それかプラケースにシールを貼るんでもいいけど。
でもあのプラケース嫌いやねんなー。割れるから。
まぁ楽に作れたらなんでもいいや。





2006年6月7日水曜日

inu45



(2006/06/07)


昨日はmojowestというとこでヘグシオライブ。
イベントだったらしいけど、何もなかった。
あれは何だったんだ。
日本のおやじは終わっている。

夢の中に出てきた人に恋をする感じがいままでに二回ある。
今日が二回目だった。
ちょうせつねぇよ。
ひさしぶりに片思いしたわ。





2006年6月6日火曜日

inu44



(2006/06/06)


マンガ雑誌以上にファッション雑誌が多く出ているのは、世の中の人がそれだけかっこよくかわいくなりたいということなんだろう。
俺はかっこいい男もかわいい女も大好き。
俺も大学一年のときに女モンのファッション雑誌のzipperを一年くらい買っていた。
パラダイスキスが読みたかったのと、かわいい女の子をみたかったから。
いまでもちょっと定期購読したい気持ちがある。
でもずっと買っていたのに、ちっともおしゃれな感じに馴染めなかった。
石井さんという読者モデルとパラキスのジョージが好きになっただけだった。
その頃の俺といえば、体を鍛えることが最大のオシャレだと思っていた。
今の俺はといえば阪神タイガースのキャップがかなりのオシャレアイテムだと思っている。
着こなしなんてヤツとはいかにも縁遠いゼ。
そんな俺が同志社大学に入ってTシャツ研究会に入部したのは本当に運命だった。
それ以来、一年の大半は自分が作ったマークの入ったものを着ている。
し・あ・わ・せ☆アンド☆ファンシー☆
自分で服を買うようになってからのほとんどの服はユニクロ!
そういうセンスのもとにうまれてきた生粋のダサ男!
そんな俺のブランニューアイテムは白鵬のポロシャツだ。
いーだろーこんなの着てるやついないぜ。





2006年6月5日月曜日

inu43



(2006/06/05)


ブス女が泣いていたよー。
稲中に出てきそうなブス女が。
横断歩道の前で。
その横をブサイクな男が笑みを浮かべて自転車で走っていった。
そして、
鼻クソをほじった手でマウスのホイールをくるくるしたら
裏側に行ってしまって、それ以来帰ってこない。

明日はライブ。どうなることやら





2006年6月4日日曜日

2006年6月2日金曜日

inu42



(2006/06/02)


感受性だかなんだかしらんけど、たいていのひとはそんな大層なもんはもちあわせちゃいない、か、もしくは、おれにそんな大層なもんがそなわってるもんか、 あんなもんは宮沢賢治とかゴッホみたいなきちがいにまかせた。

めんどくさいなぁ。

バンドで久しぶりに新しい曲を作っていて、おもしろくできそう。
俺はエレドラなのでそれをもっと活用したい。エフェクトもかけれるし音もなんでも入れれるし、使い方次第。
というかもうドラマーじゃなくなりたいな。エレキパーカッショん。
でもZONEのドラムのMIZUHOの心意気は忘れない。
とにかくポップスがやりたい。わけわからんのにわかりやすくて、おもしろくて楽しくて気持ちよくて笑えて、泣けて、狂ってるやつ。
全体で見ての感じでそういう風な感じ。
どんどん壁を無くしていってアホをつぎ込んでマジを作る感じ。


シンバルが届いた。新品のシンバルなんて叩いたことがなかったけど、こんなに響くモンなのかと思って驚いた。 ずっと使ってたらだんだん落ち着いていくんやろけど。金属は酸化するし。





2006年5月31日水曜日

inu41



(2006/05/31)


ヘグシオ、6/6に北山のモジョなんとかでなんかのイベントでライブ。フリーやったっけ。他の出るバンドは忘れた。
すでに完全にホームグラウンドとなってる新世界ブリッジ以外でのライブはなかなかないので新鮮だ。
でもライブはいつも不安と緊張。

1ヶ月ほど前についにライドシンバルを購入した。ただ通販、アメリカ直輸入とやらで発送に1,2ヶ月かかるとのこと。 それがそろそろ届きそう。今のこの金のない時期にタイミングが悪いわ。
いつもライブでも練習で使っている割れたシンバルを使っていたのが嫌すぎて買うことにしたんやけど、 よく考えてみると大抵のライブハウスには似たようなやつのしかも割れてないヤツがあるってことに気が付いて以来、最近はあんまし困ってなかった。 まぁいっか。シンバル持ってるなんてドラマーっぽいし。
この前のアメ村トワイスでのロックイベントのときにシンバル類一式持ち込んでるやつがいて、いいなーと思った。 そのシンバルをくれって思ったわ。 売ってエレドラのパッド買うから。

6/6のライブはモジョウェストってとこやった。ホームページを見たら死の国の雰囲気がプンプン漂っていてやばい。 イベントの詳細は知らんけど、もしかしたらアメ村トワイスでのロックイベントのとき以上にしんどいことになるかもしれない。





2006年5月30日火曜日

ふつれ!?ジゴくトミラクルその3



(2006/05/30)


ライブはつかれる。最近はとくに精神的に。
この前のライブ3連戦の最後は5/26 B-BOY PORK!というブリッジでのイベントで、俺はソロ。ばかしょうたという名まえでテクノをやった。曲をCDで流してそれに合わせてサンプラーで気を紛らわせるというもの。
この日のために阪神のキャップを買って、かなりお気に入り。ゲーマーと言われたけど、おれとしてはかなりB-BOYだゼYo!。
一人でやるのはなかなかむずいな。まぁええわ。

そしてこの日は俺は本当のロックのミラクルを見た。
最後の出番だったラブミーバンドというバンドがものすごかったのだ。
バンドの佇まいがむちゃくちゃ普通でしかもへた。
なのに俺はこのライブ中ずっと笑えてむちゃむちゃ楽しかった。
やばいとしかいいようのない曲達とボーカル二人の唄。
一曲目から、ペガサス騎士団がどうの、とか狂った曲で、
それじゃあ聞いてくれ、俺たちの新曲、ぶらっでぃーローズ!
って言ってこれまたたまげた曲を披露したかと思えば、
まったく同じのをもう一度やったり。
アンコールしまくってしまった。5回くらいはアンコールした。数少ない客が一つになった。
最後にはボーカルの人がかなり困って、
このままじゃお前らのこと嫌いになっちゃうからさ・・・
と言ったので衝撃のライブは終わった。

狂ってたなぁ。
きちがいはほっといたほうがおもろいから何も言えなかった。
前の日にロックの地獄を見てきた俺に、ラブミーバンドは一つのミラクルを確かに見せてくれた。
音楽を何一つ自分のものに出来ていないコピーバンド程度のうんことは全く違う、
好きなものとか趣味を消化し過ぎて出てもたうんこを奏でる、みたいな人たちだった。


音楽ってゆう表現なんて楽器のうまいへたはもんだいじゃないし、詳しい知識があってもまったく意味がない。
自分が何をやりたいのか、自分は何なんだ、それで音楽を利用して自分を表現する、っていうのやと、すくなくともおれはそう思う。
てゆうか音楽なんてそんなたいしたモンじゃないってさいきんは思っている。そりゃちっとは好きだけど。





2006年5月29日月曜日

ジゴくトミラクルその2



(2006/05/29)


5/25にヘグシオはなんとかというフリーペーパー主催の、某メジャーレコード会社がバックアップしてるとかいうイベントに出た。 その某メジャーレコード会社に音源を送ったら、ライブを見てみたいのでうちがバックアップしてるイベントに出ませんか?という経緯。 想像するにろくなイベントじゃないだろうなぁ、と思ったけど、新規顧客開拓活動の一環としてでることにしたのだ。ノルマが三万円だった。でも言ったらタダにしてくれた。

当日、会場だったアメ村のトワイスというライブハウスに行った。
想像どおりロックバンドばっかし。
なんで俺らをこのイベントに呼んだのか不思議でならなかった。
で、そいつらのライブを見た。
クソだった。
あーああ。
音楽の地獄を見た。こいつらほんまなにもないなぁ成長しないなぁって思った。
そんで、一番アウェー感丸出しの俺らしかこのイベントを楽しいものにするバンドは残っていないのか、と思った。
それですごく緊張した。
ロックバンドの友達みたいな客がヘグシオみたいなバンドに反応するのか
おれらのことを全く知らない人たちを楽しませるちからがおれらにあるのか

結果的にはうけたのでだいぶ自信になった。
俺たちのオリジナルJ-popが通じたー、ってちょっと思った。
でもそう思ったのも束の間だった。

終わって機材も片付けてダラダラしていると、ポニーキャニオンの新人開拓部門のヤツが話し掛けてきた。
そいつは、すごいよかった、また何かやりましょう、と誉めてくれるんやけど、こと音楽の話になると、言ってることがことごとくズレまくっていて、なんだコリャ。
こんなやつが新人開拓かいな。音楽って何なの?
俺はほんとまだまだやわ。





2006年5月27日土曜日

ジゴくトミラクルその1



(2006/05/27)


5/24はイベントSPLAY12があった。 このイベントがまたかなりよかった。

ボクらヘグシオは1番目でがんばった。でも浮き足立ってた。前はラップをし過ぎた俺今度は踊りすぎて反省。

そんで、次のナニカルZもその次のneco眠るもその次のドッドドも最後のユンキーも全部めっちゃよくてさいこうに楽しいイベントだった。





2006年5月23日火曜日

inu39



(2006/05/23)


明日、明後日、明々後日、とライブ三本立てや。明々後日は、ばかしょうたという名前でソロ。 というわけで今日は曲を作っていた。カラオケのようなライブになるだろう。 もっとちゃんとしないといけない。

俺の数少ない好きなロックバンドのKISS
ALIVE!しか好きじゃないけど。
で、超久しぶりに聞いた。
やっぱし一曲目と最後の二曲が好きだった。
ロックは楽器の上手い下手じゃないな。
歌は英語だから何を言っているのかわからんけど、
だいたい意味は通じる。
ロックしたいってことやろ多分。
なんてポップなんだろう。
ただロックは(ジャズも)つまらないのでいまさら新しいのを聞くことはない。

で、この前バンドの練習をしているときに、 長野サンという浮浪者がやってきて、最近ゲットしたと思しきポータブルカセットプレーヤーを出して、 俺たちの練習中にもかかわらず、演歌のインストナンバーを流してギターを弾き始め、そして歌いだしたときに、 ロックよりもさらに終わってる音楽であるはずの演歌がいつもと違って見えた。
ロックのマジックならぬ演歌マジックを垣間見た。
ただ演歌はつまらないのでいまさら聞くことはない。

そしていつか長野さんを外国に連れて行ったり一流ブランドのスーツを買ってあげたり六本木ヒルズに住ませたりしたい。





2006年5月16日火曜日

inu37



(2006/05/16)


メトロでのSPLAY11はとても楽しかった。そして 今月はなんだか忙しい。

今まではずっとライブでは緊張はするものの特に気負いもなく大抵楽しんでやってたんやけど、最近はライブがちょっと怖くて、というのもヘグシオがウケなかったらどーぢよう、という不安がむっちゃある。 特に最近のライブは、全く無視されていた頃に比べたらまだレスポンスもあるし、やりがいがある感じになってきつつあるから余計に、緊張よりは怖いという感じ。5/24のライブのことですでにもう緊張している。 自分らのことを全く知らない人らの前でどうやって自分らのことを分かってもらえるかみたいな感じの。 誰も俺らの事なんか知らんしなぁ。
まぁ俺らと見てる人が一緒に遊ぶ感じになったら理想やねんけど。





2006年5月13日土曜日

inu36



(2006/05/13)


明日までに作らなければいけないアニメで忙しい。きのうからずっとアニメをつくりっぱなしで夕方からは声や音をみとくんに手伝ってもらって録音して、さっき帰ってきてこれからまた色々やることがある。あー忙しい。





2006年5月12日金曜日

inu35



(2006/05/12)


野球ドラマーのアニメをあさってまでにしあげなあかんくて、今日はずっと作っている。
そしてposerというソフトはおもしろい。





2006年5月11日木曜日

inu34



(2006/05/11)


最強伝説黒沢はほんまにおもろすぎるなぁ。黒沢の必死さがたまらん。





失礼します!告知させてください!

SPLAY11@京都METRO
もはや説明不要、現代日本を代表する音楽家、内橋和久!
次々と新たな魅力をみせてくれる二階堂和美!
いまや全国区の注目を集める核弾頭、枡本航太!
などなどいずれ劣らず、既存の音楽の枠を拡げ、更新し、柔らかにその音世界を造り上げるアーティスト達の競演!

SPLAY12@新世界BRIDGE
ロンドン在住の韓国人アーティストYOONKEEが初大阪上陸!!
迎え撃つ大阪勢は、海外での注目も急上昇DODDODO!
1stリリースが話題騒然のnanycal Z(ex.nanycal ZUINOSIN)!
SPLAYレギュラー陣、トリオ・ロス・ヘグシオ!neco眠る!
これはおもろいよ!


2006/5/14「SPLAY11」@京都METRO(http://www.metro.ne.jp/index.html
ADV\2000(+1DRINK)
DOOR\2200(+1DRINK)
OPEN17:30/START18:00
▼ACT
内橋和久
二階堂和美
枡本航太
SUZMENBA
トリオ・ロス・へグシオ
neco眠る
▼FOOD
花とライオン(沖縄ソーキソバ)
▼雑貨
ハライソ(京都五条橋東 アンティーク雑貨)
HP:http://www.geocities.jp/neconemuru/


2006/5/24「SPLAY12」@新世界BRIDGE
OPEN18:30/START19:00
ADV\2200+1DRINK
DOOR\2500+1DRINK
▼ACT
YOONKEE with KEISUKE HIRATSUKA of HUMANZEE from Fking London and AYA(OOIOO)
nanycal Z(ex.nanycal ZUINOSIN)
DODDODO
トリオ・ロス・ヘグシオ
neco眠る
▼FOOD
DISCO BEANS

http://www.yoonkee.com/


長々と失礼しました!





2006年5月10日水曜日

inu33



(2006/05/10)


朝青龍が休場ちゅうことで優勝の可能性がみんな高くなった。 栃東は今場所優勝すれば横綱になれたのにすでに二敗もしてもてもうあかんな。 となると白鵬の優勝が濃厚やな。 そんで、来場所に朝青龍が帰って来たものの、稽古不足により本調子ではない。 ということでまた白鵬が優勝して、横綱。 んーすごい。モンゴル時代やな。





2006年5月8日月曜日

inu31



(2006/05/08)


相撲がはじまった。
白鵬は二連勝、安馬は二連敗、そして朝青龍が1勝1敗!。朝青龍怪我したっぽいけど大丈夫かな。
稀勢の里と旭天鵬。こいつらのツルッとした顔が気になる。





2006年5月6日土曜日

inu31



(2006/05/06)


2007年問題とかで新卒採用が活発化しているらしい。その特集番組があってそれを見た。
学生の人たちはみな、俺が去年見た人たちがそのまま出てるかのような感じで、 印象は去年といっしょ、くだらねー、ということで、それは採用に奔走する企業もいっしょ。
とにかく体裁を整えるということにみな必死。この世は全てそれで出来ている。
だから!
おれらみたいなんが金持ちにならないとあかんのやと思う。
なんだかもう日本の雰囲気が限界にきてて息苦しいって感じ。
今は、万博の総合プロデューサーに藤井フミヤを選んでしまう雰囲気の世の中なのだ。
松本人志もおもしろくなくなってしまった。
だから自分達でつくっていくしかない。
おもしろい雰囲気を。
結果的に成功しなくてもべつにいい。そこに待ってるのは死あるのみやけど。

はぁ・・・めんどくせぇ・・・
ブリッ!ブリブリッ!!





2006年5月4日木曜日

inu30



(2006/05/04)


昨日からずっと野球ドラマーのアニメをつくっている。三分の一くらいはできた。いまんとこいい感じ。こっからストーリーの佳境に入ってくる。 5/14のSPLAY京都atメトロで上映するので、はよつくらなあかん。あと十日しかない。 最近ずっとドラゴンボールのアニメを見てたので、小細工がちょっとうまくなった。





2006年5月3日水曜日

inu29



(2006/05/03)


ずっと前にあった、スラムダンクの盗用騒ぎのやつを見た。スラムダンク以外にもその作者の盗用と思われる絵をいっぱい集めてあるサイトを見た。 中には単に似てるだけってくらいのもんの絵もあったけど、確かに完全にトレースしてるって思える絵もたくさんあった。
俺は盗作はアリと思うので、別にその作者がどうこうとかはおもわへん。
オレンジレンジもよくパクリって言われるけど、俺はそれは別に全くどうともおもわへんけど、曲以外のとこでの見え透いたあざとさが目に付くからあんま好きじゃない。

完璧にオリジナルなものなんてありえへんと考えてしまう俺だから、そういう意味でやっぱりアートよりエンタテイメントが好きな俺だから。
似たようなもんなんていくらでもあるもんな。





2006年5月2日火曜日

inu28



(2006/05/02)


おとつい4/30は新世界ブリッジでスプレイさんじゅっ祭というイベントだった。
2時から10時半まであったから長くて疲れたし、ヘグシオは出番が最後だったので待ってるだけで疲れたし。
最後まで残って俺らのライブを見てくれていた人はもりあがっててくれてたみたいで今までに無い体験やったけど、じぶんらとしてはライブの難しさを痛感していた。
テクニック的な下手さプラス意気込みに比例して無駄な力が入ってしまうというとこ。
マイクをつかってるんやからそんなに強く叩かんでもええということにやっと気づいた。
バテすぎて、よくライブで歌うジャッキーチェンの歌がちゃんと歌えなかった。
でも即興でちょっと歌ったりJリーグの歌を歌ったりすこしおどったりすこし喋ったりした部分はよかった。
結局ドラムがむっちゃ下手やねんなーやだなー。まぁそのうち上手くなると思うけど。
最近バンド練習がいい感じやっただけに、まだ何もわかっていない、また1から出直しかよめんどくせー、という気持ちになった。

で、昨日5/1は七尾旅人と内橋和久のライブを見に行った。全く持って余分な力の入っていない演奏と歌。
歌はいいな。楽器よりも断然歌の方がすばらしい楽器やわ。
七尾旅人のうたこえがよかった。
内橋さんのダクソフォンという楽器はやっぱおもろい。音がパワフル。ヴェリィパワフゥ。マイコゥジャクスン。


次は5/14メトロ。こればっかりは気合いれていかなあかんわ。 なにせ人が入らなければ赤字がでてしまうパターンのイベントやからな。


ホーさん

こんなんやのにベトナムの革命の指導者。フランスからベトナムを独立さして、アメリカからベトナムを守り続けた。 やっぱチェゲバラとかよりルックス的にも俺はこのじじいの方が好きやなぁ。





2006年4月29日土曜日


inu27
(2006/04/29)



安藤裕子みたいなあざとい歌手は大嫌い。 

2006年4月26日水曜日

inu26
(2006/04/26)



先日アルタードステイツのCDを買いに町へ出た。
HMVとかタワーとか小さなCD屋とか色々行ってみたけど一枚も無かった。
だからアマゾンで買うことにした。
アマゾンにも無かった。
タワーレコードのオンラインショップで買った。
さっき届いた。
早速封を開けてみた。
すると中から出てきたのは、『小学生のための国語その1』のDVDだった。
慌ててクロネコヤマトを追いかけた。
そしてやっとCDが手に入った。
聞いてみた。
おもしろかった。
さいなら

2006年4月25日火曜日

inu25
(2006/04/25)



自分の才能が爆発してるって思うときと、本当に下らない何も創っていない、と思うときがはげしくいれかわるからおもしろい。

二枚組みのアルバムをだそうと思うから、パソコンに入ってる曲をチェックしてたら、よくわかんないけどかっこいいような気がする曲があってうれしかった。つくっとくもんやなぁ。 5月か6月までにつくれたらいいなぁ。A albumとB albumというタイトル。どっちも40分くらいにしたくて、Aはだいぶ曲が揃ってきた。Bはつくりかけのやつがおおくてまだちっともできてへん。 しかも曲を長くつくれへんから、2、3分の曲が多くて、40分にしようと思ったら13から15曲くらいは入れなあかんから大変だ。
これつくったとして、どーする?売るんかいな。ほんまかいな。 

2006年4月24日月曜日



inu24
(2006/04/24)



ほんまドラゴンボールはおもしろいな。 フリーザ編が好きや。というか、ラディッツから、フリーザを倒すまでが好き。 戦闘力を調べてみると、 悟空の戦闘力は、 ラディッツとの戦い時で平常時416で最大1100くらい、 そこで死んで界王様のとこで修行して、 べジータとの戦い時で平常時5000くらいで界王拳をつかって最大約2万5000くらい、 そこで半死半生になったり、重力100倍で修行したりして、 ギニューとの戦い時で平常時6万で界王拳を使って最大約18万くらい、 そこで半死半生になって復活して、 フリーザとの戦い時で平常時300万 界王拳20倍6000万、超サイヤ人になって2億。 らしい。 ちなみにギニューのとこからスーパーサイヤ人になってフリーザを倒すまで、6万から2億まで、多分5、6時間もたっていない。 

2006年4月23日日曜日


inu23
(2006/04/23)



そんでとにかく俺達はおとなしい。俺に関係ないということは無い。
というような、まぁ日本の領土問題について思ったことを書いたけどけしちゃった。
野球ドラマーアニメは、悪のギタリストのたたずむ姿をひとつ描いた。 予告編をアップしようと思うけど、キャッチフレーズをつけたくて、でもおもい浮かばん。 関西弁の方がバカっぽいからそれでいきたい。

2006年4月22日土曜日

inu22
(2006/04/22)



アニメ。とにかく背景がまったく思い浮かばないし描けないし。


主人公の顔がちょっと変わった。


野球ドラマーケータイ待ち受け
 

2006年4月21日金曜日


inu21
(2006/04/21)



5月14日のメトロでのイベント、SPLAY11のときに上映するかもしれないアニメ をつくっている。トップページのフライヤーの絵の、野球ドラマーというやつ。
まぁバカバカしいものになるやろな。
 

2006年4月20日木曜日

inu20
(2006/04/20)



アニメをひとコマひとコマ描くのはほんまにめんどい作業だ。

トリオ・ロス・ヘグシオ
 

2006年4月19日水曜日

inu21

inu19
(2006/04/19)



最近極楽とんぼの加藤が朝の情報番組をやっていて、それを今日初めて見た。 光市母子殺害事件の弁護側の弁護士が出ていた。 犯人は強姦目的で家に侵入して主婦を殺して屍姦して、近くにいた赤ちゃんも殺したという事件。 加藤はすでにガンガンにキレていて弁護士に疑問をぶつけまくっていた。 その弁護士はのらりくらり。 その話が終わって次のニュースにいくときもキレてて弁護士をにらんでいた。 おもしろかった。 弁護士は依頼を引き受けた以上はちゃんと依頼主の不利益にならないように弁護しないといけないのはわかるんやけど、 こんな強姦目的で家に侵入して主婦を殺して屍姦して、近くにいた赤ちゃんも殺すような人間の何を弁護するんやろう。 とりあえず人格が疑われるな。むずかしい職業やな。困っている人を助けるってゆうすばらしい職業やけど。 めんどくせ。弁護士に世話にならない人生がいいな。問題はごめんや。めんどくせ。めんどくせ。